狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    球速

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/13(土) 13:22:26.35 ID:rOAlWCZ0d

    no title

    剛速球への欲望に、しっかりとフタをした。直球はほとんどが130キロ台後半。力みなく投じたボールは打者を差し込み、ファウルでカウントを稼いだ。
    「スピードガンコンテストをしているわけじゃない。ガン(表示)が速くてもボールが死んでしまうより(ガンが出なくても)ボールが生きている方がいい。最終的に試合が終わった時に勝てていればいい」。
    対する千賀は1回に156キロを連発。7回14奪三振のパワー全開の投球を目の当たりにしても、口にしていた哲学が揺らぐことはなかった。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201904130000019.html

    引用元: 安楽、130キロ台のストレートも「スピードガンコンテストしているわけじゃない」

    【安楽、130キロ台のストレートも「スピードガンコンテストしているわけじゃない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/11(土) 06:03:25.83 ID:CAP_USER9
    東北楽天の安楽が秋季キャンプ(岡山県倉敷市)で、本来の球威を取り戻そうと投球フォームを模索している。
    「今季は148キロくらいしか出なかった。真っすぐをしっかり投げないと勝負できないので、質だけでなくスピードも上げたい」。
    高校時代に最速157キロを誇った右腕は力で押す原点の投球で再起を期す。

    今季はオープン戦で結果を出し、開幕2戦目のオリックス戦の先発に内定していたが、直前に右太もも裏の肉離れで離脱。
    早く復帰したいという焦りから「投球時に体のバランスが取れなくなってしまった」と振り返る。
    6月の復帰後も思うように調子が上がらず、わずか1勝(5敗)止まりの悔しいシーズンだった。

    その反省を踏まえ、投球時の下半身と上半身の連動を意識するなどフォームの改善に励む。
    第2クールはブルペンで精力的に投げ込んでいるものの、森山投手コーチは「高めに抜ける球が目立つ。
    課題はまだまだ多い」と指摘する。
    安楽も「試行錯誤している段階」と言うように、自分と似た長身右腕で憧れの存在の斉藤和巳投手(元ソフトバンク)の映像を繰り返し見るなど研究に余念がない。

    高卒新人の藤平が頭角を現したことも刺激になっている様子。
    秋季キャンプ後は体質改善の一環で数日間の断食を敢行し、年明けには米国の有名トレーニング施設に単身で出向く計画もある。
    「来年の春季キャンプの時に回りから今年の安楽は違うと言ってもらえるようになりたい」。
    4年目の来季こそは先発ローテーション入りを果たそうと、強い覚悟を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000011-khks-spo
    11/10(金) 10:54配信

    http://npb.jp/bis/players/71175130.html
    成績

    引用元: 【野球】<楽天>安楽、原点回帰で再起期す 球威復活へ試行錯誤 今季は148キロくらいしか出なかった

    【【野球】<楽天>安楽、原点回帰で再起期す 球威復活へ試行錯誤 今季は148キロくらいしか出なかった 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/20(土) 11:06:26.50 ID:oDHuV0k00
    【楽天】ドラ4菅原が自己最速155キロ「スピードよりも真っすぐの質がよかった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000306-sph-base
    ◆ロッテ4x―3楽天=延長10回=(19日・ZOZOマリン)

     楽天のドラフト4位・菅原秀投手(23)=大体大=が自己最速を2キロ上回る、155キロを計測した。

     2点ビハインドの7回に2番手で登板。吉田に対しての初球でいきなり152キロの速球を投げ込むと、続く三木に対しては2球連続で自己最速となる154キロをマーク。
    さらに2死から伊志嶺をスライダー2球で簡単に追い込むと、外角低めへ決まって見逃し三振を奪った直球は155キロを計測した。

     1イニングを3者凡退で抑えた右腕は「すごく力んで投げたわけではないけど、スピードが出た。スピードよりも真っすぐの質がよかった。
    腕を思いっきり振ることだけを考えた。155キロでればいい投球というわけではないので、次の登板が大事になる」と気を引き締め直していた。

    引用元: 楽天ドラ4が155キロwwwwwwwwwwwwwwww

    【楽天ドラ4菅原155キロwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/24(金) 23:33:54.76 ID:sstGeHcE0
    no title

    22日の巨人との練習試合で圧巻の投球を披露した安楽(写真:サンケイスポーツ)

     【球界ここだけの話】

     3年目を迎えた楽天・安楽智大投手(20)が、いよいよ覚醒の時を迎えている。22日の巨人との練習試合(那覇)での投球は圧巻だった。先発し、3三振を奪って4回を無安打無四球無失点。長野、阿部、マギー、村田ら主力を並べた巨人打線をなで切りにした。

     二回には連続失策で一死一、二塁のピンチを招いたものの、後続を断って無失点。梨田監督が「ああいう投球をすると、野手が信頼を置く。この投手が投げるときは『勝たなければいけない』と思うもの。力みが消え、大人の投球ができるようになってきた」と絶賛する投球だった。

     愛媛・済美高時代に甲子園を沸かせた。2年生で出場した2013年のセンバツで準優勝。半面、5試合で計772球を投げたことに対して、国内外で「投げすぎ」批判の声が上がり、物議をかもした。それでも、同年夏の愛媛県大会では最速157キロをマーク。剛腕として鳴らした。

     当時とは、投球スタイルが違う。この巨人戦での最速は147キロ。球速ではなく、切れを追い求めてきた。これに110キロ台のスローカーブを交え、改良型のフォークも多投し、巨人打線を翻弄した。高2の秋に痛めた右肘への不安はもうないという。

     「フォークは握りを浅くして、小さく鋭く落ちるイメージ。スプリットに近いと思います。もっと精度を増していきたいですね」と安楽。「去年のこの時期とは比べものにならないくらい状態がいい」という表情には自信があふれていた。

     楽天の先発陣は、5年目の則本、フリーエージェント権を行使して西武から加入した岸が「Wエース」として君臨。これに安楽ら若手がローテーションに加われば、強力な先発陣を形成できる。高卒3年目右腕が楽天の浮沈の鍵を握っている。

    引用元: 楽天浮沈の鍵を握る安楽、剛腕の高校時代とは違う投球スタイルで覚醒

    【楽天浮沈の鍵を握る安楽、剛腕の高校時代とは違う投球スタイルで覚醒】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/23(木) 12:39:55.47 ID:ispuxSux0
    かつての甲子園の寵児が、巨人打線をキリキリ舞いさせた。

     22日、楽天の高卒3年目・安楽智大(20)が、巨人との練習試合に先発。4イニングを投げ、無安打3三振の快投を見せた。

    「直球のコントロールが良かった」

     そう話した安楽。この日の最速は147キロだったが、甲子園の活躍を知るファンには物足りないのではないか。
    愛媛の済美高時代はMAX154キロを誇り、2年生だった13年のセンバツでは決勝まで一人で投げ抜いた。投じた球数は実に772球。これには日米両国で「酷使しすぎだ」と議論を呼んだ。その反動でヒジを故障し、プロ入り後もケガの影響に悩まされていた。

     球団関係者は「本人は以前のような投球を求めていませんから」と、こう続ける。

    「現在の安楽が目指しているのは、直球のキレとコントロール、変化球の精度です。野球アタマが非常にいい選手で、常に何かを考えながら練習している。
    オフにボディービルダーに師事して下半身を鍛えたのも、あくまで投球時の安定感を増すため。それも誰かに言われたからではなく、全部自分で考えた上で判断している。
    ウチの選手は練習中など、固まって行動する者が多いが、安楽は決して群れない。大体、いつも一人で黙々と汗を流しています」

     開幕ローテ入りが濃厚の安楽。今季を飛躍の年にしたい。
    257ddef4f21db5d60462ff17b0f22b4720170223114000469

    引用元: 巨人打線をキリキリ舞い 楽天・安楽は“思考する一匹狼” 

    【巨人打線をキリキリ舞い 楽天・安楽は“思考する一匹狼” 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/22(水) 13:01:26.15 ID:qpRkqxo00
    やったぜ。


    no title
    no title



     「練習試合、巨人0-4楽天」(22日、那覇)  プロ3年目の楽天・安楽智大投手(21)=が先発し、4回を無安打無失点、3奪三振。長野、阿部ら主力が居並ぶ打線を封じ込んだ57球で、先発ローテ入りへアピールした。
     3回を投げた16日のハンファ戦に続く無失点となったが「前回より真っすぐがコントロールできて強いストレートがいった。今日の方が感覚がよかった」と笑顔。直球の最速は154キロをマーク。キレのあるスライダー、フォークとのコンビネーションも効いた。
     二回1死から味方の2連続失策で走者を背負っても、クルーズ、岡本を凡退に斬り、崩れることはなかった。「これから先も走者を背負うことは増えてくる。その中で1つずつアウトをことができた」と自身の成長を感じている。
     1年目は1勝0敗、2年目は3勝5敗だった。今の手応えは「去年のこの時期とは比べものにならない」と安楽。梨田監督も「失策が2つあっても粘れた。野手の信頼が厚くなるよね」と目を細める。シーズンを通じてチームに貢献するために、21歳は進化を続ける。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000092-dal-base







    引用元: 【朗報】安楽154キロwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    【【朗報】安楽154キロ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/17(金) 09:09:07.48 ID:QsApJ0xH0

    20170216-OHT1I50183-1
     
    スピードを追い求めた、かつての姿はなかった。梨田監督は「ブルペンでは良くなかったと聞いていたけど、それなりのボールをコースに投げていた。少し安心しました。
    コントロールがよくなったし、力みもなくなった。まだ20歳だけど、大人のピッチング。モデルチェンジしたのかな」。開幕ローテ有力候補の、安定感のある内容に目を細めた。

     経験を糧にした。右肘のけがも癒えた昨季、オープン戦から150キロ台の直球を取り戻していた。しかし、ただ速いだけの真っすぐがプロでは通用しないことを痛感。
    「大事なのは低めへのコントロールと精度。筋力がついてフォームが固まれば、その中でも150キロは出せると思う」。昨年後半から追い求めていたスタイルが、少しずつ形になり始めている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000211-sph-base

    引用元: 楽天安楽「球速よりも低めのコントロール」 

    【楽天安楽「球速よりも低めのコントロール」】の続きを読む

    このページのトップヘ