狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    監督

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/13(水) 21:06:00.12 ID:Bxn1Bw0S0

    no title

    「失敗だらけの野球人生」楽天・平石監督の教訓
    球団史上最年少の38歳、若き指揮官は誤解されている
    2019.3.13(水) 黒田 俊

    さまざまな業界で、若いリーダーが増えている。彼・彼女らは、これまでの常識にとらわれない発想ややり方で社会に大きなインパクトを与え、業界を変革する。若さはリーダーにおける武器となりつつある時代だ。

     旧態依然、と言われ続けるプロ野球界にも少しずつではあるがそうした時代の色が見え始めている。

     昨年までジャイアンツの監督として指揮を執っていた高橋由伸は41歳で、DeNAの現監督ラミレスは42歳でその任についたし、3シーズン前の2016年について言えば、セ・リーグ全6球団の監督が40代だった。

     そして、今シーズンから東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任した平石洋介は38歳。

     球団史上最年少の指揮官は野球界にどんなインパクトを与えてくれるのか。これまでの監督とは違った「マネジメント色」を野球界に見せてくれるのでは・・・そんな思いを持って平石の話を聞きに行った。

    引用元: 【朗報】楽天 平石洋介新監督(38)、めちゃくちゃ有能そう

    【【朗報】楽天 平石洋介新監督(38)、めちゃくちゃ有能そう 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/06(水) 18:56:30.23 ID:z0wiNjHL0
    2018年10月7日 ラジオにて
    アナウンサー「平石監督代行がそのまま監督という形になりました」
    岩本勉「手腕かわれてるね、ベンチで采配してる姿が様になってるわ。バタバタせえへんし、僕は良い監督だなと思ってみてたよ。
    若い選手も可能性あるしね。松井裕樹を先発させてみたり、なかなか行動力実行力あるよ。」

    中略

    アナウンサー「ヤクルトの三木コーチが楽天の二軍監督と言うことになりました。ファイターズでもコーチをされていましたが」

    岩本勉「ええコーチやからなー三木はなー、野球よう知ってんねん。雰囲気空気を察する事が素早い野球人なのよ。
    イーグルスはこれここで言うとくけど皆覚えといてな、
    来年(2019年)の楽天は今までと全然違うで、強い弱いで言ったらめちゃくちゃ強いと思う

    岩本勉「梨田監督から平石代行になって、夏場以降(若手に)シフトチェンジとなった時に、見込みの良い選手バカバカバカバカーって出てきたでしょ。」

    岩本勉「若手が一軍を経験したから秋キャンプと春キャンプで競争めちゃめちゃ激化すると思う。
    今まで見たこともない選手がラインナップに並ぶ新しいイーグルス野球が出来ると思うで。」

    ソース
    https://youtu.be/9U9eo0jsu0Y


    3:50~

    引用元: 日ハム解説・岩本勉さんが楽天平石監督を絶賛!「どっしり構えてて若いのにえぇ監督やねえ」

    【日ハム解説・岩本勉さんが楽天平石監督を絶賛!「どっしり構えてて若いのにえぇ監督やねえ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/07(木) 19:16:45.31 ID:nGFIBDHl0
     昨季は3シーズンぶりの最下位に沈んだ楽天。雪辱に燃える2019年は、FAで西武から浅村栄斗の獲得に成功するなど、積極的な補強で戦力を整えた。一気に優勝候補へ……とはならずとも、ダークホースとして注目を集めている。

     大きく生まれ変わろうとしているチーム。その中心にいるのが、昨年9月にゼネラルマネジャー(GM)に就任した石井一久だ。

    引用元: 楽天の『石井GM×平石監督』は球界に革命を起こせるか…

    【楽天の『石井GM×平石監督』は球界に革命を起こせるか… 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/17(月) 06:25:32.81 ID:GSgyZbNN0
    no title


    色紙にはシンプルに“勝つ”と書き込んだ平石監督
     楽天の平石洋介監督(38)が16日までに、「とうほく報知」のインタビューに応じた。監督代行から新監督に就任した指揮官は、FAで加入した浅村栄斗内野手(28)、ドラフト1位の辰己涼介外野手(21)への期待に言及。
    影響を受けた監督に星野仙一副会長(享年70)の名前を挙げ、闘う集団をつくり上げ、優勝を狙うことを誓った。(取材構成・山口 泰史)

     ◆平石洋介監督インタビュー

     ―まずは今オフ、最大の補強になった浅村。戦力としてはもちろん、チームへの波及効果も期待される。

     「一番チームで足りないところだったので本当にうれしい。タイミング合わせるのも当然うまいですし、しっかり振れる中でミートポイントの奥行きがある。どういう風に考えて打ってるかとか、技術以外のところでもすごくためになると思う。
    後は少々コンディションが悪くても黙って出続ける。気持ちの強さというか、平気な顔してやってるのはさすがですよね」

     ―上位を狙うには新人の台頭も不可欠。特に辰己には即戦力の期待がかかる。

     「当然1位ですから。1年目から争いには食い込んできてほしいなと思いますよね。ドラフト候補の映像で、一番衝撃を受けたのが辰己だったんです。一番は肩。あの肩の強さと正確さと。そこから入っていって、バッティングも思ったより振れますし、逆方向にバットコントロール合わせる能力もある。
    足もあれだけある。あれだけのスローイングする選手って今、プロ野球界でも一番上ぐらい行くんじゃないですか」

     ―理想の監督像はない。それでも一番影響を受けたのは、やはり闘将だった。

     「正直、誰を目標にとかは思ってないです。でもやっぱり星野さんはね、一番影響受けたかなとは思います。勝負心(ごころ)というか、闘う姿勢というか。今思えば星野さんだって、ユニホーム着てるときと着てないときと、あれだけ人が変わる。
    これだけの選手がいて、本当は全員に頑張ってほしいし、でも限られたメンバーしか使えない。一番トップの人間として、心を鬼にして決断しないといけないことだってある。ただ僕が同じようにやれって言われても、星野さんは星野さんで、僕は僕なので。あんまり意識しないでやろうとは思ってますけどね」

     ―来季の構想はまだ固まっていない。選手には、自分でポジションを奪うたくましさを求めていく。

     「レギュラーが誰かとか、ローテーションが誰かとか、僕の中では本当に白紙なので、今までの選手もそうですし、これまでなかなか1軍経験のない選手も、本当に良ければ使います。なので、みんなが本気でレギュラーであったり、自分のポジションであったりを、取りに来てほしいですね」

     ―来季の目標は優勝。選手には闘う姿勢を求めた。

     「最下位のチームがいきなり優勝なんかね、そんな甘いものじゃないと承知の上で本当に優勝を狙いたいです。まず闘う集団になることでしょうね。それができる選手を使っていきたいなと。プレー一つ一つの実力も当然ありますけど、闘う姿勢がないような選手は使いたくないなと思います」

    引用元: 【楽天】平石洋介新監督インタビュー…パ最下位からV狙うため、星野流闘争心求ム

    【【楽天】平石洋介新監督インタビュー…パ最下位からV狙うため、星野流闘争心求ム 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/21(水) 15:01:29.61 ID:+hQlC04v0
    ワイも語れない

    引用元: なんJ民、ブラウン監督時代の楽天を語れない…

    【なんJ民、ブラウン監督時代の楽天を語れない… 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/05(月) 13:06:58.27 ID:TrV+JKzBd
    20181105-00000006-khks-000-4-view

    「グラウンド整備も監督の仕事」と整備用車両を運転する智弁和歌山高の中谷監督=9月
     東北楽天に捕手として2011年まで6季在籍した中谷仁さん(39)がこの秋、母校・智弁和歌山高の監督に就任した。
    秋季近畿大会で春夏の甲子園連覇中の大阪桐蔭高を破るなど準決勝まで進み、来春の選抜大会出場を濃厚にした。プロ時代は15年間で111試合出場。苦難続きで輝ける時期がわずかだっただけに、第2の野球人生を幸先良く滑り出したことに拍手を送りたい。

    <2軍暮らし続く>
     1997年夏、主将として母校を甲子園大会優勝に導き、秋のドラフトは阪神から1位指名を受けた。期待されたが2年目、不慮の事故で左目が失明寸前に。2005年オフに東北楽天へ移籍。そこでも藤井ら有力選手がいて2軍暮らしが続いた。
     08年秋、筆者が2軍練習場を訪れると探りを入れてきた。「今日は何の取材ですか」。戦力外通告でもない限り2軍練習場に報道陣が来ることは少ない時期。3季で12試合出場と危うい立場だったためか、そわそわした様子がうかがえた。
     翌09年は「常に今年が最後と思い続けた中、やっと働けた年」。中でも「あの試合が大きかった」という転機が、同年初めて出場した6月21日の阪神戦だ。
     五回、代打としてバッターボックスへ。首脳陣は「だめなら2軍行き」と見ていた。ここで能見からプロ初アーチを放つと、守備では盗塁王の常連赤星の二盗を阻止。元同僚の苦労を知る2人は報道陣に「中谷にやられた」と白旗を揚げる談話を出し、活躍の価値を高めてくれた。
     これ以降、嶋から正捕手の座を奪い、この年自己最多の55試合に出場。球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出に貢献した。

    引用元: <E番ノート・球譜>現役時代の苦難を糧に 中谷仁さん、母校・智弁和歌山監督就任

    【<E番ノート・球譜>現役時代の苦難を糧に 中谷仁さん、母校・智弁和歌山監督就任 】の続きを読む

    このページのトップヘ