狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    父親

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/24(木) 22:34:56.12 ID:OHwWTZpD0
    no title

    楽天から2位指名を受けた智弁和歌山・黒川(右)は三木監督からあいさつを受けた(撮影・島根純)
    黒川さん、お願いします! 楽天からドラフト2位で指名された智弁和歌山・黒川史陽内野手(18)が24日、三木肇監督らから和歌山市内の同校であいさつを受けた。

    不思議な縁をかみしめた。黒川の父・洋行さんは上宮高で三木監督の2学年上の先輩で、センバツ優勝を果たした。黒川が「父は練習をしなかったらしいんですけど、三木さんが1年生で入ってきて、レギュラーを取られそうになって練習したらしいです」と笑わせると、
    指揮官は「お父さんにちょっと似ているね。黒川先輩の息子さんが相当うまいというのが上宮高の仲間では有名だった。こうやって指名させてもらって縁を感じる」と笑みを浮かべた。

    引用元: 楽天三木監督「黒川さん」ドラフト2位は先輩の息子

    【楽天三木監督「黒川さん」ドラフト2位は先輩の息子 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/23(火) 22:13:19.22 ID:ZNWQsykg0
    no title

    北京五輪日本代表当時の星野さん(写真:夕刊フジ)
     【追悼・星野仙一 鉄拳制裁】

     「おまえら最低や! 男が気を使ってやらな、いかんやないか!」

     怒声がホテルの宴会場内に響き渡った。

     星野さんには2008年北京五輪日本代表監督当時、担当記者としてお世話になった。サービス精神旺盛で、数人~十数人の記者との“お茶会”を頻繁に開いてくれた。あれは五輪本戦直前、ジャイアンツ球場で行われた合宿練習期間中のことだった。

     練習終了後、宿舎ホテルで開かれたお茶会に、女性記者が1人遅れてやってきた。すでに10人前後の記者たちが何杯目かのコーヒーを手にしていて、星野さんはすかさず「君も何か注文しなさい」と声をかけた。

     ところが約1時間後の終了時、テーブルの上を見て、その女性記者が遠慮して何も注文していなかったことに気付いた。その瞬間、周囲の男性記者陣を見回し、冒頭の怒声を上げたのである。

     正直言って、怒るほどのことではないだろうと思ったが、星野さんは事ほどさように、希代のフェミニストだった。

     重そうなカメラ機材を背負って歩く小柄な女性カメラマンを見ると、関係のない他社の男性カメラマンに「おまえが持ってやれ」とむちゃぶりしていた。

     それも、父親を早くに亡くし母の女手ひとつで育てられたからなのかもしれない。

     「おれは“片親”の選手を育てるのが得意なんや」と口にしたこともある。実際、ドラフトで指名した選手の母親に対する“殺し文句”は「私が父親代わりになります」だったりした。

     アルコールは一滴も受け付けず、お茶会ではコーヒーとタバコをせわしなく交互に口にしていた。コーヒーは1日10杯を軽く超えたと思う。

     寝付きが悪く「酔っ払って眠れる田淵(幸一氏=元阪神、楽天コーチ)や、(山本)浩二(元広島監督)がうらやましい」とこぼしていた。

     北京五輪前年の11月、宮崎強化合宿中のある日のこと。午後9時ごろ、他の報道陣が引き揚げてしまっても、私はこれといったネタもつかめないまま、宿舎ホテルの1階ロビー付近でぽつねんとしていた。
    そこにトレーナー姿の星野さんが突然現れ、就寝前で手持ちぶさただったのか、当時はまだ面識も薄かった私を喫茶スペースに誘い、そこから約2時間もお話しをしていただいた。

     男とは何かを教わった気がしています。本当にお世話になりました。(宮脇広久)

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/23(火) 22:13:44.55 ID:ZNWQsykg0

    引用元: 星野さん、ドラフト指名選手の母親への“殺し文句”は「私が父親代わりになります」

    【星野さん、ドラフト指名選手の母親への“殺し文句”は「私が父親代わりになります」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/15(水) 10:31:26.39 ID:L+OGKnRZ0
    ◆練習試合 楽天8-4韓国ハンファ=特別ルール=(14日、金武)

     楽天の中川大志内野手(26)は14日、逆転満弾で強烈にアピールした。初回、1点を返しなおも1死満塁から、甘く入った変化球を左中間へ放り込んだ。昨年12月、父・明智氏が56歳の若さで死去。愛知・桜丘高1年時には監督も務めていた父への恩返しのため、1軍に生き残ることを誓った。

     完璧に捉えた打球は、美しく放物線を描いて左中間の防球ネットを直撃した。3点を追う、1回1死満塁。浮いてきた初球のカーブを、迷いなく振り切った。
    「今日のテーマはファーストストライクから、力強いスイングをすることだった。真っすぐを打つイメージから、うまく反応できました」。会心のグランドスラムに、うなずいて見せた。

     強い思いがある。昨年12月2日、父・明智氏が死去。
    「野球が大好きで、僕のことを応援してくれていた。寂しいですけど、何とか1軍でプレーする姿を見せてあげられたらなと思います。頑張っている姿を見せられるようにしたい」。
    プロへと導いてくれた父のためにも、激しい競争を勝ち抜く覚悟だ。

     今季初の対外試合に逆転勝ち。梨田昌孝監督(63)も「効果的でチームを救ってくれた。しっかり振れる体力もついた。魅力を持っている選手。あれでガラッと変わった」と絶賛した。
    15年には一時4番も務めた右の大砲。誰よりも応援してくれた“恩師”へ、雄姿を届け続ける。(山口 泰史)
    83DB22B7-FD85-4C9F-BA2F-E9F82E16D676-3628-0000030EC49BBE08_tmp

    引用元: 楽天中川、亡き父親にささげる満塁ホームラン 

    【楽天中川、亡き父親にささげる満塁ホームラン】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/12/25(日) 20:23:37.39 ID:Iq4HqUOn0XMAS
    http://www.asahi.com/articles/ASJDT5567JDTUTQP01G.html

     プロ野球楽天のオコエ瑠偉外野手(19)が28日に出国し、父親の祖国であるナイジェリアを初めて訪問する。

     滞在期間は1週間ほどで、予定は目白押し。首都アブジャで野球教室を開き、地元チームの試合も観戦。野球少年には楽天の野球帽を配り、スポーツ大臣や野球連盟の会長とも会談するという。

     「自分のルーツを知る機会。すごく楽しみ」とオコエ。日本とナイジェリアの懸け橋になれるか。
    no title


    【オコエ、ナイジェリアへ行く】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/23(日) 05:38:08.83 ID:JyhMk56dM
    楽天・オコエ瑠偉外野手(19)が年末に父・ボニーさんの故郷ナイジェリアを初訪問することが22日、明らかになった。
    年始にかけて滞在する予定で「自分のルーツであるナイジェリア。その景色を目に焼き付けてきたい」と思いをはせた。

    オコエはかねて、“里帰り”を熱望していた。
    「自分の血が入っている国。ずっと行きたいと思っていました」。
    自らの源に触れ、プロ2年目を迎える来季に向けて気持ちを新たにする。期間は約1週間を予定。
    アフリカ大陸のほぼ中央に位置するナイジェリアは、日本からの移動時間は最低でも20時間を要するが、「リフレッシュしてきたいです」と無邪気な笑顔が弾んだ。

    台湾で行われるアジアウインターリーグ(11月25日~12月15日)に、イースタン選抜メンバーとして派遣が決まるなど、今オフは充実の予感が漂う。
    2017年をナイジェリアで迎えるオコエが、2年目の進化を目指す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000002-dal-base
    デイリースポーツ 10月23日(日)5時2分配信

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=-3TsZAcULAU


    遂に出た! 楽天・オコエ瑠偉 待望のプロ初ホームラン

    引用元: オコエ、ナイジェリアに帰国!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 

    【オコエ、ナイジェリアへ】の続きを読む

    このページのトップヘ