1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 08:58:32.22 ID:c4SIT3zo.net
巨人と阪神の“場外戦”がデーブ楽天誕生で勃発しそうだ。

 14日、星野仙一前監督(67)の退任により空席となっていた指揮官の座に、ファンの反対を押し切る形で大久保博元二軍監督(47)が内部昇格することが決定。これにより、新指揮官との確執が噂される嶋基宏捕手(29)のFA宣言が現実味を帯び、GT両球団が注目しているのだ。

 今季の巨人が苦しんだ原因の一つが、大黒柱である阿部の不振だった。来季に向けても、球団内では「捕手で出続けるのは限界」という声がある一方、ルーキーの小林は「まだレギュラーとしては力量不足」と厳しい評価も多い。今オフは先発投手が最優先の補強ポイントではあるものの“ポスト阿部”として嶋の獲得調査も始めたという。

 阪神の捕手事情は巨人以上に切迫している。今季はルーキーの梅野が92試合に出場したが、リード面も打撃もまだ成長途上。ベテランの藤井や鶴岡に上積みを期待するのは難しく、レギュラー捕手不在は悩みの種だ。嶋の動向については「ウチより先に調査を開始していると聞く」(巨人関係者)。

 嶋は昨オフに年俸変動制の4年契約を結んだが「試合数に関するある条件を満たせば『FA宣言OK』という条項が盛り込まれているというのは、球界では以前から知られていた話。巨人、阪神以外にもかなりの球団が動いている。ただし嶋が宣言すれば、彼が心酔する星野さんの意向が大きく影響するでしょうね」(某セ球団編成担当)。

 熱戦必至のCSファイナルステージはもちろんだが、この秋はGT場外戦からも目が離せない。

引用元: 楽天嶋、FA権行使wwwwwwwwww

【楽天嶋、FA権行使の可能性も】の続きを読む