狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    打撃コーチ

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/13(日) 10:52:49.77 ID:OBpOWmPn0
     楽天の渡辺直人内野手(38)が、来季から1軍打撃コーチを兼任することが12日、分かった。新体制に移行するにあたって球団が打診。近く正式発表される見通しで、球団史上初となる選手兼コーチが誕生する。

     守備、走塁面でも貢献度が高いチーム最年長のベテランだが、今回はチーム打撃や小技の指導役を託された。2軍監督から昇格した三木新監督が掲げるのは「隙のない野球」の構築。
    攻撃面では、状況に応じた打撃や効率良く得点に結びつける作戦遂行能力が不可欠になる。若手が多いチームにあって、的確に助言できる貴重な存在として評価された。

     石井一久GMは新体制の人事を進める上で「改革や伝統の基礎をうまく促進できる」という要素を重視している。渡辺直は他球団でプレーした時期もあるが、楽天のチームカラーや選手の特徴などを熟知。
    さらにムードメーカー的存在で、人望も厚い。球団第1号の兼任コーチとして、1980年生まれの「松坂世代」の名バイプレーヤーはうってつけの人材といえる。

     13年目の今季は右足首のケガもあってプロ入り後最少となる19試合の出場にとどまった。来季は選手としてチームに貢献することを念頭に置きつつ、指導者としても新生イーグルスを支えていく。

     ◆渡辺 直人(わたなべ・なおと)1980年(昭55)10月15日生まれ、茨城県出身の38歳。牛久―城西大―三菱ふそう川崎を経て、06年大学・社会人ドラフト5巡目で楽天入り。1年目から正遊撃手として活躍した。
    10年オフに金銭トレードで横浜に移籍し、13年7月には交換トレードで西武へ。17年限りで戦力外となり、18年から古巣・楽天に復帰。1メートル73、73キロ、右投げ右打ち。

    2: 風吹けば狗鷲 2019/10/13(日) 10:53:26.06 ID:OBpOWmPn0
    no title

    引用元: 楽天 渡辺直が打撃コーチ兼任へ 的確に(栄斗くんに)助言できる貴重な存在として評価

    【楽天 渡辺直が打撃コーチ兼任へ 的確に(栄斗くんに)助言できる貴重な存在として評価 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/11(金) 07:27:01.02 ID:MMOxuNyxa
    楽天・小谷野1軍打撃コーチが今季限りで退団することが10日、分かった。近日中に発表される。
    球団の評価は高かったが、平石監督の退任が決まり、合わせて責任を取る形で辞任を申し出た。
    https://hochi.news/articles/20191011-OHT1T50021.html

    引用元: 楽天、小谷野一軍打撃コーチ退団

    【楽天、小谷野一軍打撃コーチ退団 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/29(木) 08:59:17.60 ID:32t6556hF
    20190828-00000167-sph-000-1-view

    ◆楽天4―5ロッテ(28日・楽天生命パーク)

     楽天は猛追も及ばず、ロッテに4―5で敗れた。27日のロッテ戦で来日初のサヨナラ弾を含む2発を放ったジャバリ・ブラッシュ外野手(30)が4回、2試合連発となる27号2ラン。助っ人砲が意地を見せるも、序盤の失点が最後まで響いた。

     打った瞬間に、確信した。3点ビハインドで迎えた4回無死一塁。フルカウントからの6球目だ。ブラッシュが、ど真ん中のチェンジアップを強振。ゆっくり1歩を踏み出し高々と舞い上がった打球を見上げると、白球は左翼席中段で弾んだ。2戦連発となる27号2ラン。1点差に詰め寄る一発に「しっかり仕留められた」とほほ笑んだ。

     一時は失いかけたリズムが戻ってきた。今季から加入した助っ人砲にとって、初めて経験する日本の夏は予想以上に厳しかった。「湿度が高くて苦しかった」。7月30日の日本ハム戦から8月2日のロッテ戦まで4試合連続でスタメンから外れ“完全休養”にあてた。

    2: 風吹けば狗鷲 2019/08/29(木) 08:59:40.39 ID:32t6556hF
     7月17日のオリックス戦で放った22号から、8月21日、ロッテ戦での23号まで1か月以上。自慢のアーチを描けず、苦しんだ時期もあった。平石洋介監督(39)によると、復調の要因の一つには小谷野栄一1軍打撃コーチ(39)の言葉があったという。

     同コーチが声をかけたのは西武との3連戦(23~25日、メットライフD)中。伝えたのは、シンプルな言葉だ。「もともとはボールの見極めが上手な選手なのに、結果として平常心でやれていなかった。『今まで打っていた球だけを打てばいいから』と声をかけました。ただ、打ったのは選手の実力。僕は何もしてません」(小谷野コーチ)。

     4位・ロッテに敗れゲーム差は再び1に縮まった。指揮官は「またしっかり準備して、とにかく攻めていきたい」と力を込めた。上位進出へ、負けられない戦いはまだまだ続く。勝負の終盤戦を、チーム一丸となって戦い抜く。(高橋 宏磁)

    引用元: 【楽天】ブラッシュ、小谷野コーチ助言で復調「打っていた球だけを打て」

    【【楽天】ブラッシュ、小谷野コーチ助言で復調「打っていた球だけを打て」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/14(木) 08:01:06.38 ID:uRSthFdu0St.V
    <楽天>今季加入の1軍コーチ金森氏、打撃改革着々 辰己ら早くも手応え

     ロッテから今季加入した金森1軍打撃チーフコーチが打撃改革に取り組んでいる。昨季、チームの打率と打点は12球団で最低だったが、
    「みんな体幹が強くていい」と伸びしろを感じている様子。引退後に6球団を渡り歩き、数々の名プレーヤーを誕生させた名伯楽の指導に、早くも効果を実感している選手は多い。

     11日の特別打撃練習。金森チーフコーチは辰己の打撃投手を務めた。143スイング中、37本の柵越えを放った期待の新人に練習後、丁寧に助言を与えた。

     ボールを手元まで引き付け、脇を締めて腰の回転で打球を飛ばすという打撃理論で、これまで井口(ロッテ監督)、城島(元ソフトバンク)らを主力打者に育てた。

     「金森さんの指導は僕に合っている」と辰己は満足そうに語る。左中間への強い打撃は元々得意だが、腰の回転をうまく使うことで強さが増し、打ち損じも減ったという。「さすがプロのコーチ」と感嘆する。

    引用元: 楽天の打撃コーチ 井口、城島を育てたコーチだった

    【楽天の打撃コーチ 井口、城島を育てたコーチだった 】の続きを読む

    東北楽天は平石洋介監督の下、9人の新任コーチを迎えた。11月に掲載した鉄平2軍外野守備走塁コーチを除く8人の指導方針や人物像を紹介する。(随時掲載)

     「相撲で相手のまわしを取った時、どういう姿勢で投げますか。ふすまを開ける時は。力を入れやすい姿勢は決まっている」と持論を展開する。ボールを手元まで引き付けて、脇を締めて腰の回転で打球を飛ばす「引き付け理論」で、井口資仁(ロッテ監督)、中村奨吾(ロッテ)らを主力打者に育て上げた。
     11月に岡山県倉敷市であった秋季キャンプでも「和製大砲候補」の内田らに「もっと下半身と腰でボールを捉えて」と熱のこもった指導をしていた。
     西武、阪神、ヤクルトで計15年間の選手生活を送った。西武時代は1983年の日本シリーズ第6戦で巨人の江川卓投手からサヨナラ安打。ヤクルトでは代打の切り札として2度の日本一に貢献した。83、84年には多くの死球を受けて「死球王」の異名を取ったこともある。往年のファンの記憶に残る野球人だ。
     現役引退後はヤクルトを皮切りに独立リーグや高校、大学の指揮官を務めるなど、プロ、アマでの指導経験は豊富だ。
     「打撃フォームはシンプルな方がいい。中学生以上になると腕力で打とうとしてしまいがち。小学生の頃の姿勢が無駄がなく、一番良いというのが自分の考え」。定評のある独自の理論を携え若手野手の能力を引き上げて、得点力不足が課題の東北楽天打線の底上げを目指す。(狭間優作)


    https://www.kahoku.co.jp/sports/eagles/20181203_01.html

    20181110-OHT1I50145-L

     岩見(左)のロングティーを見守る金森打撃チーフコーチ

     楽天・岩見雅紀外野手(24)は、野手のみが参加する倉敷秋季キャンプ2日目の10日、今月から就任した金森栄治打撃チーフコーチ(61)の熱血指導を受けた。

     これまで井口、城島らを育て上げてきた名伯楽は、岩見に約30分間、身ぶり手ぶりを交えながら指導。バットの軌道やミートポイントなどの修正で、ロングティーでは場外弾を連発した岩見は「全部ためになることばかりです。『分からないことは分からないと言ってくれ』と言われたので、色々聞けています。先生みたいですね」と耳を傾けた。

     ドラフト2位で慶大から即戦力としての期待を背負って今季入団した岩見だったが、24打席無安打とプロの壁にぶつかった。187センチ、108キロの恵まれた体を生かした長打力は金森コーチも目を細めていたが「いいものは持っているけど、まだまだ」と厳しい言葉でハッパをかけていた。

    このページのトップヘ