狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/31(木) 22:52:06.04 ID:9N9Klri+0HLWN
    no title

    宿舎の中庭で夜間練習を行う楽天渡辺佳(右)は渡辺直選手兼任打撃コーチ(左)と意見を交わす(撮影・桑原幹久)
    楽天の倉敷秋季キャンプ第1クール2日目の31日、若手野手陣が同市内の宿舎中庭で夜間練習を行った。

    夕食後の午後8時から開始。午前8時30分からのアーリーワークに参加した内田、和田をはじめ、オコエ、辰己ら14人の選手がコーチ6人の指導の下、約1時間スイング練習を行った。洋風な作りの中庭に3枚の畳が敷かれ、はだしで素振りができるスペースも設けられた。

    ドラフト6位で入団1年目の今季77試合に出場した渡辺佳は、明大時代にも夜間練習は経験済みだが、畳の上ではだしでの素振りは人生で初めて。
    「靴を履いている時より地面をつかむ感覚がわいてきて、いい練習になりました。昼間はじっくりとコーチと意見を交わすことができないので、貴重な時間となりました」と振り返った。

    引用元: 楽天渡辺佳明ら夜間練習「貴重」畳で人生初素振り

    【楽天渡辺佳明ら夜間練習「貴重」畳で人生初素振り 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 20:11:04.18 ID:tHADheoq0.net
    >岡島、島内、福田が約10メートル離れた米村外野守備走塁コーチから投げ込まれるフリスビーを次々と追いかけてキャッチ。まるで犬のようにグラウンドを駆け回った。
     同コーチは「フリスビーは地面の近くで落ちそうで落ちずに伸びる。最後の2、3歩、粘ることで球際に強くなる」と練習の意図を説明。福田も「最後までボールを追うことが大事なので、それに近い動き」と話した。
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/04/kiji/K20151104011445810.html

    >畳の上での振り込みは、昭和の名選手たちが取り組んだ伝統的な手法。
     「練習で目からうろこが落ちる体験を」という梨田監督の方針にのっとり、平成生まれが大半を占める18人の野手に向け、新任の池山隆寛1軍打撃コーチが発案した。
     現役時代、この練習法を経験した49歳の池山コーチは「バットのヘッドスピードを上げるためには、足の指で自分の体を支える感覚を身に付けることが大切」と語り、「自分のスイングを見直す機会にしてほしい」と期待する。
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151104_14007.html

    >楽天・与田剛投手コーチ(49)が3日、若手投手陣に投げ込み指令を出した。
     休日を除き14日間行われる倉敷での秋季キャンプで、球数の目安は1500~2000球。同コーチは「馬力というか、体力をつけてほしい」と力説した。
    http://www.daily.co.jp/baseball/2015/11/04/0008536725.shtml
    no title

    引用元: 楽天コーチ陣が編み出した練習方法wwwwwwww

    【楽天コーチ陣が編み出した練習方法wwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 00:12:22.29 ID:EgmBYmLR0.net
    楽天は2日、岡山・倉敷秋季キャンプの初日から夜間練習を行った。日中は倉敷マスカットスタジアムで汗を流した選手たちが、午後7時半から宿舎の中庭に集まり、素振りに励んだ。

     ベテランの岩崎を除く野手全員が参加し、畳の上で、はだしにてバットを振るというユニークな練習も取り入れた。
    礒部打撃コーチは、畳の上の選手たちに「つま先を意識して。スパイクを履いていたらなかなかつま先は意識しないだろう」などと声を掛けた。

     銀次は「僕は小さい頃から畳の上で素振りをしていました。畳が新しかったので気持ちよかったですね」と笑顔で話した。

    引用元: 楽天、倉敷秋キャンプで夜間畳トレを披露

    【楽天、倉敷秋キャンプで夜間畳トレを披露】の続きを読む

    このページのトップヘ