狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    潮崎哲也

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 13:16:05.55 ID:YEFpVB0V0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000018-tospoweb-base


     西武が作戦面を担当する来季のコーチに、今季限りで楽天を退団する橋上秀樹ヘッドコーチ(49)を招聘することが1日、分かった。

     橋上氏はヤクルトでの現役時代、知将・野村克也監督の下でID野球を学び、2005年の楽天創設年から二軍外野守備・走塁コーチに就任。07年からは恩師・野村監督の下でヘッドコーチに昇格し、12年からは巨人の一軍戦略コーチ、打撃コーチとして手腕を振るいチームの3連覇に貢献した。

     6年ぶりの楽天復帰となった今季は三木谷オーナーの現場介入問題の余波を受け、大久保監督とともにチームを去ることが決定している。

     今季の西武は2年目の森友哉捕手(20)がブレークし、秋山翔吾外野手、中村剛也内野手(32)、ルーキー・高橋光成投手(18)の3人で計4度の月間MVPを獲得しながら、結果は首位に20ゲーム差以上離された3位争いとチグハグなチーム成績を余儀なくされた。前半戦は最大11の貯金を抱えて優勝争いを展開しながら、7月15日から球団ワーストの13連敗。また日本ハム・大谷翔平投手(21)にパ5球団最多の5勝を献上するなど、ベンチは選手個々の技量任せでチームとしての戦略が見えない無策ぶりをさらした。

     そこで作戦面での補強として橋上氏に白羽の矢を立て、周辺調査を水面下で開始していた。球団は今季最終戦となった1日のオリックス戦(京セラ)前に居郷球団社長が田辺監督の来季続投を発表。今後は17年の潮崎政権誕生が既定路線となっている。橋上氏は本紙の直撃に「何も正式な話は聞いていないが、名前を出してもらえることは光栄なこと」と語るにとどめたが、西武は橋上氏の楽天での最終戦となる6日ロッテ戦(コボスタ宮城)終了を待って正式オファーを出すことになる。

    引用元: 【朗報】西武 楽天退団の橋上ヘッドを招へい

    【【朗報】西武 楽天退団の橋上ヘッドを招へい】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 06:12:30.65 ID:FcQGGYFv0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000002-tospoweb-base
     西武の一部関係者の間で、今季限りで退任を決意している「デーブ」こと楽天・大久保博元監督(48)の復帰待望論が噴出している。

     西武と大久保監督といえば二軍打撃コーチ在籍中の2010年、菊池雄星投手(24)への暴力事件を発端に解任。その後は裁判沙汰となり、大久保監督は西武から“永久追放処分”を受けたに等しい。
    球団幹部はいまだに「あの問題を風化させてはならない」(鈴木球団本部長)と重大なコンプライアンス違反を犯した大久保監督への恨みを忘れておらず「楽天監督退任→即西武復帰」というシナリオは120%ないと断定していい。

     しかし、それを承知の上でチーム内には「今のウチにはデーブさんのような作戦コーチが必要」と監督としてではなく、有能な参謀としてアクの強いコーチの必要性が叫ばれているのだ。ある関係者はいう。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 06:13:04.08 ID:FcQGGYFv0.net
    「確かに現場の長として多くの権限を与えてしまうと問題が起こるかもしれない。ただ、モチベーターとしてのデーブの最適なポジションは明らかに作戦コーチという役割。
    08年の日本一も(打撃コーチの)デーブの存在なしにはありえなかったし、選手への的確な指示やミーティングで人心をつかむ言葉の力は認めざるをえない。
    もし仮に今年、一人でもデーブのような、悪い状況でモノが言えるコーチがいたら13連敗のようなことは起きなかったと思う」

     次期監督就任が既定路線となっている潮崎哲也二軍監督(46)までのつなぎ役といわれる田辺監督の本分は若手の育成。
    これを支えるコーチ陣も外様の袴田ヘッドをはじめ横田、土肥両投手コーチ、阿部打撃コーチと新任が3人もいては「勝てる体制」とは到底言い難い。
    西武が勝てる軍団に再浮上するために、現場は“勝つための人材”をフロントに要望しているのだ。

    引用元: 今季限り退任の楽天・デーブ 西武に復帰待望論

    【今季限り退任の楽天・デーブ 西武に復帰待望論】の続きを読む

    このページのトップヘ