楽天の高卒5年目、古川侑利(22)が通算15試合目の登板にして待望のプロ初勝利を挙げた。先発した5日の巨人戦で5回1失点の好投。6安打3四球と走者は出したものの、臆することなく腕を振った。奪った三振は8。ケレンのない投球で、チームの交流戦初勝利を呼び込んだ。

「ゲームセットの瞬間?いやあ、本当に心の底からうれしかったです。(5年目での初勝利は)本当、長かったです。本当にやっと勝てて、プロ野球選手になれたなという気持ちです」

 2013年のドラフト4位で入団。高卒1年目に一軍デビューを果たしたが、2年目に右ヒジと肩を痛めて苦しんだ。3年目の16年は6試合、4年目の昨季はすべて先発で5試合に登板したものの、白星が遠かった。

「それでも、地元では大ヒーローです。13年夏に絶対的なエースとして母校の有田工(佐賀)を創部114年目にして初の甲子園に導いた。初戦で大垣日大(岐阜)から“歴史的1勝”、地元は大いに沸いた。

 出身の武雄市からは20年ぶり4人目のプロ野球選手ということもあって、自身の名前を冠した『古川侑利杯少年野球大会』が創設されたり、オフに市長と対談したりと、地元の期待を一身に背負っている。待望の初勝利を挙げて、今年のオフはやっと胸を張って凱旋できますね」(地元マスコミ関係者)

 昨年12月には、年上の一般女性とクリスマスイブ入籍。3年半の交際を経て伴侶となった新妻に「早くプロ初勝利をプレゼントできるように頑張ります」と誓っていた。

 この日も、ウイニングボールをどうするか? と聞かれ、「まずは奥さんに見せて、その後は実家に送ります」と即答。最後まで笑顔が絶えなかった。