狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    招聘


    20181024-OHT1I50000-L

      楽天が、来季の1軍バッテリーコーチに今季限りでDeNAを退団した光山英和氏(52)の招聘(しょうへい)に動いていることが23日、分かった。

     今季バッテリーコーチを務めた古久保コーチは既に退団。若手捕手の育成に定評のある光山氏に白羽の矢が立った。現役時代には近鉄、巨人などで活躍。引退後はバッテリーや作戦部門を11年から3年間担当した西武では炭谷を、16年からはDeNAで嶺井や戸柱などをレギュラー格に育て上げた実績を持つ。

     楽天は嶋に続く2番手捕手を確立できていない。来季は34歳となる正捕手を支えるためにも山下、下妻、堀内、石原らの成長が待ち望まれている。ラミレス監督からも「マイベストコーチ」と信頼を置かれていた名参謀が、楽天バッテリー陣の成長を後押しする。

    楽天が、ロッテの金森栄治1軍打撃コーチ(61)の招聘(しょうへい)を検討していることが11日、分かった。

    同コーチはヤクルト、西武、阪神、ソフトバンクなど多くの球団でコーチを歴任してきた打撃指導のエキスパート。ロッテが日本一となった10年には、1軍打撃兼野手チーフコーチとして尽力した。チームには今季ブレークした2年目の田中をはじめ将来性豊かな野手が多く、白羽の矢が立った。石井GMとは、現役時代にヤクルトで同僚だった。

    巻き返しを図る来季に向け、組閣が固まってきた。今季限りで現役を引退したオリックス小谷野栄一内野手(38)を1軍打撃コーチとして招聘することも判明。ヤクルト野村克則2軍バッテリーコーチ(45)の入閣に加え、DeNAを今季限りで引退した後藤武敏内野手(38)を2軍打撃コーチとして招聘することも分かった。

    今季ヘッド格として平石監督代行を支えてきた真喜志康永1軍内野守備走塁コーチ(58)は、来季から1軍ヘッドコーチに昇格する見込みだ。小谷野、後藤両氏は平石監督と同い年。年齢のバランスが取れた陣容で船出する。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/07(日) 04:20:52.09 ID:0qpf7gUE0
    最下位からの再建を進める楽天が、来季の新コーチに今季限りで現役を引退する
    オリックス・小谷野栄一内野手(37)の招聘(しょうへい)に動いていることが6日、分かった。

    小谷野は日本ハム、オリックスで16年間プレー。06年にはパニック障害を発症しながらもグラウンドに立ち続けた。
    勝負強い打撃を武器に10年には打点王に輝き、ベストナイン1度、ゴールデン・グラブ賞も3度獲得。
    攻守にわたって評価が高く、現役時は若手にも親身になってアドバイスを送るなど、慕う選手が多く人望も厚かった。

    来季の監督が決まった平石監督代行の名参謀としての期待も高い。
    小谷野と平石新監督は同じ1980年生まれの松坂世代。
    3年時のセンバツ(98年)の2回戦で対戦した経験もあり、プライベートでも親交を持つ。
    21世紀初の30代監督とあって、経験不足を指摘する声もあるが、
    指揮官と気軽に相談に乗ることもできるパートナーとして、心強い存在になることは間違いない。

    3: 風吹けば狗鷲 2018/10/07(日) 04:21:51.97 ID:0qpf7gUE0
    5日に池山2軍監督や与田2軍投手コーチら8人のコーチと来季の契約を結ばないことを発表。
    石井GMも5日に平石新監督を発表した際に
    「結果を出すには僕とか球団の方がしっかりとある程度、戦えるものをそろえて、体制を作ってから思い切った手腕を発揮してもらいたい」と
    指揮官のサポート体制の整備を約束。来季へのコーチ人事に着手している。

    4: 風吹けば狗鷲 2018/10/07(日) 04:22:20.31 ID:0qpf7gUE0
    異例無縁チームに 楽天一筋14年の平石新監督に、16年間ライバルとして戦ってきた小谷野の視点が加わることへの期待は大きい。
    引退後すぐに現役時代は無縁のチームに入閣となれば異例だが、楽天に新たな風を吹かせることになりそうだ。

    11: 風吹けば狗鷲 2018/10/07(日) 04:24:07.42 ID:0qpf7gUE0
    小谷野 栄一(こやの・えいいち)1980年10月10日、東京生まれ。37歳。
    創価高、創価大を経て2002年ドラフト5巡目で日本ハムに入団。
    15年からはFA移籍したオリックスでプレー。
    通算成績は1394試合で打率2割6分4厘、71本塁打、566打点。177センチ、88キロ。右投右打。既婚。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000277-sph-base

    引用元: 【楽天】小谷野を来季新コーチに招聘…同じ“松坂世代”の平石新監督支える

    【【楽天】小谷野を来季新コーチに招聘…同じ“松坂世代”の平石新監督支える 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/06(土) 06:07:35.40 ID:8h3fUYxfa
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000002-spnannex-base
    10/6(土) 5:00配信
     球団改革の一環として楽天が元西武投手コーチの石井貴氏(47)を来季の投手コーチとして招へいすることが分かった。

     石井氏は三菱重工横浜から93年ドラフト1位で西武入団。闘志あふれる投球スタイルで通算68勝をマークし、中日と対戦した04年の日本シリーズでMVPに輝いた。
    現役時代は松坂(現中日)ら若手選手の良き兄貴分として慕われ、引退翌年の08年から西武の2軍、12年から1軍の投手コーチを務めた。
    同姓の石井GMが西武に在籍していた際は選手とコーチとしてチームメートで、旧知の間柄でもある。

     石井氏は13年で西武を退団。評論家を経て、今季は独立リーグの四国アイランドリーグplus・徳島で監督を務めた。

    引用元: 楽天 元西武投手コーチの石井貴氏招へいへ 石井GMとも旧知の間柄

    【楽天 元西武投手コーチの石井貴氏招へいへ 石井GMとも旧知の間柄 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/23(月) 18:36:22.64 ID:jegqcsxf0
    楽天が元ロッテ・清水雅治コーチ招聘
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000018-tospoweb-base
     楽天の一軍外野守備走塁コーチに今季限りでロッテを退団した清水雅治外野守備走塁コーチ(53)が内定していることが分かった。

     清水コーチは西武時代から関係の深い伊東勤監督(55)の辞任に伴い今季限りでロッテを退団。
    今後に関してはすでに侍ジャパンの外野守備走塁コーチ就任が発表されていた。来季続投の決まった梨田昌孝監督(64)は浜田高の先輩にあたる。

     同コーチに関しては、日本ハム・栗山英樹監督(56)も三塁ベースコーチとしての復帰を望んでいたが、結果的に“母校ライン”を重視して仙台行きを選択したようだ

    引用元: 楽天、ロッテからコーチまで強奪wwwwwwwwwwwwww

    【楽天、ロッテから清水雅治コーチ招聘 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 08:37:36.06 ID:Ei4RUK8Wr.net
     西武は来季のバッテリーコーチに楽天の田口昌徳1軍バッテリーコーチ(45)の招聘(しょうへい)に動いていることが9日、分かった。

     今季は袴田ヘッドコーチが兼任で同職を務めていたが、退団が決まっていた。田口コーチもすでに退団を発表。
    今季はチーム事情で捕手起用を控えた森への指導やバッテリー強化に手腕が期待される。

    http://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1550595_m.html

    引用元: 西武、楽天退団の田口昌徳バッテリーコーチ招聘へ

    【西武、楽天退団の田口昌徳バッテリーコーチ招聘へ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 13:16:05.55 ID:YEFpVB0V0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000018-tospoweb-base


     西武が作戦面を担当する来季のコーチに、今季限りで楽天を退団する橋上秀樹ヘッドコーチ(49)を招聘することが1日、分かった。

     橋上氏はヤクルトでの現役時代、知将・野村克也監督の下でID野球を学び、2005年の楽天創設年から二軍外野守備・走塁コーチに就任。07年からは恩師・野村監督の下でヘッドコーチに昇格し、12年からは巨人の一軍戦略コーチ、打撃コーチとして手腕を振るいチームの3連覇に貢献した。

     6年ぶりの楽天復帰となった今季は三木谷オーナーの現場介入問題の余波を受け、大久保監督とともにチームを去ることが決定している。

     今季の西武は2年目の森友哉捕手(20)がブレークし、秋山翔吾外野手、中村剛也内野手(32)、ルーキー・高橋光成投手(18)の3人で計4度の月間MVPを獲得しながら、結果は首位に20ゲーム差以上離された3位争いとチグハグなチーム成績を余儀なくされた。前半戦は最大11の貯金を抱えて優勝争いを展開しながら、7月15日から球団ワーストの13連敗。また日本ハム・大谷翔平投手(21)にパ5球団最多の5勝を献上するなど、ベンチは選手個々の技量任せでチームとしての戦略が見えない無策ぶりをさらした。

     そこで作戦面での補強として橋上氏に白羽の矢を立て、周辺調査を水面下で開始していた。球団は今季最終戦となった1日のオリックス戦(京セラ)前に居郷球団社長が田辺監督の来季続投を発表。今後は17年の潮崎政権誕生が既定路線となっている。橋上氏は本紙の直撃に「何も正式な話は聞いていないが、名前を出してもらえることは光栄なこと」と語るにとどめたが、西武は橋上氏の楽天での最終戦となる6日ロッテ戦(コボスタ宮城)終了を待って正式オファーを出すことになる。

    引用元: 【朗報】西武 楽天退団の橋上ヘッドを招へい

    【【朗報】西武 楽天退団の橋上ヘッドを招へい】の続きを読む

    このページのトップヘ