狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    直接対決

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/07(土) 11:09:57.04 ID:9jon3n/D0

    引用元: ヤクルト・石川 楽天・由規との「直接対決」を熱望

    【ヤクルト・石川 楽天・由規との「直接対決」を熱望 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/26(土) 23:09:49.10 ID:wlMa4QGf0
    楽天からドラフト1位指名の大阪ガス・小深田をノーヒットに抑えるもチームは敗戦
    「第45回社会人野球選手権大会」第2日目が26日、京セラドームで行われた。第3試合ではホンダ鈴鹿・瀧中暸太投手が先発し、延長11回まで165球を投じる熱投を見せたが大阪ガスに0-1でサヨナラ負け。
    17日のドラフト会議で楽天から6位指名を受けている瀧中は「悔しいし、申し訳ない。球数うんぬんと言っている場合ではなかった」と社会人野球最後の大会となったこの日の敗戦の責任を背負いこんだ。

     打球が右翼手の伸ばしたグラブの先に落ちると、瀧中はがっくりと膝に手をつき、うつむいたまましばらく顔を上げることができなかった。互いに無得点のまま迎えた延長11回、2死一、二塁から大阪ガス・古川に投じたこの日165球目の直球だった。

     ベンチ裏に引き上げながら大粒の涙を流していた瀧中は「『気持ちが切れた』で打たれていい世界ではない。悔いのないボールをと思ったが、野手のいないところに落ちてしまった」と唇を噛んだ。
    打線は大阪ガスの先発・阪本の前にわずか3安打と熱投した瀧中を援護できず。丸井監督は「コントロールがよかった。低めにカットを投げ込んでくるし、キレもすごくよかった。なかなか打てなかった」と阪本の投球に脱帽していた。

    引用元: 【社会人野球】ホンダ鈴鹿、楽天ドラ6瀧中が165球も延長11回敗れる “楽天対決”勝利も「申し訳ない」

    【【社会人野球】ホンダ鈴鹿、楽天ドラ6瀧中が165球も延長11回敗れる “楽天対決”勝利も「申し訳ない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/18(水) 07:38:11.70 ID:p/481huA0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000244-sph-base

     1ゲーム差で3位・ロッテを追う楽天が17日、先発ローテ再編に着手した。則本昂大投手(28)と美馬学投手(32)の順番を入れ替え、18日のソフトバンク戦(ヤフオクD)は美馬が中5日で先発。19日のロッテとの直接対決(ZOZO)には則本昂を中7日でぶつける。

    引用元: 楽天、ロッテに則本をあてる

    【楽天、ロッテに則本をあてる 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/02(月) 05:40:19.81 ID:a/iZOKak0
    no title

    引用元: 楽天さん、西武との残り試合がうっかり8試合もあってしまう

    【楽天さん、西武との残り試合がうっかり8試合もあってしまう 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/26(月) 20:57:18.08 ID:mFvPFk3a0
    no title

    楽天生命パークのマウンドで感覚を確かめる美馬
    楽天は1ゲーム差の4位ロッテを再び3本柱で迎え撃つ。ビジターの同カード投げたばかりの岸孝之、則本昂大、美馬学がそれぞれ中6日でホームの3連戦に先発予定。

    2枚看板に加えて今季本拠地で4勝負けなし、防御率2・09を誇る美馬が頼もしい。1勝6敗2分けと分の悪い仙台でのロッテ戦だが、唯一の白星を挙げているのも美馬。「上を目指してやるだけ」と力を込めた。

    引用元: 楽天3本柱で4位ロッテ迎え撃つ「上を目指す」美馬

    【楽天3本柱で4位ロッテ迎え撃つ「上を目指す」美馬 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/26(月) 12:08:32.99 ID:qxDV7sgA0
    ヤバイ

    引用元: 【2.5G差】楽天vs西武の組み合わせが9月に8試合も残っているという事実

    【【2.5G差】楽天vs西武の組み合わせが9月に8試合も残っているという事実 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/06/30(木) 00:07:40.13 ID:lsUZ93cv0
    どちらがパリーグ1の暗黒かを決める頂上決戦である

    引用元: 西武楽天、ゲーム差1.5で三連戦へ

    【西武楽天、ゲーム差1.5で三連戦へ】の続きを読む

    このページのトップヘ