狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    盟友

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/06(土) 14:42:04.87 ID:CAP_USER9
    no title


     シンガー・ソングライターの小田和正(70)が6日、今月4日にすい臓がんのため70歳で死去したプロ野球・楽天の星野仙一球団副会長を追悼する
    コメントを発表した。小田と星野さんは同じ1947年生まれで30年以上の親交があり、「和正」「仙ちゃん」と呼び合う間柄だった。

     関係者によると、小田はこの日朝、ニュースで訃報を知ったといい、突然の別れにショックを受けていたという。星野さんが昨年1月に野球殿堂入りを
    果たした直後の3月に、お祝いの食事会をもうけて会ったのが最後となった。

     小田は「殿堂入りのお祝いの食事をしたのが最後でした。その時はいつも通りの仙ちゃんでとても元気でした」と、星野さんが元気に振る舞っていたことを
    振り返り、「ほんとうに残念です。御冥福をお祈りします」と悼んだ。

     小田は1983年、星野さんの現役最後の試合で花束を手渡し、星野さんが楽天監督として初の日本一を達成した2013年シーズンの本拠地開幕戦では、
    星野さんと同じ背番号「77」のユニホーム姿で始球式を務めた。星野さんも小田のライブに何度も足を運んでおり、ステージに飛び入りしたこともあるなど、
    固い絆で結ばれていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000068-dal-ent

    引用元: 【芸能】小田和正 星野仙一さんを哀悼「ほんとうに残念」…30年来の友人

    【【芸能】小田和正 星野仙一さんを哀悼「ほんとうに残念」…30年来の友人 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/22(土) 07:52:41.11 ID:/YVYCIAs0
    no title


    ブルペンで投球練習する創価大・池田(右)と田中
     楽天にドラフト2位で指名された151キロ右腕・池田(創価大)が田中の隣でブルペン入りし、約30球を投じた。

     創価高時代から7年間、チームメートだった盟友は来年からライバルとなる。ドラフト会議後には「チームは違うけど、頑張ろう」と互いにエールを送ったことを明かした。佐賀県唐津市出身の池田は、田中から九州の印象を聞かれたといい「行ったら分かるんちゃうと言いました」とニヤリ。一方で仙台は訪れたことがなく「牛タンが好きなので早く食べたい」と心待ちにした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000076-spnannex-base

    引用元: 楽天ドラ2池田 正義と来年からライバル「チームは違うけど…」 

    【楽天ドラ2池田 正義と来年からライバル「チームは違うけど…」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/20(木) 23:10:26.42 ID:gV7ZY6kb0
    デイリースポーツ 10月20日(木)21時22分配信

     「プロ野球ドラフト会議」(20日、グランドプリンスホテル新高輪)

     楽天に2位指名された創価大・池田隆英投手(22)は「指名していただけるか不安だった。これは通過点」と、安ど感をにじませた。楽天の指名は予想外だったといい、則本、松井裕らの名前を挙げ「若い。それしかイメージがないです」と苦笑した。

     創価高3年時に右膝前十字じん帯を断裂。手術を受け、大学入学後1年間はリハビリに費やした。「歩けるかな、から始まったので。しんどかったですね」と振り返る。苦難の日々を乗り越えてのプロ入りに「手の届かない場所だと思っていた」と、感慨をにじませた。

     最速151キロの伸びのある直球に加え、スライダーやフォークなど変化球の制球にも優れた右腕。対戦してみたい打者には、高校2年時に東京都選抜でチームメートだった広島・鈴木誠也を挙げた。

     高校から7年間、苦楽をともにしてきた田中は1位で5球団が競合し、ソフトバンクが交渉権を獲得。同じパ・リーグに身を置くことになった。「ここまで来られたのも、田中正義のおかげ。お手本として、常に刺激を受ける存在だった」と感謝した池田。これからは文字通りのライバルとなる親友を横目に「今の力じゃ負けてしまう。力をつけていずれは勝ちたい」と、力強く宣言した。
    no title

    引用元: 楽天2位の創価大・池田、チームメートの田中に「いずれは勝ちたい」 

    【楽天2位の創価大・池田、チームメートの田中に「いずれは勝ちたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ