狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    節目

    1: 風吹けば狗鷲 2020/06/19(金) 22:50:18.91 ID:cn+BKL970
    (19日、プロ野球 オリックス1―9楽天)

     今季、楽天が目指す機動力野球を実現させるため、ロッテからフリーエージェント(FA)で移籍してきた鈴木大のバットが、この日、好投を続けた則本昂に大きな白星をもたらした。

     同点の八回無死満塁の場面。鈴木大は「みんながつないでくれたので、ただ打ってやろうと。緊張していて覚えていない」と振り返った打球は2点適時打に。これが通算1千安打のメモリアル安打となった。

     6月の練習試合では、2番や5番といった打順が試された。三木監督は鈴木大の打順を決めるのに迷っていた。「大地には失礼だが、勝負強さを持っているし、つなぐ打撃もできるし、選球眼もいい」。監督をそこまで悩ませたのは、何でもできるからこそでもある。

     昨季まではロッテのチームリーダーだった30歳。「ここまで来るのにいろんなことがあった」と振り返るように、悩み、考え、自分自身で選んだのが楽天という新たな道だ。「それが無駄じゃないことが分かった」と鈴木大は語る。

     「すべてはチームのために」という言葉を繰り返し、仲間への愛情も深い。パ・リーグ2強を追う楽天の、新たなキーマンだ。(坂上武司)

    2: 風吹けば狗鷲 2020/06/19(金) 22:50:25.73 ID:cn+BKL970
    no title

    鈴木大地通算成績

    3: 風吹けば狗鷲 2020/06/19(金) 22:50:48.94 ID:cn+BKL970
    no title


    八回表、浅村の適時打で生還した鈴木大(中央)はベンチ前で仲間とヒジでタッチを交わす=白井伸洋撮影

    引用元: 楽天・鈴木大が通算1千安打 新たな道「無駄じゃない」

    【楽天・鈴木大が通算1千安打 新たな道「無駄じゃない」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/30(火) 21:17:56.76 ID:aXdhbqjx0BYE
    no title

    楽天辛島(19年撮影)


    楽天辛島航投手が令和初戦でチームの連敗を5で止める。
    1日からのソフトバンク3連戦(ヤフオクドーム)で先陣を切る左腕は「連敗しているからといって、自分の投球を変えることはできない。いいと思ってやってることを続けるだけ」と泰然。
    4月2日の本拠地開幕戦、平石監督の誕生日だった同23日と指揮官に2つの勝利球をプレゼントしてきた。「自分、ウイニングボールへのこだわりとか全くないんです」。節目に強い男が、ひょうひょうと新元号のマウンドに上がる。

    引用元: 節目に強い楽天辛島「続ける」令和初戦で連敗阻止へ

    【節目に強い楽天辛島「続ける」令和初戦で連敗阻止へ 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 16:21:51.76 ID:sZoMXTTy0.net
     マリナーズ岩隈久志投手(34)が日米通算150勝となる今季5勝目(2敗)を飾った。7回を投げて5安打6奪三振1四球で2失点(自責2)。防御率を3・74とした。

     試合開始時間の気温が36度という暑さの中で、粘りながらの登板になった。

     初回に1死から秋信守に右前打を許して、11イニングぶりに被安打。3点リードで迎えた2回には先頭モアランドから空振り三振を奪い、メジャー通算500奪三振を記録するも、2死からオドールにセンターへのソロ弾を許して、13イニングぶりに失点した。

     

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 16:22:11.12 ID:sZoMXTTy0.net
    球速が上がらない中でも、高めの速球を振らせたり、変化球を低めに集めたり、得意の制球力で勝負した。

     3-1で迎えた7回は先頭打者に四球を与えた後、1死一、三塁のピンチを迎えた。ウィルソンにセンターへの犠牲フライを許したものの、なんとか最少失点で食い止めて降板。中継ぎ陣に託した。

     岩隈は「(日米通算150勝)うれしいですよね、こうやって1つ1つやってきましたんで、これからも1つ1つ勝利を積み重ねていきたいと思っています」と喜んだ。

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 16:22:37.06 ID:sZoMXTTy0.net
    no title

    引用元: 【遅報】岩隈日米150勝

    【【遅報】岩隈日米150勝】の続きを読む

    このページのトップヘ