狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    捕手

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/18(金) 21:48:39.54 ID:75ZMm21N0
    no title

    投内連係で二塁に送球する楽天太田(撮影・野上伸悟)

    沖縄・久米島キャンプでの1軍スタートが決まった楽天のドラフト2位太田光捕手(22=大商大)が、母校NO・1捕手を目指す。

    広陵(広島)出身の捕手は他にも現在、巨人小林誠司(29)、広島の白浜裕太(33)と中村奨成(19)がいる。4人目となった太田はプロの先輩たちに気後れすることなく、レギュラー取りを狙う。

       ◇   ◇   ◇

    開幕1軍とともに、太田が心に秘めた野望を口にした。「いずれは広陵の捕手の中で一番になりたい」。母校は現在、巨人小林、一昨年のドラフトで注目を集めた中村ら4人の捕手を輩出する。捕手出身の加藤康彦コーチ指導のもと、好捕手が育つ土壌がある。
    「広陵一」は球界一の捕手を目指すことに他ならない。新人合同自主トレ8日目の18日は、ブルペンで「初めて」座った状態で則本佳樹(24)の投球を受けた。「一番は投手が見やすくて、投げやすいように構えることを意識している」と、新人らしからぬ落ち着いたキャッチングを見せた。

    昨年末に、広陵出身のプロが開催する少年野球教室で3人と対面し刺激を受けた。理想の捕手像は「投手から信頼され、野手からも信頼され、チーム全体から信頼される捕手。
    そして相手チームからも認められるように」と話す。高校、大学で主将を務め、関西6大学リーグでは8季中6度の優勝を果たすなど、捕手で育まれたリーダーシップにも期待がかかる。

    もちろん、守備だけで起用される世界でないことは分かっている。「自分が打つことで勝つ確率は上がる。今は日々筋肉痛ですけど、振る力はついてきている」と打撃にも力を入れる。とはいえ高校時代は4番、大学でも4年春には打率5割2分2厘で首位打者に輝いた打力の持ち主だ。
    「まずは1軍に残らないと始まらない。そこで与えられたチャンスをものにしていくだけです」。今年から捕手登録の岡島豪郎(29)、山下斐紹(26)らが2軍スタートとなった捕手激戦区の楽天にまた1人、つわものが加わった。【野上伸悟】

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901180000780_m.html?mode=all

    引用元: 楽天2位太田光「広陵の捕手の中で一番になりたい」

    【楽天2位太田光「広陵の捕手の中で一番になりたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/17(木) 06:21:29.71 ID:+sPymvia0
    no title

    捕手として再挑戦し、結果を残すと誓った楽天の岡島

     今季から6年ぶりに外野手から捕手登録に戻る楽天の岡島豪郎(27)が16日、一からの再出発を誓った。この日は仙台市内の楽天生命パーク室内練習場で約3時間の練習を行った。
    2011年に捕手で入団も、2013年途中から本格的に外野手に転向。14年からは登録も外野手となっていた。レギュラー獲得に向け、まずは守備力の向上を誓った。


     “岡島キャノン”連発とはならなかった。室内練習場で行った二塁への送球練習。岡島は時折「うわっ」と叫びながら顔をゆがめた。中堅手の前まで転がるような“暴投”もあった。
    課題が残る内容となったが、落ち込む様子はない。「毎日、練習をやっている人でも難しい。いきなり100%を求めるのではなく、1からやっていけたら」と前を見据えた。

     ミスもあったが“レーザービーム”のようなストライク返球が何球もあった。二塁で捕球した伊志嶺忠ブルペン捕手(33)は「指にかかった時はいいボールが来ていた。仕上がりは早いですよ」。約6年ぶりとなる捕手挑戦だが、希望の光は確かに見えた。

     ドラフト1位の辰己涼介外野手(22)=立命大=が加入し、金銭トレードで巨人から橋本到外野手(28)も入団。外野手の層が厚くなった。13年6月以降、主に外野手で活躍し、日本一にも貢献した岡島。
    俊足と巧打が持ち味だが、昨年11月に平石洋介監督(38)から捕手転向の打診を受けると「そう言っていただけるのであれば」と即答した。自ら選んだ道。どんな困難が待ち受けようと、覚悟の上だ。

     送球練習を終えると、マシンが投げる球を約150球、黙々と捕球した。守備力向上へ猛練習はもちろんだが、グラウンドを離れた後でも努力を続ける。
    「受けたことがない投手が多い。とにかく会話が一番大事。たくさん会話して勉強しないと」と意気込んだ。今季のチームのスローガンは「RESTART! 日本一の東北へ」。背番号を「4」から3季ぶりに「27」へと戻し、岡島も再スタートを切る。(高橋 宏磁)


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20190116-OHT1T50154.html

    引用元: 【楽天】6年ぶり捕手の岡島「たくさん会話して勉強」一から再出発

    【【楽天】6年ぶり捕手の岡島「たくさん会話して勉強」一から再出発 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/20(木) 18:22:41.39 ID:Dy8TG3Wd0
    no title

    楽天・岡島
     楽天は20日、岡島豪郎外野手(29)の登録を来季から捕手に変更することを発表した。

     岡島は球団を通じ「来季から捕手登録に戻ります。やるからにはレギュラーを目標に頑張ります。捕手として、選手会長として、チームの先頭に立ち、勝利に貢献して、みんなで優勝したいです」とコメントした。

     岡島は11年ドラフトで4位で指名され捕手として入団も、13年シーズン途中に外野手に転向した。来季は背番号も「4」から入団当時の「27」に戻すことも決まっている。

    引用元: 楽天・岡島の登録 来季から捕手に変更「やるからにはレギュラーを目標」

    【楽天・岡島の登録 来季から捕手に変更「やるからにはレギュラーを目標」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/06(木) 01:38:21.66 ID:bCBO4GrE0
    no title


     ロッテが今オフ楽天から戦力外になった細川亨捕手(38)を獲得することが5日、分かった。近日中に発表される。

     今季は1軍出場2試合だったが、頭脳的なリードには定評があり、本人も親しい関係者に「まだ、できる」と現役続行に意欲を示していた。ロッテは田村が全試合出場するなど定位置を獲得したものの、江村、吉田といった2番手捕手は定まっておらず西武、ソフトバンクで合計5度の日本一に輝いた男に白羽の矢を立てた。

    引用元: ロッテ、細川獲得

    【ロッテ、細川獲得 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/04(火) 16:40:50.63 ID:ej3jwuva0
    no title

    楽天の岡島豪郎外野手
     楽天の岡島豪郎外野手(29)が4日、仙台市内の球団事務所で契約更改に臨み、950万円減の3450万円でサインした。来季から捕手に完全復帰することになっており、背番号も現在の「4」から入団当時の「27」に戻すことも決まった。

     約1時間30分の交渉を終えた岡島は「ルーキーになった気持ちでやりたい」と晴れやかな表情を浮かべた。俊足巧打を生かすため、13年シーズン途中から外野手に転向していたが、最下位に低迷したチーム事情もあり、入団時のポジションである捕手に戻ることが決まった。
    チームの選手会長も務める29歳は「今季の成績(最下位)は悔しいし、情けないし、ふがいないとみんなが思っている。その気持ちを来季につなげたい」と心機一転での巻き返しを誓った。

     また、巨人から移籍した橋本到外野手の背番号は「49」に決定した。(金額は推定)

    引用元: 楽天・岡島は950万円減 来季から捕手に完全復帰、背番号も27に戻し「ルーキーになった気持ちで」

    【楽天・岡島は950万円減 来季から捕手に完全復帰、背番号も27に戻し「ルーキーになった気持ちで」 】の続きを読む

    20181123-OHT1I50160-L

    子どもから花束を受け取った伊志嶺

     楽天は23日、楽天生命パークでファン感謝祭を開催した。イベントの最後には、今季限りでの引退を決断した伊志嶺忠捕手、聖沢諒外野手(ともに33)の引退セレモニーが行われた。

     2人の子どもから花束を受け取ると、伊志嶺は目を潤ませた。「うるっときてしまいました。(子どもに野球する姿を見せられなくなり)寂しいのはありますけど、今日のことを覚えていてくれたら。悔いはないです」と笑った。

     プロ11年目。正捕手・嶋の壁は厚く、最も出場試合が多かったのは2015年の54試合だった。それでも、ふるさとの沖縄にちなみ「シーサー」の愛称で親しまれた“楽天の守り神”に、球団は最後の花道を用意。「こういうセレモニーをやらせてもらえるとは思っていなかった」と感謝した。

     最も印象に残った試合には、自身のサヨナラ打で勝った13年9月19日のソフトバンク戦(Kスタ)を挙げた。当時の星野仙一監督(故人、享年70)と抱き合ったときの温もりは、今でも覚えている。「いろいろ勉強になったし、野球の厳しさを教えてもらった。出会えてよかった」と思い出に浸った。

     引退後も球団に残ることは決まっている。セレモニー後、選手たちに胴上げされ、「胴上げされるとは思っていなかったので、本当にうれしかった。苦しいときの方が多くて、華やかではなかったけど、日本一も経験できたのでよかった」とうなずいたシーサー。多くの人に愛されたバイプレイヤーが、穏やかな笑みで現役生活に別れを告げた。

     ◆伊志嶺 忠(いしみね・ただし)1985年6月22日、沖縄・北谷町生まれ。33歳。北谷高では高校通算35本塁打を放ち、東京情報大に進学。大学では1年春から正捕手となり、千葉県大学リーグで4度のベストナインに輝いた。2007年大学・社会人ドラフト3巡目で楽天から指名されプロ入り。プロ通算186試合、329打数65安打、打率1割9分8厘、4本塁打、29打点。178センチ、78キロ。右投左打。

    このページのトップヘ