狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    新入団選手

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:50:56.51 ID:rszMamfpd
    司会者の要望で特技のボイスパーカッションまで披露

     楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内で行われた。支配下登録8選手、育成選手2選手の新入団10選手と平石洋介監督、石井一久GMが参加し、ドラフト1位の辰己涼介外野手らが意気込みなどを語った。

     八千代松陰高から育成ドラフト1巡目で指名された清宮(せいみや)虎多朗投手は会見でプロで対戦したいバッターを問われ「対戦したいバッターは清宮選手です」と、日本ハムの清宮幸太郎内野手に“挑戦状”。さらには、司会者からの熱い要望を受け、特技のボイスパーカッションまで披露していた。

    引用元: 清宮「清宮と対戦したい」

    【清宮「清宮と対戦したい」 】の続きを読む

    20181122_tatsumi_tm-560x373

    新入団選手会見に臨んだ楽天ドラフト1位の辰己涼介【写真:高橋昌江】
     楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内で行われ、ドラフト1位の
    辰己涼介外野手は背番号「7」となった。会見に臨んだ辰己はまず「これほどの評価をいただけて嬉しく思いますし、楽天のユニホームを着て1日でも早く野球がしたい、その想いだけです」と、意気込みを語った。

     かつて山崎武司松井稼頭央も背負った「7」を継承することとなり「アピールポイントとしては走攻守高いレベルでアピールしていきたい。背番号7は、過去につけられていた山崎武司選手、松井稼頭央選手のように楽天の先頭に立っていけるような、そういった期待を込められていると思うので、1年目からアピールしてチームの顔となれるようにやっていきたい」と語った。

     会見に同席した平石洋介監督は、新入団選手たちの晴れの日に「今日の日を迎えるのを楽しみにしていた。いまの気持ちを忘れず、大事にして頑張ってもらえればと思います」とメッセージを送っていた。 【楽天ドラ1辰己、山崎武司&松井稼頭央の「7」継承 「チームの顔に」】の続きを読む

     楽天は22日、仙台市内で新入団選手発表会見を開き、ドラフトで指名された10人(育成含む)の背番号を発表した。

     巨人、阪神、ソフトバンクとの競合の末、ドラフト1位で入団した辰己涼介外野手(21)=立命大は=「7」。これまで山崎武司、松井稼頭央らが背負った番号をつけることになった。ドラフト2位・太田光捕手(22)=大商大=は「2」を背負う。その他の選手の背番号は以下の通り。

    3位 引地秀一郎投手(18)=倉敷商=「39」

    4位 弓削隼人投手(24)=SUBARU=「23」

    5位 佐藤智輝投手(18)=山形中央高=「61」

    6位 渡辺佳明内野手(21)=明大=「48」

    7位 小郷裕哉外野手(22)=立正大=「51」

    8位 鈴木翔天投手(22)=富士大=「56」

    育成1位 清宮虎多朗投手(18)=八千代松陰高=「135」

     同2位 則本佳樹投手(24)=山岸ロジスターズ=「136」


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000103-sph-base

    このページのトップヘ