狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    挫折

    1: 風吹けば狗鷲 2017/04/02(日) 21:16:48.68 ID:+RwaEzWcd
    かわいそう
    no title

    引用元: 【悲報】オコエ、もう誰からも触れられない 

    【【悲報】オコエ、話題にならなくなる】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/11/14(月) 15:11:44.43 ID:CAP_USER9
    「まだバットを握ると打ちたくなってしまいますよね」。そう言って笑うのは、今季限りで17年間の現役生活に別れを告げた楽天・栗原健太2軍打撃コーチ(34)だ。
    11月1日から岡山県倉敷市で行われている秋季キャンプで指導者デビュー。
    身ぶり手ぶりで若手選手たちに熱っぽくアドバイスを送り、新人コーチとして奮闘する毎日だ。

    豊富な練習量を礎とするカープの良き伝統を受け継ぎ、球界を代表する和製大砲にのし上がった男。
    経験に裏打ちされた栗原コーチの手腕に、球団の期待も大きい。
    今季1軍昇格こそ果たせなかったが、ファームで過ごす中で、コーチとしての素養は既に芽生えていた。
    「1シーズン一緒にいたので、バッティングを見ていて、もっとこうした方がいいのにな、こうしたらもっと良くなるのになと思うところが、たくさんありました。
    それが分かっているので入りやすいですね」。
    同じユニホームを着て1年間過ごしたからこそ、“弟子たち”の長所も短所も分かっている。

    指導者として最も重視するのは対話。元来、打撃理論を語らせたら止まらないタイプだが、「押しつけはだめ。僕の感覚を押しつけようとすると感覚がずれてしまう」。
    じっくり話しそれぞれの特性を把握した上で、合った練習法を与えていく。
    「ティー打撃のやり方でも、いろいろあるんです。一番いいものをチョイスしていきたいと思っています」。
    来季プロ2年目を迎えるオコエについても「振る力はある。タイミングだったりとか上体が突っ込むとか、技術的な段階を踏んでいかないといけないけど、振って覚えて数をこなすこと。
    形は、振る力をつけてからになるので」と課題や方向性を明確に把握。新人コーチとは思えないほど、早くも指導の流儀を確立している。

    「昨年、入団テストで獲っていただきましたが、選手として力になりたかった。
    でも、こうしてコーチとしてお話を頂いた。1人でも上(1軍)で活躍できる状態に持っていきたい。力になりたいんです」。
    高卒で入団して芽を出し、主力に上り詰め、栄光も挫折も味わった栗原コーチ。
    そのすべての経験を、新たな道に注ぎ込む。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000058-dal-base
    デイリースポーツ 11/14(月) 14:00配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggfQZjYB2LLnkMlFajtSzIxQ---x400-y300-q90/amd/20161114-00000058-dal-000-2-view.jpg
    生き生きとした表情で指導にあたる栗原2軍打撃コーチ=倉敷マスカットスタジアム
    no title

    引用元: 【野球】楽天 栗原健太コーチ、オコエらへ栄光と挫折の経験注ぎ込む 

    【【野球】楽天 栗原健太コーチ、オコエらへ栄光と挫折の経験注ぎ込む】の続きを読む

    このページのトップヘ