狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    故郷


    AEE31B67-16EF-402B-8CE3-18B17381C0E7

    ティー打撃をする田中


     楽天が田中和基外野手(23)の誕生日記念グッズを発売することが26日、分かった。誕生日グッズを発売するのは球団史上初。2年目でレギュラーをつかみ、人気急上昇の現状に対応したもので、21日の西武戦(メットライフ)で放った逆転満塁弾を記念したTシャツが目玉となる。田中はこの日、楽天生命パークで行われた全体練習に参加。27日からのソフトバンク戦(ヤフオクD)へ向けて、福岡へ移動した。


     急騰する人気に、球団も動いた。ユニホーム、タオルなど通常の田中グッズは、完売が相次ぎ生産が追いつかない状況。ファンからの田中グッズへの要望も、数多く寄せられていたという。この状況に、球団は8月8日の24歳の誕生日に合わせ、球団史上初となる「誕生日記念グッズ」の発売を決定した。

     誕生日グッズの中心となるのが21日の西武戦(メットライフ)、2点を追う8回に右打席で放った逆転満塁弾を記念したTシャツだ。田中にとって人生初のグランドスラムであることに加え、チームを今季初の5連勝に導く価値ある一発であることも選ばれた理由。このTシャツ以外にも、複数の誕生日グッズが企画されている模様だ。

     球団の期待に応えるためにも、田中は地元での爆発を狙っている。27日からは生まれ育った福岡でのソフトバンク戦。今季初の地元凱旋となった5月25日からの3連戦では、13打数5安打、2本塁打、3打点と結果を残し、一気に中堅の定位置をつかんだ。「最初のころはタイムリーとか打ったら、後輩が『すげー』とか言ってくれてたけど、最近は反応がなくて寂しい」と苦笑い。改めて目の前で、雄姿を見せるつもりだ。

     後半戦に入り、相手のマークも厳しくなってきたが、不安はない。「引っ張りのヒットが出てるのはいいこと。去年はインコースを攻められてたけど、今年はそれを狙うこともできはじめた。幅が出てきた」と自信をのぞかせた背番号25。バットの勢いに乗り、人気もさらに加速させる。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/22(月) 12:49:47.10 ID:/TJx+9DV0
    no title

    楽天西巻賢二(2018年1月9日撮影)
    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     僕と震災と東北…。楽天ドラフト6位の西巻賢二内野手(18=仙台育英)や他の新人選手が15日、東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台・閖上地区を慰問した。11年3月11日から7年がたとうとしているが、まだ復興は進んだとは言えない。西巻は福島・会津若松出身。当時は小学5年生で、授業を受けている際に大きな揺れに遭った。


     幸いにも、自身を含めて知人は無事だった。それでも、通っていた福島・いわき市の野球場は、約1カ月間練習することが出来なかった。放射能、道路、がれき…。被害は大きかった。それから、楽天イーグルスジュニアへ入団。仙台育英を経て、同ジュニア初のプロ野球選手となった。人一倍、想いは強い。

     西巻 高校は仙台でしたし、仙台は地元みたいなもの。それで縁あって、楽天に入団することになった。ただプレーするだけでなく、元気を与えられるように頑張りたい。そういうことを考えて、毎日を過ごしたい。

     震災直後、自身もやはり楽天の選手たちから元気、笑顔をもらっていた。特にヤンキース田中の投球には心打たれた。球団初の日本一となった13年。CS、日本シリーズはテレビで観戦した。
    「田中さんの投球は、いつも以上に気迫があった。気合で投げている。そんな感じがして、すごく感動しました」。チームはあれから、優勝&日本一から遠ざかっている。この地でプロ野球選手となる意味。東北出身者として、野球をする意味。さまざまなことを考え、西巻のプロ野球生活がスタートする。【楽天担当 栗田尚樹】

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/22(月) 12:50:06.89 ID:/TJx+9DV0

    引用元: 故郷に元気を…東北出身楽天ドラ6西巻賢二の使命感

    【故郷に元気を…東北出身楽天ドラ6西巻賢二の使命感 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 11:17:02.24 ID:Y/3YMm4q0.net
    16年間プレーした広島を退団し、楽天に入団テストを経て加入した栗原健太内野手(33)が故郷・東北での再起を誓った。
    今月7日の入団会見後、山形県天童市の実家で母・順子さん(62)に入団を報告。
    右肘故障の影響で13年5月を最後に1軍出場がない男は、最大の理解者である母のため、東北を盛り上げるためフルスイングに思いを込める。

    店の片付けをしながら息子の帰りを待ちわびていた順子さんの耳に「ただいま」と聞き慣れた声が響いた。
    栗原と妻・聖良さん(31)、今年5月に生まれたばかりの三女・心杏(みあん)ちゃんが帰ってきた。
    あいさつを終えると、宴の始まりだ。順子さんの「健太の楽天入団を祝って乾杯!」という音頭で栗原家に笑顔の花が咲く。

    店の宴会場で日大山形の同級生らも交え、焼き肉を食べながら栗原の再起を祈った。

    引用元: 【美談】栗原 母のため、故郷東北のため、楽天で

    【【美談】栗原 母のため、故郷東北のため、楽天で】の続きを読む

    このページのトップヘ