狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    県大会

    m_f-bb-tp5-180714-8366

    <高校野球宮城大会:仙台6-5黒川>◇14日◇1回戦◇楽天生命パーク宮城

     開幕試合の始球式に、岩出山高(宮城)出身のご当地選手、楽天今野龍太投手(23)が登板した。軽く腕を振っただけだが、この日「最速」の132キロにスタンドも沸いた。それでも「投手をやっているので、スピードは出したかった。少し悔しい」と苦笑いだった。

     13年に部員11人で臨んだ3年の夏は、初戦(2回戦)で米谷工相手にノーヒットノーランを達成。一躍存在がスカウトの目に留まった。今野は「高校時代を思い出しました。次の試合で、この球場で負けました」と懐かしみながら、「人数が少なくてやめたいと思ったときもありましたが、努力すればいい結果がついてくる。高校3年間やってプロにもなれたので、あきらめずに野球を続けてほしい」と球児にエールを送った。

     この日は開幕試合の1試合だけが行われ、昨夏8強の仙台が黒川に逆転勝ちし、1番星を挙げた。

    spo18071216370064-m2


    始球式を終えて、帽子を振って挨拶する渋谷良弥・元日大山形監督(右)と、栗原健太・楽天1軍打撃コーチ=12日、山形県中山町(柏崎幸三撮影) 


    spo18071216370064-m1

    始球式で、打者に立った日大山形時代の恩師、渋谷良弥元監督に直球で勝負。終わって握手する栗原健太・楽天1軍打撃コーチ(左)=12日、山形県中山町(柏崎幸三撮影) 
      第100回全国高校野球選手権山形大会の開会式では、星幼育園の園児らが「星雲太鼓」を力強く打ち、天童高校ダンス部が創作ダンスを披露し花を添えた。

     始球式では、天童市出身の元日大山形野球部の栗原健太・楽天ゴールデンイーグルス1軍打撃コーチ(36)が体を後ろに大きく反らせたフォームから投げると、120キロ超のストレートが真っすぐキャッチャーミットに。打者は、高校時代の恩師、渋谷良弥元日大山形監督(71)。30年間の監督時代に14回甲子園に出場した名物監督だ。

     ミットに「バシッ」という音ととともに、狙ったコース通りに「ストライクッ」。会場からは「オオッ」というどよめきとともに大きな拍手が湧いた。

     始球式後、報道陣に囲まれ栗原さんは「この場所(球場)は高校3年間で一番多くの公式試合をし、自分を進化させてくれた場所」といい、「高校2年の決勝で甲子園を決めたときもここでした」と思い出を振り帰り、山形の高校球児たちにメッセージを送った。「最後まで何が起こるかわからないのが高校野球。一球、一球、全力で、熱いプレーをしてほしい」 【楽天の栗原健太コーチが始球式、山形大会 高校野球】の続きを読む

     楽天は25日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会の各県大会の開幕戦において、岩手で銀次内野手(盛岡中央高)、宮城で今野龍太投手(岩出山高)、山形で栗原健太打撃コーチ(日大山形高)が始球式を務めることを発表した。現役のプロ野球選手による高校野球での始球式は初。各選手、コーチのコメントは以下の通り。


     ▽銀次「100回大会という記念の大会で始球式ができるのは嬉しいし、一生の思い出になります。自分を育ててくれた高校野球に恩返しができる機会を与えていただき光栄です」

     ▽今野「このような記念の大会で始球式を務めることができ、大変嬉しく、また光栄に思います。日頃の努力は報われるので、球児の皆さんも最後まで諦めずに頑張ってください」

     ▽栗原打撃コーチ「いろいろな方がいる中、大役に選んでいただき、大変嬉しく思います。現役時代に沢山応援していただいたグラウンドで始球式ができることはとても光栄です」

    【【楽天】高校岩手大会は銀次、宮城大会は今野、山形大会は栗原コーチが始球式】の続きを読む



    7月6日に開幕する第100回全国高校野球選手権の岩手大会で、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次選手(30)=本名・赤見内銀次、同県普代村出身、盛岡中央高卒=が始球式の投手を務めることが20日、決まった。県高野連が発表した。現役のプロ野球選手が始球式で投げるのは史上初めてという。


     銀次選手は盛岡中央高時代、1年生からレギュラーとして活躍。3年生夏の岩手大会は打率7割5分と大暴れし、決勝戦でも4打数4安打だったが、惜しくも敗れ、甲子園出場は果たせなかった。平成17年にドラフト会議で楽天から3位指名され、入団した。

     始球式当日は午後6時から、仙台市で西武戦が予定されているが、時間的に間に合うといい、銀次選手は「ぜひやりたい。現役選手で初めて始球式で投げられるのはうれしい」と申し出を快く承諾したという。

     県高野連の佐々木明志理事長は「銀次選手に記念大会を盛り上げていただくことは大変光栄。県内の高校球児、県民とも楽しみだろう」と感謝と喜びの言葉を述べた。 【高校野球岩手大会、始球式は楽天・銀次 現役プロ野球選手では史上初】の続きを読む

    このページのトップヘ