狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    指導

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/13(月) 21:07:28.90 ID:pjfXWaWc0
    no title

    楽天浅村(左)は自主トレをともに行うオコエ(右手前)のトレーニングを見守る(撮影・桑原幹久)
    “チーム浅村”で栄冠をつかむ。楽天浅村栄斗内野手(29)が13日、愛媛県内で自主トレを公開した。

    西武から移籍2年目のオフは、素質を見込んだ後輩のオコエ、内田、フェルナンドを引き連れた。自身も若手時代には中島(現巨人)を師と仰ぎ、一流選手への礎を培った。東京五輪でも侍ジャパンの主軸を期待されるスラッガーが、惜しみなく経験、知識を継承する。

    2: 風吹けば狗鷲 2020/01/13(月) 21:08:10.53 ID:pjfXWaWc0
    浅村が“門下生”を見入らせた。青空の下でのロングティー。一塁線上から左翼席を目がけ、足場を踏み固める。トスされた球をガシャン!とまくり上げ、お手本のような放物線を周囲に目で追わせた。約1時間半、黒と赤茶色のツートンカラーのバットを熱を帯びながら振り込んだ。

    おそろいの黒地のTシャツ。左胸に白字で「TEAM浅村」と刻んだ。5年目を迎える愛媛での自主トレ。移籍2年目の今回から同じ右打ちの楽天の後輩を引き連れた。外野手の4年目オコエ、5年目フェルナンドには志願され、内野手の6年目内田は自ら声をかけた。
    成長が待たれる大器たちへ「期待されている3人だと思う。ちょっとでも助けになれば自分自身もうれしい」。

    親心の裏に、未成年の頃から憧れる恩人がいる。西武時代の1年目オフから4年間、チームの大黒柱の中島と自主トレをともにした。「あの人がいなかったら、こういうスタイルで野球をやっていない。中島さんとできたから、今の自分がある」。
    長髪をなびかせ、逆方向へ白球をかっ飛ばす先輩を目で、耳で追った。スポンジのように吸収してメジャーへ飛んだ師の後釜を担い、背番号3も継いだ。2度の打点王を獲得し、1度のリーグ優勝を経験。後進育成の重要性を体感したからこそ、チームの勝利へ労を惜しまない。

    自主トレは午前9時半スタート。午前中は体幹トレーニングに終始し午後からノックやティーなど技術練習。午後4時半ごろに切り上げ、夜は同じ釜の飯を食らいながら野球談議を重ねる。
    「自分の感覚を教えるのは難しい。どうやって伝えたら分かるかな、と考えることで得られるものもある」。今年11月で30歳。人を作り、男を上げる。【桑原幹久】

    3: 風吹けば狗鷲 2020/01/13(月) 21:08:23.00 ID:pjfXWaWc0
    ○…“門下生”の3選手も師の背中を懸命に追う。オコエは浅村に自主トレ参加を志願し「右方向の打球が弱いのが課題。『しつこいな』と怒られるくらい聞きに行きたい」。
    同じく志願参加のフェルナンドも「2桁狙える3人だと言われているので、そこは絶対にクリアしたい」と意気込む。浅村から誘いを受けた内田は「声をかけてもらってありがたい。死に物狂いで頑張りたい」と奮起を誓った。

    ○…浅村が東京五輪での金メダルへ足元を見つめ直した。昨年11月のプレミア12で侍ジャパンの主軸を担ったが「(メンバーに)選ばれるように、まずはシーズンが大事。
    とにかく楽天が優勝するためにしっかりやらないといけない。それが最優先」と言い切った。この日着用したスパイクは青地に金色のメーカーロゴ。「“五輪仕様”か?」との問いに「全く関係ない。たまたまです」と笑った。

    引用元: 楽天浅村「助けに」オコエら大器に一流の礎を継承

    【楽天浅村「助けに」オコエら大器に一流の礎を継承】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/11/04(月) 21:40:28.57 ID:k6HQ8MDM0

    引用元: 中田翔、山田哲人を伸ばした育成論。三木肇が楽天の監督として目指す物。

    【中田翔、山田哲人を伸ばした育成論。三木肇が楽天の監督として目指す物。 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/15(火) 09:00:46.13 ID:UzCzoFjxd
     楽天の秋季練習が14日、楽天生命パーク宮城でスタート。1軍打撃コーチを兼任することが発表された渡辺直人内野手が早速、“コーチデビュー”した。

     自身の打撃練習を終えると、打撃ケージの後ろに立ち、各選手の打撃練習を見守った。
    4年目の今季、チームで最多の52試合でスタメンマスクをかぶった堀内謙伍捕手は「今の打球はいいんじゃないか」などと声をかけてもらい、
    練習後に「直人さんはどういう意識で練習で打っていますか」と質問。そこから渡辺選手兼任コーチの“打撃講座”が始まった。

    引用元: 楽天渡辺直が“打撃コーチデビュー” 三木新監督も期待「選手に近い兄貴的存在に」

    【楽天渡辺直が“打撃コーチデビュー” 三木新監督も期待「選手に近い兄貴的存在に」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/17(月) 13:42:53.50 ID:TzR8g3cJ0
    no title

    6月14日の広島戦[楽天生命パーク]で2号2ランを放った辰己

    引用元: 小さいスイングはさせない。辰己涼介に楽天首脳陣が求めること

    【小さいスイングはさせない。辰己涼介に楽天首脳陣が求めること 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/13(月) 18:44:07.55 ID:RiCDHAjO0
    no title

    辰己涼介(左)と平石洋介監督
     遊軍記者として、日替わりや遠征の3連戦単位で様々な球団を取材している。プロの真剣勝負を「雰囲気」とか「ムード」といった言葉で語るのは失礼だろうが、調子のいいチームは選手たちの表情も明るいし、逆に負けがこんでいるチームには覇気のなさを感じることが多い。



     先週末(10~12日)、神戸での楽天―オリックス3連戦に楽天担当として帯同した。12球団最年少の39歳・平石洋介監督の下、開幕前の下馬評を覆して同率2位(13日現在)と健闘している楽天。
    試合前の練習でも選手の間で大きなかけ声が飛び交い、やっぱり雰囲気がいい。ただ、繰り返しになるが雰囲気だけで勝てるほどプロの世界は甘くない。
    今季最多の20安打と打線が爆発して勝利した12日の試合で、今の楽天の強さの一端を垣間見るプレーがあった。2回にルーキーの辰己涼介外野手が決めたスクイズ(記録は内野安打)だ。

     この回、同点に追いついてなお1死一、三塁で打席に立った辰己は、オリックスの先発アルバースの初球スライダーを100点満点のバントで三塁方向に転がした。あわてたアルバースが間に合わない一塁に悪送球して、勝ち越しの2点が入った。

     絶妙なバントを決めた辰己だが、前日の試合では1点を追う8回無死一塁で2球続けて送りバントを失敗していた。最終的には二ゴロで何とか走者を進めたが、反省材料の残る打席だった。

    引用元: 楽天好調の訳…失敗から学ばせる39歳、楽天・平石監督の手腕と応える選手の絆

    【楽天好調の訳…失敗から学ばせる39歳、楽天・平石監督の手腕と応える選手の絆 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/14(木) 08:01:06.38 ID:uRSthFdu0St.V
    <楽天>今季加入の1軍コーチ金森氏、打撃改革着々 辰己ら早くも手応え

     ロッテから今季加入した金森1軍打撃チーフコーチが打撃改革に取り組んでいる。昨季、チームの打率と打点は12球団で最低だったが、
    「みんな体幹が強くていい」と伸びしろを感じている様子。引退後に6球団を渡り歩き、数々の名プレーヤーを誕生させた名伯楽の指導に、早くも効果を実感している選手は多い。

     11日の特別打撃練習。金森チーフコーチは辰己の打撃投手を務めた。143スイング中、37本の柵越えを放った期待の新人に練習後、丁寧に助言を与えた。

     ボールを手元まで引き付け、脇を締めて腰の回転で打球を飛ばすという打撃理論で、これまで井口(ロッテ監督)、城島(元ソフトバンク)らを主力打者に育てた。

     「金森さんの指導は僕に合っている」と辰己は満足そうに語る。左中間への強い打撃は元々得意だが、腰の回転をうまく使うことで強さが増し、打ち損じも減ったという。「さすがプロのコーチ」と感嘆する。

    引用元: 楽天の打撃コーチ 井口、城島を育てたコーチだった

    【楽天の打撃コーチ 井口、城島を育てたコーチだった 】の続きを読む

    東北楽天は平石洋介監督の下、9人の新任コーチを迎えた。11月に掲載した鉄平2軍外野守備走塁コーチを除く8人の指導方針や人物像を紹介する。(随時掲載)

     「相撲で相手のまわしを取った時、どういう姿勢で投げますか。ふすまを開ける時は。力を入れやすい姿勢は決まっている」と持論を展開する。ボールを手元まで引き付けて、脇を締めて腰の回転で打球を飛ばす「引き付け理論」で、井口資仁(ロッテ監督)、中村奨吾(ロッテ)らを主力打者に育て上げた。
     11月に岡山県倉敷市であった秋季キャンプでも「和製大砲候補」の内田らに「もっと下半身と腰でボールを捉えて」と熱のこもった指導をしていた。
     西武、阪神、ヤクルトで計15年間の選手生活を送った。西武時代は1983年の日本シリーズ第6戦で巨人の江川卓投手からサヨナラ安打。ヤクルトでは代打の切り札として2度の日本一に貢献した。83、84年には多くの死球を受けて「死球王」の異名を取ったこともある。往年のファンの記憶に残る野球人だ。
     現役引退後はヤクルトを皮切りに独立リーグや高校、大学の指揮官を務めるなど、プロ、アマでの指導経験は豊富だ。
     「打撃フォームはシンプルな方がいい。中学生以上になると腕力で打とうとしてしまいがち。小学生の頃の姿勢が無駄がなく、一番良いというのが自分の考え」。定評のある独自の理論を携え若手野手の能力を引き上げて、得点力不足が課題の東北楽天打線の底上げを目指す。(狭間優作)


    https://www.kahoku.co.jp/sports/eagles/20181203_01.html

    このページのトップヘ