狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    横浜高校

    【楽天】藤平、先輩・涌井との対決にワクワク

     楽天・藤平尚真投手(19)が23日、ロッテ・涌井との投げ合いへ、心を躍らせた。26日のロッテ戦(楽天生命)は藤平と涌井が先発予定で、横浜高のOB対決が濃厚。これまで藤平は「横浜高出身の人にとって、松坂さんと涌井さんは特別な方」と繰り返すほど尊敬しており、「高校の頃から目指してきた方。同じマウンドに上がれるのは楽しみ」と目を輝かせた。12歳年上でプロ通算124勝の涌井。藤平は「できるだけマウンドを見ていろいろ学びたい」と、学びの場とする考えも明かした。それでも勝負に負けるつもりはなく、「少しでもいいピッチャーだなと思ってもらえるようにしたい」と、決意を示した。

     この日は楽天生命パークで調整。いまだに白星のない本拠地のマウンドの感触も投球練習をして確かめ、「仙台で初勝利できるように頑張ります」と意気込んだ。前回登板のソフトバンク戦(ヤフオクD)は7回無失点で今季初白星。絶好調の19歳が大先輩に挑む。(安藤 宏太)

    【【楽天】藤平、先輩・涌井との対決にワクワク】の続きを読む


    4/19(木) 22:08配信

    デイリースポーツ

     19日に開催されたプロ野球では、中日・松坂大輔投手(37)、ロッテ・涌井秀章投手(31)、楽天・藤平尚真投手(19)と高校時代に甲子園を沸かせた名門・横浜高を代表する3投手が先発した。
    099C9613-3771-43F1-A6A0-450BC55152E9

    【写真】勝ち星は楽天・藤平だけ…ファンの歓声に応える

     甲子園春夏連覇など説明不要の“平成の怪物”松坂は阪神戦(ナゴド)で中日移籍後2度目の先発。西武時代の2006年9月19日ソフトバンク戦以来、4230日ぶりの日本球界での白星を目指した。ピンチを度々招きながらも7回4安打2失点と踏みとどまるが、打線の奮起がなく、阪神に1-2で敗れ、自身も2敗目となった。

     高校時代「松坂二世」と呼ばれた涌井はオリックス戦(ZOZO)に先発し、7回2/3を6安打3失点。打線が散発3安打と沈黙し、チームは0-3で完封負けした。涌井は1勝2敗となった。

     藤平はソフトバンク戦(ヤフオク)に先発。5連勝中の相手に対し、7回2安打無失点で今季3度目の登板で初勝利を挙げた。

     世代を超えた横浜のエース3投手は全員それなりに好投したが、勝ち星は藤平だけという、明暗を分ける結果となった。

    【松坂、涌井、藤平…横浜高校歴代エースが各地で“競演”】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/14(水) 08:53:20.68 ID:0AXzz+O70
    ◆オープン戦 DeNA7―1楽天(13日・静岡)

     思いっきり向かっていった。楽天の藤平は侍ジャパンの主砲で横浜高の先輩・筒香との初対戦に自然と力が入った。初回2死。1ストライクから、この日最速147キロの内角直球。ボールは力なく上がった。結果的にファウルゾーンで嶋が落球(記録は失策)し、続く球を左前安打とされた。「雰囲気もあって特別に抑えたいという気持ちが前面に出たボールだった。ああいう勝負ができて楽しかった」と振り返った。

     その後の対戦は四球、中飛で2打数1安打。高卒2年目右腕にとっては夢のような時間だった。11球を投げて一度も空振りを取れず「次戦うときは、直球で空振りを取れるようにしたい」とリベンジを誓った。

     4回には同じく横浜高出身の倉本に3ランを被弾し、6回8安打4失点。変化球の制球に苦しんで直球に頼らざるを得なくなり、8安打中6本が直球を狙われた。初の開幕ローテはすでに当確となっている19歳は「変化球が良くなれば、直球ももっと良くなる」と自らに言い聞かせていた。(安藤 宏太)

    5: 風吹けば狗鷲 2018/03/14(水) 08:55:09.90 ID:0AXzz+O70
    no title


    1回2死、筒香(手前)に左前打を打たれる藤平

    引用元: 【楽天】藤平、横浜高の先輩・筒香と初対戦「楽しかった」

    【【楽天】藤平、横浜高の先輩・筒香と初対戦「楽しかった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/13(火) 06:58:30.70 ID:CM1Of2DJ0
    no title

    no title

     楽天・藤平尚真投手(19)が12日、「筒香斬り」を誓った。13日のDeNA戦(静岡)で先発する右腕は、静岡・草薙球場でキャッチボールやランニングで調整。
    横浜高の先輩で侍ジャパンの4番でもある筒香との初対戦へ、「いつでも対戦できるバッターではないので、特別な気持ちを持って若々しく向かっていきたい」と意気込んだ。

     2016年10月にドラフトで指名された際にも、「筒香選手は憧れでもあり、戦ってみたい」と名前を挙げ、オフには横浜高OBの集まりで対面。
    「一緒に頑張ろう」と、優しく声をかけてもらった。対戦に向けて「(抑えるイメージが)ないですね。直球にはかなり強いと思う。
    直球だけで抑えようとも思っていない」と少し弱気になりながらも、「直球で押していきたい。どんどん向かっていって、どれだけ通用するか試せるチャンスだと思う」と、決意を新たにした。(安藤 宏太)

    引用元: 【楽天】藤平、横浜高の先輩「筒香斬り」誓う

    【【楽天】藤平、横浜高の先輩「筒香斬り」誓う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/12(月) 13:01:24.80 ID:MQKO8vd/0
    no title

     復活をかける盟友のマウンドに、密かに胸を熱くした人がいた。4日、ナゴヤドームでのオープン戦に登板した中日・松坂大輔投手(37)を、敵ベンチから見つめた楽天・平石洋介ヘッドコーチ兼打撃コーチ(37)だ。

     同コーチは言わずと知れた「松坂世代」の1人。PL学園時代はキャプテンを務め、98年夏の甲子園で松坂を擁した横浜高と延長十七回の死闘を繰り広げたのは、あまりに有名だ。
    大熱戦の末に怪物の前に敗れたが、今なお、球史に残る伝説の一戦として語り継がれている。名門PLの主将だった平石ヘッドにとって、松坂はいわば宿敵であり、永遠の盟友でもある。

     登板前日の3日にはは、メールのやり取りも交わした2人。試合後、同ヘッドは端正なマスクを崩し声を弾ませた。「めちゃくちゃうれしかったです。大輔がああやって投げているのは」-。

    引用元: 復活かける中日・松坂に「松坂世代」の盟友がエール 楽天・平石「ずっと頑張って」

    【復活かける中日・松坂に「松坂世代」の盟友がエール 楽天・平石「ずっと頑張って」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/08/12(土) 21:13:31.48 ID:Q1YHt/Nh0
    no title

    no title

    引用元: 楽天藤平が横浜高校の増田に送ったLINEの返信が格好良すぎる件!!!!!! t

    【楽天藤平が横浜高校の増田に送ったLINEの返信が格好良すぎる件!!!!!!】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/04/25(火) 05:10:54.44 ID:7Z5FgBEu0
     楽天のドラフト1位右腕・藤平尚真投手(18)が来月に1軍デビューする可能性が高いことが24日、分かった。
    当初は8月デビューの構想だったが、複数の球団関係者によると、イースタン・リーグで防御率1・71の好投を受け、前倒しの昇格を検討。
    5月26日から本拠のKoboパーク宮城で行われる西武との3連戦での先発が有力。
    現在、13勝4敗でパ・リーグ首位を走るチームに新たな力が加わることになる。

     藤平が“スピード出世”を手にしそうだ。球団は当初、高卒ルーキーをじっくりと育てる方針で、梨田監督も「焦らせるのは良くない。ケガをしてもいけないし。
    7月とか8月とか、夏ぐらいに上がってきてくれれば」と話していた。
    そのため、2月の久米島キャンプこそ1軍でスタートさせたが、対外試合が増える沖縄・金武町でのキャンプへ移動後は、2軍で調整を重ねてきた。

     それでも、横浜高時代に最速152キロをマークした右腕の成長曲線は想像を超えていた。
    イースタン・リーグの開幕戦となった3月20日のDeNA戦(横須賀)で先発すると、3回1安打無失点の快投。
    4月22日のヤクルト戦(戸田)では7回1安打無失点、7奪三振を記録した。
    これまで同リーグ5試合で1勝0敗、防御率1・71。球団関係者も「投球内容は素晴らしいし、1軍でも通用すると思う」と高評価を与えた。
    2軍の打者相手で経験を積むよりも、1軍で課題を見つける方がさらなる成長を促すとの考えもある。
    球団内でも、5月の1軍昇格へ向けた検討を開始した。

     関係者の話を総合すると、6連戦が組まれる5月第4週の中で、同26日から本拠地で行われる西武3連戦での先発が有力だ。
    現在、先発は岸、美馬、則本、辛島、釜田、戸村の6人がいるが、岸が腰の痛みを訴えて23日のソフトバンク戦の先発を直前で回避するなど万全な状態ではない。
    同戦で代役先発した戸村も、本来はロングリリーフのできる中継ぎだ。藤平が先発に加われば、首位を走るチームに新風を吹き込むことが可能となる。

     高卒1年目のルーキーの初先発勝利は、15年に安楽が記録して以来、2人目の快挙となる。
    3月1日に横浜市内で行われた横浜高の卒業式で「1軍に上がるチャンスが回ってくると信じて、2軍で結果を出したい」と話していた藤平が、自らの実力で1軍先発の座をつかもうとしている。

     ◆藤平 尚真(ふじひら・しょうま)1998年(平10)9月21日、千葉県生まれの18歳。
    中2春に千葉シニアで全国優勝。横浜では1年秋からエースとなり、3年夏に甲子園初出場。2回戦で寺島(現ヤクルト)擁する履正社に敗れたが、6回1/3を無失点に抑えた。
    大会後のU―18アジア野球選手権に選出され優勝に貢献。昨秋ドラフト1位で入団。今季年俸1500万円(推定)。1メートル85、85キロ。右投げ右打ち。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000006-spnannex-base
    no title

    引用元: 【朗報】楽天ドラ1藤平 5月1軍デビューへ 2軍で好投し“スピード出世”【目覚める神童】 

    【【朗報】楽天ドラ1藤平 5月1軍デビューへ 2軍で好投し“スピード出世”【目覚める神童】 】の続きを読む

    このページのトップヘ