狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    経営

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/19(月) 23:19:59.54 ID:Uxxk9TKid

    no title

    東北楽天を運営する楽天野球団の2017年度決算が黒字となった。本拠地球場のスタンド増設やボールパーク化への積極的な投資で集客を伸ばし、球団創設13年目でプロ野球チームを健全に運営できるだけの売り上げ規模になった。
     球団は2014~16年、本拠地球場で創設時の05、06年の第1期改修以来となる第2期改修を実施。スタンド増設や観覧車設置、音響映像システムの更新、グラウンドの天然芝化などに約80億円を投資した。

    実質的な収容人数は約2万2000から約2万7000に拡大。ボールパーク化により、飽きさせない空間づくりも支持され、観客数は年々増加した。17年は開幕から夏場まで首位を走ったチームの好成績もあり、年間動員は過去最多の177万人を記録した。

    招待券比率は、この5年で約15%から約5%に下がり、有料入場者が増加した。観客1人当たりの滞在時間や消費額も伸び、収益力がアップ。運営面でも試合ごとにきめ細かい動員予測を立て、
    グッズや飲食に売れ残りや売り逃しが出ないようノウハウを蓄積。満員で盛り上がる球場はスポンサーの関心を引き、販売促進への活用など、協賛メニューも増やしたという。

    これらを可能にしたのは、球団創設時に宮城県から委譲された球場の使用営業権だ。球団は球場改修を自己負担で行う代わりに、自由に運営して収益を上げることができる。森井誠之執行役員営業本部長は「スピード感を持ってイベントなどのアイデアを形にできる」と話す。

    近鉄が消滅して新球団として参入した当時、プロ野球は一部の人気球団を除き、親会社が年間20億~30億円を支払い、赤字を穴埋めするのが一般的とされた。

    これに対し、親会社楽天(東京)の球団への支出は、年間5億円程度にとどまるとみられる。球団の岡田朋城コーポレート本部長(公認会計士)は「広告の正当な対価としていただいている」と健全な関係と説明する。

    12球団の本拠地では比較的規模が小さい100万都市仙台で球団運営が可能であることを示した。岡田本部長は「今年の決算は球団が自走できることを実証した第一歩の数字」と語る。(野仲敏勝)

    2: 風吹けば狗鷲 2018/02/19(月) 23:20:14.76 ID:Uxxk9TKid
    楽天野球団の立花陽三社長に、17年度決算の黒字について聞いた。

     -黒字の要因は。

     「お客さまが増えたことが一番大きい。2軍施設の増強などチーム強化の設備投資を償却しても、黒字になったのはうれしい。投資が利益を生み、チームの強化につながるという、いい循環になっている」

     -観客増につながったのは何か。

     「喜んでもらうことをシンプルに積み重ねた結果。『雨の日は座席を拭くタオルが必要』との声を聞けば、球場のサービスデスクにタオルを置くなどした。梨田昌孝監督や選手も球団の方針を理解し、ファンサービスや地域貢献に取り組んでいる」

     -球場の営業権を宮城県から委譲された効果も大きい。

     「自治体との協力関係は重要だ。野球教室の開催では各地の教育委員会の協力をもらうなど、いい関係を築いている。地元経済界にもパワーをもらっている」

     -球界再編を受けた新球団として黒字化の意義は。

     「従来の球団は親会社が広告のために持っていた部分もあるが、これからは利益も出せるから球団を運営するという時代になる。プロスポーツが日本に根付くため、大きなインパクトがある」

     -今後の目標は。

     「今年は年間180万人の動員が目標。主催のほぼ全試合を満員にする必要があるが、これを達成できれば、次のスタンド増設の話も出るだろう」
     「ただしプロスポーツは一つの不祥事や事件でお客さまを失う商売だ。その危機感は常に持って球団経営に当たりたい」

    6: 風吹けば狗鷲 2018/02/19(月) 23:20:56.01 ID:Uxxk9TKid

    引用元: 【ガチ快挙】楽天、仙台とかいう片田舎で球団の黒字化に成功w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w

    【【ガチ快挙】楽天、仙台とかいう片田舎で球団の黒字化に成功w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w.w 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/19(月) 13:07:12.40 ID:l3zI983w0
    no title

    東北楽天の立花陽三社長=2017年8月

     楽天野球団の立花陽三社長に、17年度決算の黒字について聞いた。



     -黒字の要因は。

     「お客さまが増えたことが一番大きい。2軍施設の増強などチーム強化の設備投資を償却しても、黒字になったのはうれしい。投資が利益を生み、チームの強化につながるという、いい循環になっている」

     -観客増につながったのは何か。

     「喜んでもらうことをシンプルに積み重ねた結果。『雨の日は座席を拭くタオルが必要』との声を聞けば、球場のサービスデスクにタオルを置くなどした。梨田昌孝監督や選手も球団の方針を理解し、ファンサービスや地域貢献に取り組んでいる」

     -球場の営業権を宮城県から委譲された効果も大きい。

     「自治体との協力関係は重要だ。野球教室の開催では各地の教育委員会の協力をもらうなど、いい関係を築いている。地元経済界にもパワーをもらっている」

     -球界再編を受けた新球団として黒字化の意義は。

     「従来の球団は親会社が広告のために持っていた部分もあるが、これからは利益も出せるから球団を運営するという時代になる。プロスポーツが日本に根付くため、大きなインパクトがある」

     -今後の目標は。

     「今年は年間180万人の動員が目標。主催のほぼ全試合を満員にする必要があるが、これを達成できれば、次のスタンド増設の話も出るだろう」

     「ただしプロスポーツは一つの不祥事や事件でお客さまを失う商売だ。その危機感は常に持って球団経営に当たりたい」

    2: 風吹けば狗鷲 2018/02/19(月) 13:07:39.97 ID:l3zI983w0

    引用元: <楽天>立花社長 黒字化は「日本のプロスポーツにインパクト」

    【<楽天>立花社長 黒字化は「日本のプロスポーツにインパクト」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/13(月) 21:31:44.55 ID:nopi4Ny20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000082-zdn_mkt-bus_all
    楽天、特別損失243億円 「Viki」の減損など影響
    no title

    引用元:

    【楽天、特別損失243億円 「Viki」の減損など影響】の続きを読む

    このページのトップヘ