狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    松坂世代

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/24(月)11:50:00 ID:3Bd


    4週にわたって放送された“松坂世代スペシャル座談会”の最終回に衝撃事実が明かされました。
    秘話を引き出すきっかけを作ったのは森本稀哲さん。座談会の収録に参加できなかったためVTRでの出演。
    集まったメンバーを見てピンときた森本さんは「平石、小谷野、後藤と楽天メンバー(が揃っている)。これ、引退間近の大輔を勧誘する気だ!」と注意を促します。
    この話題について進行役の若狭敬一アナウンサーが、イーグルス・平石洋介監督に振ってみると、「コレ言っていいのかな・・・」と平石監督の口から衝撃的なウラ話が語られたのです。

    「大輔を獲りましょう」―。平石コーチ(当時)がイーグルスの球団社長に進言


    「大輔がホークスを退団した時に、じつはウチの社長に『大輔を獲りましょうよ』と話をしたことがあるんです」

    この話を聞いた松坂大輔投手本人も「知らなかった」と驚きの表情に。若狭アナから「もしイーグルスから入団テストの誘いがあったらどうしていたか?」との問いに、松坂投手が次のように答えます。

    「僕はドラゴンズから先にオファーがあって、ドラゴンズを選んだだけなので」

     松坂投手のこの言葉をそのまま捉えるならば、「先に契約を結んでくれる球団を選んでいた」ということ。

    もしも、約1年前の2017年12月21日に入団テストを行うと発表していなければ・・・。もしも、1月23日の入団テストで即日合格を出していなければ・・・。

    「ドラゴンズ松坂大輔、誕生」は実現されず、喜びと興奮を与えた松坂フィーバーはイーグルスファンのものになっていたのかもしれないのです。
     そんな恐怖もただの幻なのだと、すぐに安堵できる現実を与えてくれたのは他でもなくドラゴンズ球団。
    今となってはまるで無かったことのようになっていますが、松坂投手の獲得に向けた動きが報道された当時は賛否両論がありました。“否”の中には辛らつな発言をされたOBの方もいたほど。だからこそ、英断を下したドラゴンズ球団にはあらためて拍手と喝采を送りたくなります。
    とくに批判を一身に受け止めていたのが森繁和前監督。その男気は忘れられません。

    引用元: 「イーグルス松坂大輔、誕生」の可能性があった衝撃事実

    【「イーグルス松坂大輔、誕生」の可能性があった衝撃事実】の続きを読む

    楽天の新コーチに就任した小谷野栄一1軍打撃コーチ(38)、笘篠誠治1軍外野守備走塁コーチ(54)、後藤武敏2軍打撃コーチ(38)が18日、秋季練習が行われている楽天生命パークで所信表明した。

    特に小谷野、後藤両コーチは平石監督と同期の「松坂世代」。気心の知れた2人の就任に、平石監督も「2人が正式に決まってから松坂から『2人をよろしく』とメールが来ました。一緒にやれるのを楽しみにしていたので、松坂にはそういう返事を返しました」と話した。

    小谷野打撃コーチは就任にあたり「自分では(楽天のユニホームは)違和感ないと思うんですけど、同い年の(渡辺)直人とか久保(裕也)ちゃんとかに『全然似合ってない』って言われました。これから似合うようになっていきたい」と笑顔で話した。

    チームの印象は「選手たちがあんなに振れるとは思わなかった。良いところをどんどん伸ばしていってもらえれば」。その上で指導法については「技術的なことを細かく言うより、ここには能力のある選手たちがいる。選手たちがやりやすい環境を整えて、毎日楽しく野球ができる環境をつくっていきたい」と説明。若手の内田や田中ら、将来チームを背負っていく大器たちが伸び伸び育つ環境づくりを第一に挙げた。

    20181018-OHT1I50045-L

     腕組みをして選手に視線を送る後藤コーチ

     来季のコーチに就任することが決まった楽天・後藤武敏2軍打撃コーチ(38)が18日、本拠地の楽天生命パークで行われた秋季練習に参加した。

     今季限りでDeNAを現役引退し、楽天の2軍打撃コーチに就任。17日から秋季練習で指導を初め「チームは違うけど、またユニホームを着られる喜びを感じている」と話した。

     平石監督とは同じ1980年生まれの「松坂世代」。横浜高の後藤コーチとPL学園高の平石監督は1998年夏の甲子園準々決勝で延長17回の死闘を繰り広げた縁もある。後藤コーチは「同世代で、松坂世代では初の監督ですし、なんとか男にしたいと思っています」と決意を口にした。


    20181018-OHT1I50044-L


     練習を見守る、楽天・小谷野コーチ

     来季のコーチに就任することが決まった楽天・小谷野栄一打撃コーチ(38)が18日、本拠地の楽天生命パークで行われた秋季練習に参加した。

     17日に始まった秋季練習から楽天のユニホームに袖を通した小谷野コーチ。現役時代は日本ハム、オリックスに所属し、楽天のユニホームは初めてとあって同学年で現役選手の久保、渡辺直からは「似合っていない」と指摘され「自分では違和感なく着こなせているかなと思いますけど、同年代の(渡辺)直人とか久保ちゃんとかに『全然似合っていない』と言われたので、これから似合うようになればいいかなと思います」と苦笑いした。

     平石監督とは同じ1980年生まれの「松坂世代」。これまでもプライベートで親交も深く「野球観をお互い話す機会もここ数年すごくあった。上に立つ人間だなと感じていた。一緒にやれるので、自分も力になりたいと思わせてくれる素晴らしい人間だと思う」と最大限のサポートを約束していた。

    20180909s00001173312000p_view

    <楽・日>9回から登板し、1イニングを1安打無失点に抑えた久保(撮影・篠原岳夫)

    Photo By スポニチ

      ◇パ・リーグ 楽天1―3日本ハム(2018年9月9日 楽天生命パーク)

     BCリーグ・栃木で引退試合を行った村田と同学年の楽天・久保が9回に登板し、1安打無失点に抑えた。村田とは同じ福岡県出身で沖学園東海大、プロ入り後も対戦。巨人では同僚だった。

     「高校時代は東福岡が(県内で)群を抜いていた。(村田は)次元の違う世界に住んでいる人間で、いろいろな面で意識していた」と振り返り「寂しい」とポツリ。プレーしたくてもできない同世代のためにも全力プレーを続けていく。

     ▼楽天・藤平(6回3失点で6敗目)ブルペンでの状態を試合で出せなかった。(6四球などで)相手に自分から流れを渡している。 【村田は“群を抜く存在”…同学年の楽天・久保 引退に「寂しい」】の続きを読む

    show_img (2)

     7月13、14日に開催されたオールスターゲーム2018では若手からベテランまで幅広く選出され、見応えある戦いとなった。その中でも話題を集めたのが上原浩治(巨人)と松坂大輔(中日)のベテラン勢。特に松坂は日本球界復帰4年目、背水の思いで挑んだシーズンに復活の兆しを見せ、ファン投票1位で選出された。その松坂世代のひとりで、違う立場としてベンチにいたのが楽天の平石洋介監督代行だ。松坂とは甲子園で戦った“盟友”でもある。まったく違うプロ野球人生を歩んできたが、刺激し合える仲だ。

    「野球以外の話もしますし、お互いに激励し合ったりもします。ああやって頑張っている姿を見るといい刺激を受けますね」

     松坂は、日本球界に復帰したソフトバンクで、3年の在籍で一軍登板はわずか1試合。その姿に心ない言葉もあった。「でも、あれだけ頑張ってきた人間でね、(野球ができる)環境があって本人が続けたいんだったら続けるべきだし、やるべき」と平石監督代行は力強く語った。

    「みんなクビになるのが普通な中で、なかなかそういう人っていないじゃないですか。周りがやめるのを決めるわけではないから。本当に素晴らしいことだと思いますけどね。実際こうやって、復活というか、新しい姿を見せてくれている。ものすごく刺激は受けます」

     1998年の夏の甲子園では延長17回の死闘を繰り広げた2人。松坂は横浜高のエースとして、平石監督代行はPL学園高のキャプテンとしてそこにいた。そして松坂はプロ、さらにメジャーへとスターの階段を駆け上がった。一方で大学、社会人を経て、楽天創設年にルーキーとして入団した平石監督代行は2011年シーズン終了後に現役を引退。翌年から球団初の生え抜きコーチとして球団に残り、今では指揮官としてチーム再建に奮闘している。20年経ってもチーム内でのお互いの役割はあまり変わらないようだ。
     
     昨日からチームにとっても自身にとっても勝負の後半戦が始まった。

    「最後まであきらめない姿勢をファンの皆さんに見せたい」

     平石監督代行はあのころのように見る者を再び熱くすることができるだろうか。その手腕に注目だ。

     6月13日発売の週刊ベースボールでは、松坂世代特集が組まれる。その中で、現役の松坂世代の一人、楽天・久保裕也にインタビューをした。穏やかな雰囲気をまとう久保は、太陽のような光を放つ松坂大輔とは対照的にも思えた。

     4月30日のDeNA戦、松坂が日本球界で4241日ぶりの勝利を挙げた。お立ち台では「小さい子たちは僕が誰だか分からない子も多いと思うので、また顔を覚えてもらえるように頑張りたいと思います」とコメント。一世を風靡した男の復活宣言に、ナゴヤドームは沸き上がった。一世を風靡したとまではいかなくても、2010年にはオールスターにも出場している久保。この言葉には共感を覚えたのではないかと聞いてみると「意外とそうでもないですよ」と返ってきた。

     巨人時代のまだ若いころの話だ。

    「一人暮らしを始めてすぐ、原辰徳監督(当時)がよく行くお寿司屋さんに、あえてジャージを着て行ったんです。気づいてもらえるだろうと思って……。そうしたら、『お兄さん、学生さん?』って言われました(苦笑)」

     スターぞろいの中で久保が放つ穏やかな光は、なかなかファンまでは届かなかったようだ。

    「ジャイアンツ時代、『11番誰? 11番誰!?』と話す子どもたちに『久保だよ、久保だよ~』って自分で言っていましたから(笑)」

     黄金世代の一人とはいえ、その歩んできた道のりは大きく違う。それでも、松坂と同じように長くトップの世界で生き続けている。

    「プロでここまでやってきたわけだから、やっぱり最後もプロで終わりたい」

     戦力外を通告されても、プロ以外の道は考えなかった。柔軟で謙虚な考え方ができる一方で、プロで生き抜かんとする強い意志が、久保のプロ野球人生を支えているのだ。

     決してギラギラした道を歩んできたわけではないが、16年目の今季も、確かにプロ野球界にその足跡を刻んでいる。酸いも甘いも知るからこそ、衰えることがない探究心。その奥深い考えと強い決意については、週刊ベースボールで読んでいただきたい。

    【松坂の言葉に「共感を覚えたのでは?」の問いに「意外とそうでもないですよ」と言った楽天・久保裕也】の続きを読む

    このページのトップヘ