狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    監督

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/15(金) 20:52:05.57 ID:EAXN4mzsd
    あるかも

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00098209-fullcount-base


    no title


    2013年からの2年間、楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズ氏【写真:福谷佑介】


    単独インタビューで古巣への“愛”を告白「楽天というのは特別な存在」
     メジャー通算434本塁打の実績を誇り、2013年からの2年間、楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズ氏。来日1年目には、4番打者として楽天を球団史上初のリーグ優勝、そして日本一へと導いた。2年を過ごした日本を「愛している」と語っていたジョーンズ氏の中でも、楽天ゴールデンイーグルスは特別な存在。単独インタビューの中では、溢れんばかりの“楽天愛”も明かした。



     2014年オフに楽天を退団し、2016年1月に現役を引退した。現在はブレーブスでスペシャルアシスタントを務め、スプリングキャンプで選手の指導を行なったり、球団が注目している若手選手のチェックを行うなどしているという。

     日本を、そして楽天を離れてから約3年が経過した。それでも、2年間を過ごした古巣への愛着は、今も忘れることはない。「日本が大好きな自分にとって、楽天というのは特別な存在だよ。いまでも楽天の戦いぶりはチェックしているし、今年、もしプレーオフで勝ち上がって日本シリーズに出ていたら、日本シリーズを見るために日本に来るつもりでいたんだよ」。今季、クライマックスシリーズ・ファイナルステージまで進んだ楽天。仮にソフトバンクを倒し、日本シリーズに進出を決めていたならば、応援に駆けつける予定にしていたのだという。

     退団した後も、古巣とは良好な関係が続いている。

    「自分が何か力になれたらと思っていて、それについては球団のフロントとも、現役時代から実際に食事をしながら色々と話をしてきていたんだ。フロントの方には自分のことを良く知ってもらっているので、そういった話が出たりもしていた。初めて日本に来た外国人選手にアドバイスをするとか、選手側がアドバイスを求めたら、それを自分が助けてあげたいと思っているよ。実際に1週間、2週間くらい日本に滞在して手助け出来たら、というような話もしていたんだよ。日程が合わなくて実現はしていないけど、そういう意味でも楽天とは、今でもすごく密接な関係を保っている」

     ジョーンズ氏はこう語り「プレーしたのは2年だったんだけど、本当はもう1年プレーしたかったんだ。ただ家族と過ごす時間というのも必要な時期だったので、残念ながら2年で終わってしまったけど、球団との関係は今も続いているよ」とも話している。


    指導者としての復帰は「タイミングではある」も、正式オファーがあれば「もちろん考えたい」
     楽天ファンにとっても、ジョーンズ氏は1人の外国人助っ人以上の存在であるだろう。将来的には、指導者として楽天のユニホームに再び袖を通して欲しいと思う人も少なくないだろう。「楽天の監督になりたいという夢はないか?」との問いを投げかけてみると、「なんとなくだけど、そういうことを考えていないわけではないね」と答え、笑みを浮かべた。

     さらに「球団とのカジュアルな会話の中で『機会があればウチの選手にちょっとアドバイスしてほしい』とか、そういう会話もする中で、楽天という球団はアメリカで成績を残し、日本でもチームに貢献したという選手としての仕事を評価してくれている。どういう人間かというのもフロントの方々は理解してくれている。タイミングではあると思うんだけど、もし将来的に、正式にオファーとしてあれば、自分はもちろん考えたいと思うよ。ただ、今は、自分が出来る範囲内で力になれることがあれば、貢献したいなという感じだね」と続けた。

    「海外から来た選手が日本で活躍するためには、小さなことかもしれないけど、色々なことにアジャストしなきゃいけない。日本を経験した自分は、そういった選手にアドバイスできるかもしれないからね」と今後、楽天でプレーすることになる外国人選手への協力も惜しまない姿勢を強調したジョーンズ氏。球団史上初の日本一に導いた助っ人が、今度は指導者として東北地方に戻ってくる。そんな夢のようなストーリーが実現する日はやってくるだろうか。

    引用元: 【楽天】Aジョーンズさん 近々楽天フロント入り

    【【楽天】Aジョーンズさん 近々楽天フロント入り かも】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/22(日) 17:45:31.72 ID:PsbjLtM1HVOTE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000563-sanspo-base
     楽天・三木谷浩史オーナー(52)が22日、自身のツイッターを更新。梨田昌孝監督(64)の来季続投を発表した。チームはこの日、CSファイナルステージ第5戦(ヤフオクドーム)でソフトバンクに0-7で敗れて日本シリーズ進出はならなかったが、
    「来年も、梨田監督中心に選手、球団一丸となり、リーグ制覇、日本一を目指して頑張って参りますので、一層の応援何卒宜しくお願い申し上げます」と投稿した。

     梨田監督は今季が2年目。2年連続最下位だったチームの再建を任され、昨季が5位、今季は前半戦を首位で折り返すなど躍進して3位となり、2013年に球団初の日本一に輝いて以来のCS進出に導いた。

    引用元: 楽天・三木谷オーナーが梨田監督の来季続投をツイート「来年も、梨田監督中心に」

    【楽天・三木谷オーナーが梨田監督の来季続投をツイート「来年も、梨田監督中心に」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/17(火) 06:13:04.50 ID:hx0u1mhuH
    楽天・梨田監督、来季続投決定的 着実に成績を伸ばした点が評価
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171017/gol17101705050001-n1.html

    2: 風吹けば狗鷲 2017/10/17(火) 06:13:14.67 ID:hx0u1mhuH
     (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、西武2-5楽天、楽天2勝1敗、16日、メットライフ)楽天・梨田昌孝監督(64)の来季続投が決定的となったことが16日、関係者の話で明らかになった。

     梨田監督は今季が2年目。2年連続最下位だったチームの再建を任され、昨季が5位、今季は前半戦を首位で折り返すなど躍進して3位となり、2013年に球団初の日本一に輝いて以来のCS進出に導いた。2番打者に長距離打者のペゲーロを据えて攻撃的な打線を築くなど、手腕を発揮。着実に成績を伸ばした点が評価された。

     今季で2年契約が満了するため去就が注目されていたが、契約をさらに1年更新する。今季の全日程終了後にも正式に発表される。

    引用元: 楽天・梨田監督、来季続投wwwwwwwwwwwwwww

    【楽天・梨田監督、来季続投wwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/15(日) 07:40:58.05 ID:MDgVNm170

    ソースは河北新報
    no title

    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: 【ソースあり】楽天、梨田監督続投へ

    【【ソースあり】楽天、梨田監督続投へ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/11(水) 06:04:59.70 ID:GlXhg7150
    楽天梨田昌孝監督(64)の去就はポストシーズンの戦いぶりにかかっている。同監督が2年契約の最終年であることが10日、分かった。15年オフから就任し、当初は3年契約とみられていたが、今季限りであることが判明。来季去就は未定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00025083-nksports-base

    引用元: 【悲報】楽天梨田監督の去就未定、2年契約の最終年だった

    【【悲報】楽天梨田監督の去就未定、2年契約の最終年だった 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/09/27(水) 11:42:48.88 ID:L4kln+di0
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00000007-pseven-spo
     突然の「決意表明」に古巣は即座に反応した。落合博満氏(63)の監督擁立
    に向け、ロッテが水面下で動き始めたとの情報が球界を駆け巡った。きっかけ
    は9月17日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)での発言。出演した落合氏は、
    司会の関口宏の「声がかかれば(監督を)やるんですね?」との問いに「はい!」
    と即答したのだ。ロッテ担当記者がいう。

    引用元: 楽天・三木谷氏も興味 落合博満氏「監督やる発言」

    【楽天・三木谷氏も興味 落合博満氏「監督やる発言」の波紋】の続きを読む

    このページのトップヘ