狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    球速

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/24(金) 23:33:54.76 ID:sstGeHcE0
    no title

    22日の巨人との練習試合で圧巻の投球を披露した安楽(写真:サンケイスポーツ)

     【球界ここだけの話】

     3年目を迎えた楽天・安楽智大投手(20)が、いよいよ覚醒の時を迎えている。22日の巨人との練習試合(那覇)での投球は圧巻だった。先発し、3三振を奪って4回を無安打無四球無失点。長野、阿部、マギー、村田ら主力を並べた巨人打線をなで切りにした。

     二回には連続失策で一死一、二塁のピンチを招いたものの、後続を断って無失点。梨田監督が「ああいう投球をすると、野手が信頼を置く。この投手が投げるときは『勝たなければいけない』と思うもの。力みが消え、大人の投球ができるようになってきた」と絶賛する投球だった。

     愛媛・済美高時代に甲子園を沸かせた。2年生で出場した2013年のセンバツで準優勝。半面、5試合で計772球を投げたことに対して、国内外で「投げすぎ」批判の声が上がり、物議をかもした。それでも、同年夏の愛媛県大会では最速157キロをマーク。剛腕として鳴らした。

     当時とは、投球スタイルが違う。この巨人戦での最速は147キロ。球速ではなく、切れを追い求めてきた。これに110キロ台のスローカーブを交え、改良型のフォークも多投し、巨人打線を翻弄した。高2の秋に痛めた右肘への不安はもうないという。

     「フォークは握りを浅くして、小さく鋭く落ちるイメージ。スプリットに近いと思います。もっと精度を増していきたいですね」と安楽。「去年のこの時期とは比べものにならないくらい状態がいい」という表情には自信があふれていた。

     楽天の先発陣は、5年目の則本、フリーエージェント権を行使して西武から加入した岸が「Wエース」として君臨。これに安楽ら若手がローテーションに加われば、強力な先発陣を形成できる。高卒3年目右腕が楽天の浮沈の鍵を握っている。

    引用元: 楽天浮沈の鍵を握る安楽、剛腕の高校時代とは違う投球スタイルで覚醒

    【楽天浮沈の鍵を握る安楽、剛腕の高校時代とは違う投球スタイルで覚醒】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/23(木) 12:39:55.47 ID:ispuxSux0
    かつての甲子園の寵児が、巨人打線をキリキリ舞いさせた。

     22日、楽天の高卒3年目・安楽智大(20)が、巨人との練習試合に先発。4イニングを投げ、無安打3三振の快投を見せた。

    「直球のコントロールが良かった」

     そう話した安楽。この日の最速は147キロだったが、甲子園の活躍を知るファンには物足りないのではないか。
    愛媛の済美高時代はMAX154キロを誇り、2年生だった13年のセンバツでは決勝まで一人で投げ抜いた。投じた球数は実に772球。これには日米両国で「酷使しすぎだ」と議論を呼んだ。その反動でヒジを故障し、プロ入り後もケガの影響に悩まされていた。

     球団関係者は「本人は以前のような投球を求めていませんから」と、こう続ける。

    「現在の安楽が目指しているのは、直球のキレとコントロール、変化球の精度です。野球アタマが非常にいい選手で、常に何かを考えながら練習している。
    オフにボディービルダーに師事して下半身を鍛えたのも、あくまで投球時の安定感を増すため。それも誰かに言われたからではなく、全部自分で考えた上で判断している。
    ウチの選手は練習中など、固まって行動する者が多いが、安楽は決して群れない。大体、いつも一人で黙々と汗を流しています」

     開幕ローテ入りが濃厚の安楽。今季を飛躍の年にしたい。
    257ddef4f21db5d60462ff17b0f22b4720170223114000469

    引用元: 巨人打線をキリキリ舞い 楽天・安楽は“思考する一匹狼” 

    【巨人打線をキリキリ舞い 楽天・安楽は“思考する一匹狼” 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/22(水) 13:01:26.15 ID:qpRkqxo00
    やったぜ。


    no title
    no title



     「練習試合、巨人0-4楽天」(22日、那覇)  プロ3年目の楽天・安楽智大投手(21)=が先発し、4回を無安打無失点、3奪三振。長野、阿部ら主力が居並ぶ打線を封じ込んだ57球で、先発ローテ入りへアピールした。
     3回を投げた16日のハンファ戦に続く無失点となったが「前回より真っすぐがコントロールできて強いストレートがいった。今日の方が感覚がよかった」と笑顔。直球の最速は154キロをマーク。キレのあるスライダー、フォークとのコンビネーションも効いた。
     二回1死から味方の2連続失策で走者を背負っても、クルーズ、岡本を凡退に斬り、崩れることはなかった。「これから先も走者を背負うことは増えてくる。その中で1つずつアウトをことができた」と自身の成長を感じている。
     1年目は1勝0敗、2年目は3勝5敗だった。今の手応えは「去年のこの時期とは比べものにならない」と安楽。梨田監督も「失策が2つあっても粘れた。野手の信頼が厚くなるよね」と目を細める。シーズンを通じてチームに貢献するために、21歳は進化を続ける。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000092-dal-base







    引用元: 【朗報】安楽154キロwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    【【朗報】安楽154キロ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/17(金) 09:09:07.48 ID:QsApJ0xH0

    20170216-OHT1I50183-1
     
    スピードを追い求めた、かつての姿はなかった。梨田監督は「ブルペンでは良くなかったと聞いていたけど、それなりのボールをコースに投げていた。少し安心しました。
    コントロールがよくなったし、力みもなくなった。まだ20歳だけど、大人のピッチング。モデルチェンジしたのかな」。開幕ローテ有力候補の、安定感のある内容に目を細めた。

     経験を糧にした。右肘のけがも癒えた昨季、オープン戦から150キロ台の直球を取り戻していた。しかし、ただ速いだけの真っすぐがプロでは通用しないことを痛感。
    「大事なのは低めへのコントロールと精度。筋力がついてフォームが固まれば、その中でも150キロは出せると思う」。昨年後半から追い求めていたスタイルが、少しずつ形になり始めている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000211-sph-base

    引用元: 楽天安楽「球速よりも低めのコントロール」 

    【楽天安楽「球速よりも低めのコントロール」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:14:44.78 ID:4ObJsc4I0
     今季3年目を迎える楽天の安樂。

     234球を投げ、登板過多による投球論争を呼んだ高校時代には、球速にも注目が集まっていた。

     プロ入り後は、球団による慎重な起用法により、通算16試合の登板にとどまっているが、今季は飛躍の気配を感じさせている。

     その要因には、球速ではなくストレートの質を追い求めた姿勢があった。

    no title

    3年目の楽天・安樂智大。

    3: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:02.35 ID:4ObJsc4I0
    球速よりも“質”
     かつて甲子園を沸かせた剛球右腕がモデルチェンジを図ろうとしている。

     高卒3年目となる安樂智大投手は最速157キロもあった球速を捨て、新境地で2017年シーズンに挑む。

     安樂が目指しているのは、いわゆる質の高いストレートだ。

     実は昨シーズンもすでに、そこへの取り組みを始めていて、かつてのような力みかえって剛速球を投げ込むというタイプではなくなっている。

     昨春のキャンプでは、跳び箱のロイター版を使ったシャドウピッチングに励む安樂の姿があった。大事になってくるのは下半身を中心とした体重移動で、上体の力に頼らずとも投げる術を習得しようとしていたのである。

     上半身に力を入れた力感たっぷりの157キロのストレートではなく、140キロでも打者の体感では速く見せるストレートを投げる。昨季は3勝を挙げ、新しい階段を順調に昇りはじめている。

    4: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:15.15 ID:4ObJsc4I0
     とはいえ、一言でモデルチェンジといっても、よく決断したなというのが筆者の印象だ。
     少なくとも高校時代の安樂は周囲の声に反発して挑んでいくタイプだっただけに、なおさらそう思えた。

     思い起こすのは2年生のときにエースとして迎えた春のセンバツでのことだ。

     2回戦の広陵戦では延長13回を一人で投げ抜き、234球の熱投を演じた。このときの投球数は、日米メディアを巻き込んでの大論争となったが、「投げすぎ」と指摘された安樂には、世間のそうした声に立ち向かっていく気概さえ感じるものがあった。

     続く3回戦でも安樂は一人で投げ切っている。
     それも試合終盤に右手に打球を受けるというアクシデントがあったにも関わらず、完投したのである。アクシデント以降、安樂が投げる球は威力を増したくらいだ。

     世間の声を黙らせてやる―――。
     当時の安樂の登板過多について筆者は猛烈に反対ではあったが、彼の姿勢はむしろ恐れ入るものがあった。

    6: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:34.41 ID:4ObJsc4I0
    身体を痛めないか危惧
     この大会で安樂は決勝戦で敗れたが、その試合では疲労から足がもつれ、ベースカバーにさえ行くことが出来なかった。それでも、当時の指揮官・上甲正典監督(故人)から交代を通達された時は、一度、断っている。彼の内に眠るファイティングスピリットは凡人のそれではない。

     同年夏の甲子園にも出場。安樂は球数論争と戦いながらも、ドラフト1位という称号を得てプロ入りを果たした。

     とはいえ、危惧もあった。世間の声に立ち向かっていこうとする安樂の性格が、また彼の身体を痛めてしまうという危険性だ。

     しかし、昨季から楽天のピッチングコーチを務めている与田剛は、そんな安樂を大事に使った。先述した体重移動の練習も与田による指南だと聞いたが、それは安樂の将来像を考えてのことだろう。

     1年目は試合の1試合登板(1勝)、2年目の昨季は15試合登板に抑えている。
     楽天の首脳陣はデリケートに安樂を扱っているといえる。

    8: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:53.51 ID:4ObJsc4I0
     その中で、今季を迎えるのである。

     昨年までと違って、おそらく投球への制限もなくなるはずだ
     一方で、安樂自身も先発投手としての責任を果たすべく、初回から力投していくスタイルでは生き残っていけないとさらなる成長を目指している。

     過去2チームで2年目に優勝を果たしてきた梨田昌孝監督は、今季、本気で優勝を狙っているだろう。FA移籍の岸孝之投手や細川亨捕手の獲得はその意思の表れだろう。則本昂大と岸でダブルエースを形成し、さらに、この男が加わってくれれば、これほど心強いことはない。

     球数論争から4年―――。
     紆余曲折を経て、安樂はニュースタイルで2017年を駆け抜ける。

    9: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:16:08.85 ID:4ObJsc4I0

    引用元: 球数論争から4年、楽天・安樂が追求する質。ニュースタイルで挑む3年目et

    【球数論争から4年、楽天・安樂が追求する質。ニュースタイルで挑む3年目【2017年ブレイク期待の選手】】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/16(月) 14:09:57.22 ID:ZtSZh45E0
    http://www.hochi.co.jp/giants/20170116-OHT1T50012.html
    >巨人のドラフト5位右腕・高田萌生投手(18)=創志学園=が15日、楽天・則本昂大投手(26)のフォームもコピーし、160キロ到達と沢村賞獲得を誓った。夏の甲子園大会終了後から、パの3年連続奪三振王のフォームを勉強し「目標とする選手から取り入れて自分のものにしていきたい。将来は沢村賞、球速も160キロを出したい」と話した。
    no title

    引用元: 巨人高田、則本フォームで160出す「目標とする選手から取り入れて自分のものにしていきたい。」 t

    【巨人高田、則本フォームで160出す「目標とする選手から取り入れて自分のものにしていきたい。」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/16(月) 16:05:58.01 ID:To2qAgis0
    [ 2017年1月16日 05:30 ] 野球

     楽天・安楽が肉体改造で160キロの大台を目指す。地元・愛媛県内で自主トレを公開。ブルペンで捕手を立たせての投球やランニングでみっちり体を動かした。メニューの合間の着替えでは大きく盛り上がった太腿を披露。「昨季より3~4センチ太くなった。73センチです」と、自慢げにさすった。

     2年目の昨季は3勝。先発ローテーション定着に向け、このオフは知人のボディービルダーに師事し、筋トレに励んでいる。
    太腿回り73センチは他競技のアスリートと比較しても規格外で、98年長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダルの清水宏保氏は現役時代は65センチで、昨年の競輪グランプリを制した村上義弘も64センチ。野球界では元ヤンキースの松井秀喜氏も05年オフ時は63センチだった。

     安楽の自己最速は昨年7月14日のフレッシュオールスターで計測した157キロ。これまで160キロをマークした日本人投手は、日本ハム・大谷(165キロ)、ヤクルト・由規(161キロ)、阪神・藤浪(160キロ)の3人だけで「(160キロは)夢がある。
    練習中は目標にやっている」と言い切る。「直球を磨き直したい」という20歳が、ハイパワーを生む下半身を手に入れ、夢の大台に到達する。 (黒野 有仁)

    http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/16/kiji/20170116s00001173059000c.html

    引用元: 安楽 160キロへ極太腿!下半身強化で清水宏保超え

    【安楽 160キロへ極太腿!下半身強化で清水宏保超え】の続きを読む

    このページのトップヘ