狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    武者修行

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/25(土) 14:35:39.32 ID:IcUZj1U00
    no title

    楽天・オコエ瑠偉【写真:荒川祐史】

    DeNA乙坂も活躍している今年のメキシコウインターリーグ
     メキシコのウインターリーグに参加する楽天・オコエ瑠偉外野手が現地メディアで特集されている。メキシコの野球専門メディア「AlBat」が「ルイ・オコエがカネロス・デ・ロスモチスを強化」との見出しで特集している。


     プロ2年目を130打数39安打、打率.300、3本塁打、11打点、5盗塁の成績で終えた20歳はオフに侍ジャパンに選出され、「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」(11月16日~19日・東京ドーム)に出場した。

     契約更改で「野球を恋人として頑張りたい」と誓っていたオコエはオフも貪欲に成長を目指す計画で、メキシコのウインターリーグ参戦を経て、年明けにはバリー・ボンズ氏が経営する米・サンフランシスコのジムでトレーニングに励む予定。
    そんな中、メキシコの野球専門メディアはウインターリーグに参戦するオコエを特集。「日本の約束された野球選手」と評し、カネロス・デ・ロスモチスが「ダイナミズムを与えるため」にオコエ瑠偉を加入させるとレポートした。また、同選手の経歴にも触れた上で、「力強さとスピードが傑出している」などその特徴を紹介している。

     現在、メキシコのウインターリーグではDeNAの乙坂智外野手が好調な打撃を披露。ヤキス・デ・オブレゴンの一員として出場し、現地23日時点で11試合連続ヒット、打率5割超えの活躍を見せている。成長を目指すオコエも現地でインパクトを残せるか、注目だ。

    3: 風吹けば狗鷲 2017/11/25(土) 14:36:23.40 ID:IcUZj1U00

    引用元: メキシコWL参加の楽天オコエ、現地メディアが特集「約束された野球選手」

    【メキシコWL参加の楽天オコエ、現地メディアが特集「約束された野球選手」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/04(土) 07:30:39.81 ID:CAP_USER9
    楽天のオコエ瑠偉外野手(20)が3日、オフの海外武者修行を明かした。
    侍ジャパンの一員として「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(16~19日、東京D)に参加後、
    メキシコのウィンターリーグに参加予定。さらに年明けには、米サンディエゴで自主トレを行う予定だ。

    勝負の3年目へ、野球漬けのオフを送る。昨年、森が派遣されたメキシコのウィンターリーグへの参加を自ら希望。
    詳細は未定だが12月中旬まで、現地で実戦に参加する見込みだ。
    「違う野球を見てみたいというのもあった。ちゃんとした結果を出すまで、1年中、野球やります」と強い決意を語った。

    自主トレも、球団から紹介された米サンディエゴの施設で行うことを検討中。
    メキシコへ渡る前に、現地でジムを視察する予定だ。
    「フォームも変えなきゃいけないと思ってるし、もっと上を目指したい」。休むことなく、レベルアップを目指していく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000019-sph-base
    11/4(土) 7:22配信

    no title


    引用元: 【野球】楽天 オコエ、オフは海外武者修行!メキシコ冬季リーグ&米自主トレ

    【【野球】楽天 オコエ、オフは海外武者修行!メキシコ冬季リーグ&米自主トレ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/11/04(金) 17:18:20.69 ID:CBFC8/P30
    no title


     【球界ここだけの話】

     楽天の左腕、森雄大投手(22)が、メキシコに野球留学することになった。7日に渡航、カニェロスに所属し、12月中旬までウインターリーグに参加する。

     「自分の力を試したいです。新しいものを見つけたいです。いまは不安よりもワクワク感の方が強くて、早く投げたい気持ちです」

     2013年に東福岡高からドラフト1位で入団した。今季は1軍での登板機会はなし。2軍では左肩付近の血行障害などに悩まされ、9試合の登板にとどまり、3勝3敗、防御率3・93だった。

     13年入団といえば、日本ハム・大谷、阪神では藤浪と北條、広島・鈴木、ロッテ・田村らが次々とブレーク。ライバルたちの活躍を映像で見るたびに、森は焦りを感じてきた。

     「同期には負けたくないから、メキシコで殻を破りたいです。(同期が活躍する中で)1軍にいられない悔しさがありました」

     入団から大器と評された左腕。球団からの期待値は高いが、伸び悩んでいる。与田投手コーチは「制球力やクイックのスピードなど課題はいくつもあるが、勝つという意識が足りない」と精神面の弱さを指摘した。

     実は、与田コーチも1996年夏に米マイナー、2Aメンフィス(当時)に野球留学。その頃の経験を振り返り
    「選手が使っている野球道具にしても、着ている服や日常の食事、乗っている車だったり。それらと比べると、はるかに日本の2軍の方が恵まれた環境にある。ハングリー精神も吸収し、これでダメなら野球をやめる覚悟で臨んでほしい」と付け加えた。

     梨田監督も期待を寄せる。「ドラフト1位で入団して伸び悩んでいる。いい球は持っているのに、継続して投げられない。いろいろな面で挑戦して、ひと皮でも、ふた皮でもむけて帰ってきてほしい」とエールを送った。

     森は「チェンジアップを決め球に使えるように精度を上げる。直球と変化球も、コースを狙うのではなく大きく強く投げたいです」と意気込む。
    いざ、メキシコへ-。文化の違いや言葉の壁を乗り越え、5年目のシーズンへつなげてもらいたい。(広岡浩二)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000520-sanspo-base

    引用元: 楽天の左腕・森、メキシコ修行決定 同期の大谷、藤浪、鈴木には負けられない! 

    【楽天の左腕・森、メキシコ修行決定 同期の大谷、藤浪、鈴木には負けられない!】の続きを読む

    このページのトップヘ