狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    最多セーブ

    20181127-OHT1I50135-L

     イースタンの最多セーブ投手賞を受賞した楽天・小野郁
     「NPBアワーズ 2018」が27日、都内で行われ、イースタン・リーグで最多セーブに輝いた楽天・小野郁投手(22)が表彰式に参加。成長著しい4年目右腕は来季へ向けて、1軍の勝利の方程式入りへの覚悟を口にした。

     今季はファームの抑えとしてイースタンで39試合に登板3勝3敗20セーブ、防御率1・86と結果を残した。最多セーブのタイトルも手にし「ファームのクローザーとしていい緊張感の中で投げられて、いい1年になった」とうなずいた。

     だが、1軍ではわずか9試合の登板に終わり、0勝1敗、防御率3・48と定着することはできなかった。5年目となる来季へ向け「しっかり信頼を勝ち取って、勝ち試合の後ろの方で投げたい。僕が投げたら絶対に抑えるといわれるようなピッチャーになりたい」と1軍での定位置取りに意欲を示した。

     守護神・松井は来季、先発に再転向する可能性があり、セットアッパーのハーマンも去就が未定。現時点で勝利の方程式は白紙状態だ。「来年は1軍に定着して、活躍出来るように頑張って行きたい」と小野。ファームでのタイトルをステップとして、大きく羽ばたいていく。(安藤 宏太)

     楽天・小野郁投手(22)が19日、仙台市内で契約更改を行い、50万円増の550万円でサインした。

     プロ4年目の小野は今季、中継ぎとして9登板で0勝1敗、防御率3・48。イースタンでは39登板で3勝3敗、20セーブ、防御率1・86と安定した成績を残してセーブ王にも輝いた。

     1軍での活躍が期待される来季へ向けて右腕は「今年、ファームで抑えをやらせていただいて、1軍に上がった時も気持ち的にはファームで抑えをやっていた時のように、『0点で帰ってくる』という意識でやれました。来年に向けて、一番は制球力を上げるのと、あとは、場面場面で三振を狙いにいくとか、ゴロを打たすとか、考えたことをしっかり試合でできるように練習をしていきたいです。まずは任されたところで結果を残して、その結果、クローザーができればいいですね」と意気込んだ。

    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181119-OHT1T50156.html

    このページのトップヘ