狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    東日本大震災

    show_img (1)

    4月29日の本拠地開幕戦でも嶋はスピーチ。「絶対に見せましょう、東北の底力を」

     西日本豪雨により多くの人が亡くなり、いまなお、たくさん人が苦しんでいる。

     大きな災害が起きた後、いつも思う。
     プロ野球はどうあるべきか、何をすべきなのだろう、と。

     創刊60年を迎えた週べの歴史を球団別に紹介していく企画。7月は30日発売予定で「東北楽天ゴールデンイーグルス編」を制作している。

     その中で見つけた2011年の記事を加筆、修正し掲載する。

     我々、プロ野球に携わるものみなが忘れてはならない記憶だと思う。

     2011年、楽天にとって特別な試合が用意されていた。
     球団創設7年目で初となる、本拠地での開幕戦だ。
     だが、3月11日、未曽有の大震災が東日本を襲う──。

     本拠地球場がある仙台、そして東北各地に甚大な被害をもたらし、日本中が動揺し、悲しみに包まれた。当然ながら混乱は、開幕を2週間後に控えていたプロ野球にも及んだ。
     
     このとき、セ、パで意見が食い違った。開幕の予定は3月25日のセ・パ同時開催だったが、3月17日には、パが4月12日に延期、セは従来どおりの3月25日の開幕と決定された。

     セの決定には、各所に批判の声が殺到。選手会も開幕延期を要望する声明文を提出し、NPBの監督官庁である文科省も再考をうながした。

     セは一度、29日に延期したのち、再びの反対を受け、ようやく「4月12日セ・パ同時開幕」が決定。新井貴浩(当時阪神)プロ野球選手会会長は「選手会の声、ファンの声がようやく届いた」と涙を浮かべながら語った。 

     当時、楽天の選手の心は大きく揺れ動いていた。
     震災から2日後、巨人の室内練習場で練習。そこで主将の鉄平が心情を吐露した。

    「やっぱり仙台、宮城、東北の方々が心配でなりません。家族もそこにいますから、正直、練習に100パーセント集中はできていません」
     選手会長・嶋基宏の「野球をするよりも、1日でも早く被災地に行って、がれきの一つでも片づけたい」も本音だろう。

     安全面を考慮され、約1カ月続くことになった遠征の間、選手からは「早く戻りたい」の声が続出し、話し合いが深夜に及ぶことも多かったという。
     それでも「帰れないのなら、いまできることをやろう」と、先々で義捐金を募り、物資を被災地へ送った。

     選手が懇願し続けていた帰仙がかなったのは4月7日だった。
     翌日には避難所を訪れ、「遅くなって申し訳ありません」と頭を下げた。

     小学校を訪問した田中将大は、選手の訪問に喜ぶ子どもたちとの間に割り込み、邪魔するような形となった報道陣に対し、「僕たちは、そのために来たんじゃないです」と声を荒げた。

     田中は、避難所で過ごす人たちの強さ、温かさを目の当たりにし、逆に勇気づけられ、あらためて思ったという。「これから、みんなと一緒に戦っていきたい」と……。

     そして4月29日、Kスタ宮城で初めての試合。2万人超の大観衆が声援を送った。
     先発し、完投勝利を飾った田中は「終わってしまうのが、もったいないくらいの声援だった」と振り返った。
     
     いま思えば、開催日をめぐる騒動は、プロ野球と被災者、さらに多くの野球ファンとの距離を確実に広げるものだった。
     にもかかわらず、当時、そのことに気づいていない関係者がたくさんいた。

     当時は、本当にいろいろなことがあった。それらを単純化し、一部だけを美化しようというわけではない。

     ただ、この球界の危機を救った大きな要因が、4月2日、チャリティーマッチとして札幌ドームで行われた日本ハム戦での嶋のスピーチ、言葉の力だったと思う。

     楽天・星野仙一監督は「聞いていて涙がこみ上げてきた」と真っ赤な目で言った。

     全文をあらためて掲載しよう。

     あの大災害、本当にあったことなのか、今でも信じられません。

     僕たちの本拠地であり、住んでいる仙台、東北が今回の地震、津波によって大きな被害を受けました。地震が起きたとき、僕らは兵庫県で試合をしていました。家がある仙台にはもう1カ月も帰れず、横浜、名古屋、神戸、博多、そしてこの札幌など、全国各地を転々としています。

     先日、私たちが神戸で募金活動をしたときに、「前は私たちが助けられたから、今度は私たちが助ける」と声をかけてくださった方がいました。

     いま日本中が東北をはじめとして、震災に遭われた方を応援し、みんなで支え合おうとしています。地震が起きてから眠れない夜を過ごしましたが、選手みんなで「自分たちに何ができるか」「自分たちは何をすべきか」を議論し、考え抜きました。

     いまスポーツの域を超えた「野球の真価」が問われています。

     見せましょう、野球の底力を。
     見せましょう、野球選手の底力を。
     見せましょう、野球ファンの底力を。
     ともに頑張ろう東北! 支え合おうニッポン!

     僕たちは野球の底力を信じて、精いっぱいプレーします。被災地のために、ご協力をお願いいたします

     12日から楽天戦(楽天生命パーク)に臨む中日の一部選手が11日、同球場隣接の室内練習場で練習した。初戦12日先発の山井大介投手(40)も若手に交じって汗を流した。今季初戦で山本昌以来の40代完封勝利。次戦3日の日本ハム戦(札幌ドーム)は6回無失点で2勝目。15イニング無失点の「ドクター0」として注目を浴びている。3勝目を挙げれば、8日のソフトバンク戦(ナゴヤドーム)で、勝利したもう1人の「ダイスケ」松坂大輔投手(37)の勝ち星とも並ぶ。

     山井は「キャンプでやってきたことが、いい感じになっている。勝つことでモチベーションも上がっている。ただ(周囲から)無失点って言われると止まってしまう。明日は1イニング目に取られるよ」と冗談めかして笑った。

     山井は、自らも阪神大震災で被災したこともあり、13年オフから東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の児童養護施設「旭が丘学園」を慰問、寄付金やドラゴンズグッズを届け続けている。「しっかり投げて、オフの再会を楽しみにした」とモチベーションを高めていた。【伊東大介】

    【中日山井、楽天戦へ被災施設慰問しモチベーションに】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/12(土) 22:16:51.38 ID:GZlkIQwz0
    2018年5月10日
    「星の力」—3.11の星空に人々は何を想うのか

    2011年3月11日、東日本大震災の夜、地上の悲惨な状況と対照的に、夜空には満天の星が広がっていた。そして数多くの流れ星。人々はどんな想いで星空を見つめたのか。
    ある人は不安と恐怖の中、運転を続けて疲れ果て、夜空を仰ぎ息をのんだ。「天の星々は溢れる光で私を奮い立たせてくれました」。あの星空は「絶望とは対極の希望の光だったのでは」と感じた。
    またある人は流れ星は天国へ向かう魂だというエピソードを思い出し、その多さに耐えられなくなり目を伏せた。「あれほどつらい星空は、これまでもこれからも決して見ることはないだろう」と言う。

    no title

    プラネタリウム番組「星空とともに」のポスター。番組は仙台市天文台が2012年に制作。震災から7年が経った今も全国に投影の輪が広がっている。(提供:仙台市天文台)
    これらは仙台市天文台が制作したプラネタリウム番組「星空とともに」で紡がれる被災者の体験であり言葉だ。彼らは暗闇で極限状態の中にありながら満天の星を眺め、星の光に希望や無情を感じていた。
    震災を忘れないため、その日の星空とともに人々の想いを伝え残していこうと制作された同番組は、2012年に仙台市天文台だけの投映からスタート。
    年々投映館が広がり、2018年は北海道から鹿児島まで32館で投映された。全国で大きな反響と共感を呼んでいる。

    no title

    「星空とともに」は2011年3月11日午後2時46分、地震発生時の仙台から始まる。(提供:仙台市天文台)
    私の心に深く残ったのは、あるお母さんの言葉。不安な避難所生活中、11歳のお子さんが満面の笑みで「星がね、すごいんだよ」という言葉に頭を上げると、こぼれ落ちてきそうな星空。涙が一気にあふれだした。
    「悲惨な状況でも、美しいものや楽しいものを見つけられる素敵な子どもたちを何としても守っていかねばと、弱気になっていた心に活を入れられた忘れられない夜だった」(「避難所の星空」より
    阿部美奈子さん/2011年3月27日 毎日新聞)。
    星空を見上げる親子の姿やお母さんの気持ちを想像し、涙が止まらなかった。同時に、星がもつパワーを実感した。

    no title

    当日午後6時の星空。仙台の街に明かりはなく、日没後の空に星が輝き始める(提供:仙台市天文台)
    仙台市天文台では全国からの予想以上の反響を受け、「星空とともに」第二章の制作にとりかかるという。どんな番組を目指しているのか。同天文台に高橋博子さんを訪ねた。

    「星が綺麗」と口に出してはいけないと思った
    高橋さんは仙台市天文台で約40年働き、プラネタリウム番組の企画・解説などを行っている。「星空とともに」も高橋さんと同僚の大江宏典さんの二人で企画制作した番組だ。

    実は、高橋さんご自身は3.11当日夜に見た「とんでもなく綺麗な星空」について、語ってはいけないと自制していたという。「今は星を見ている状況ではない」と。
    しかし、天文台が再開し訪れたお客さんから「あの日は星が綺麗でしたね」、「なんで星が綺麗だったんですか」と次々に聞かれて驚き「あの日の星のことを喋っていいんだろうか」と思い始めた。

    震災1年後に仙台市天文台で何ができるかを考え、星空のエピソードを集めてプラネタリウム番組を作ろうと思ったのには、二つのきっかけがあった。
    一つは石巻市で9日ぶりに救出された高校生(当時)が救出までの間どう過ごしたのかを尋ねられ「夜空の星がきれいでした」と語った新聞記事を見たこと。
    「生死を分けるような状況で、なぜ星のことを話したのかと衝撃を受けました」(高橋さん)。

    http://www.mitsubishielectric.co.jp/me/dspace/column/c1805_1.html

    引用元: 3.11の仙台市の夜空、「とんでもなく綺麗」だった

    【3.11の仙台市の夜空、「とんでもなく綺麗」だった 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/11(日) 21:10:45.26 ID:Qh1BkMBC0
    ◆オープン戦 楽天3―0中日(11日・倉敷)

     楽天のドラフト6位・西巻賢二内野手(18)=仙台育英高=が「9番・遊撃」でオープン戦初先発。フル出場を果たしたが4打数無安打に終わり「スタメンで出るのはまた違った緊張感があった」と振り返った。

     この日で東日本大震災から7年。小学5年生の時に福島・会津若松市内の小学校で地震を経験し、所属していた、いわき市・小名浜少年野球教室の活動は約1か月間出来なかった。

     特別な1日にグラウンドに立った18歳は「当時のことは鮮明に覚えている。小学校の教室にいてめっちゃ揺れた。復旧に時間がかかって野球も出来なかった。
    これからは(プロになって)見られる側になるので、ただプレーするのではなくて、笑顔を与えられるようなプレーを見せられるようにしたい」と決意を新たにした。

     梨田監督も「スタメンでというのも、彼にとって大きな一日じゃないかなと思います」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000163-sph-base

    引用元: 【楽天】小学5年で震災経験のドラ6西巻、特別な日にオープン戦初先発「緊張感があった」

    【【楽天】小学5年で震災経験のドラ6西巻、特別な日にオープン戦初先発「緊張感があった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/11(日) 10:13:19.93 ID:UHcDkhj10
     東北を本拠地に置く楽天は11日、東日本大震災から7年となり、球団公式ホームページ上に立花陽三社長と岡島豪郎選手会長が、思いをつづった。楽天は今季も、4月13~15日の西武戦(楽天生命)で「がんばろう東北シリーズ」を開催するなど、復興への活動を続けている。
    この日も中日とのオープン戦が行われる岡山・倉敷で、試合前に募金活動が行われる予定。社長、選手会長のコメントは以下の通り。

    2: 風吹けば狗鷲 2018/03/11(日) 10:13:41.24 ID:UHcDkhj10
     立花社長「東日本大震災から7年。改めまして、震災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に対し、お見舞い申し上げます。
    この7年間、東北各地を訪問させていただき、街の復興が着実に進んでいる一方、まだまだ生活や心の問題を抱えている人々の姿も目の当たりにしてきました。東北を代表するプロスポーツチームとして私たちができることは、野球を通じて東北をもっと元気に、もっと明るくすること。そして再び、東北に日本一という夢と感動をお届けすることだと考えております。
    1つ1つの勝利が少しでも東北の元気に繋がることを信じて、今年も1年闘ってまいります。日本一の東北へ。ともに前に進んでまいりましょう」

    3: 風吹けば狗鷲 2018/03/11(日) 10:13:47.44 ID:UHcDkhj10
    no title


     岡島選手会長「東日本大震災から7年が経ちました。『3・11』は特別な日であり、忘れてはなりません。
    7年経った今でも、復興が半ばで、震災になお苦しむ方がたくさんいらっしゃると聞きます。震災を風化させず、被災地の皆さまに少しでも元気になっていただくためにも、勝つことが被災地の球団である我々の使命だと思っています。
    2013年のあの感動を皆さまともう一度味わうためにも、『東北を再び熱くする』いう熱い気持ち、そして星野さんから培った『勝利への執念』を胸に闘ってまいります。真の復興に向けて、そして『日本一の東北へ』向けて、心を一つに、気持ちを込めてともに闘っていきましょう」

    5: 風吹けば狗鷲 2018/03/11(日) 10:14:00.90 ID:UHcDkhj10

    引用元: 【楽天】岡島選手会長「東北を再び熱くする」東日本大震災から7年、球団公式サイトにメッセージ

    【【楽天】岡島選手会長「東北を再び熱くする」東日本大震災から7年、球団公式サイトにメッセージ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/11(日) 07:55:12.32 ID:iT4q8MiZr
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000010-spnannex-base
    2年ぶり5度目の開幕投手に決定している楽天・則本昂大投手(27)が10日の西武戦(倉敷)で自己最速の159キロを計測し、4回2安打無失点。
    3月30日のロッテとの開幕戦(ZOZOマリン)に向け、進化を証明した。11日は東日本大震災からちょうど7年。
    被災地である仙台に本拠を置く球団のエースは5年ぶりのリーグ優勝を誓った。

     則本は2回、先頭の山川をカーブ2球で簡単に追い込むと3球勝負。
    昨季23本塁打してブレークした大砲の胸元へ投げ込んだ1球にバットは出なかった。
    スコアボードに「159キロ」の数字が映し出されると、球場全体からどよめきが起こった。
    昨年7月15日の球宴第2戦(ZOZOマリン)で出した158キロの自己記録を1キロ更新した。

     「この球場は(スピードガンの)誤作動が多いので、あまり気にしていないです」

     本人は素っ気ないが、この回2死一、二塁の場面の松井への初球でも計測。
    158キロも1球と、誤作動とはいえない力強さがあり、日本人選手では4人目の160キロの大台にまた一歩、近づいた。
    しかも3月の調整段階。佐藤投手コーチも「今日は8割ぐらい」と認める中で叩き出した。
    変化球もスライダーとカーブの2球種のみだったが、強打を誇る西武打線を封じた。

     進化への工夫がある。昨季までセットポジションでは胸元でグラブを構えていたが、この試合ではベルト付近に下げた。
    上半身をリラックスさせ、下半身とのバランスをとる。リリース時に球により力が伝わる形を模索する。
    4回まで4四球で85球を要し「球数が少なければもう1回投げられた」と反省するが、高みを目指す右腕は着実に前進している

    引用元: 震災から7年…楽天・則本 自己新159キロ「背負ってやりたい」

    【震災から7年…楽天・則本 自己新159キロ「背負ってやりたい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ