狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    経験

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/17(水) 01:27:40.42 ID:C3ie9C8y0
    no title

    イースタンリーグ楽天対日本ハム 2番手で4回無安打無失点と好投した楽天弓削


    <イースタン・リーグ:楽天7−0日本ハム>◇16日◇ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉

    楽天新人の弓削隼人投手が、1軍デビューとなった4日以来の登板で、4回無安打と貫禄の投球を見せた。
    「1軍の経験が生きて落ち着いて投げられた」。デビュー戦では5回途中、あとアウト2つの場面で降板、直後に2軍行きを伝えられた。
    「本調子ではなかったので、2軍でしっかりトレーニングしていこうと思った」とプラスにとらえた。再昇格には「なかなか入るスキはないですけど、食い込めるよう準備したい」と頼もしい表情を見せた。
    https://news.biglobe.ne.jp/sports/0416/nsp_190416_7396528995.html

    引用元: 楽天弓削「1軍経験生きた」どっしり貫禄4回無安打

    20181212-00000007-baseballo-000-1-view

    来季に向け、チーム作りを進める楽天・石井GM
     週刊ベースボールで楽天の
    石井一久新GMにインタビューを行った。オフの補強と育成との関係や石井GMが見据えるチーム像について存分に語ってくれた。その中で新たな考えを示したのがコーチ人事に関して、だ。

    「経験がない」という言葉は自身がGM就任時にも耳にしているが、平石洋介監督、三木肇二軍監督は初めての監督業。さらに、今季引退した小谷野栄一氏を一軍打撃コーチ、後藤武敏氏を二軍打撃コーチとして招へいしたことで、その声はさらに大きくなった。

     だが、そんな周囲の不安を一蹴した。

    「基本、やることに対して文句から入るという人たちが多い中で、経験がない人が多いんじゃないかという話をしたりする人もいるじゃないですか。でも初めてがないと始まらないし、名監督を呼んできて勝てるような甘い世界じゃないので。そこはすごい経験がある人が無難だから呼ぶだけだと思うんですよね(笑)」

     平石監督に対しても「僕は名監督にない部分があると思っている」と話し、楽天の監督として適任だと力説する。

    「楽天の中でずっと育ってきて、勝っているときも負けているときも見ているので、どうやったらこのチームは勝てるのか、どうやったら負けていっちゃうんだろうっていうのが分かっていると思います。楽天を把握している選手であって、コーチであって、ヘッドコーチであって、代行になって監督で、そうやって長くしっかりと歴史を見ているので。楽天のだらしなさも分かっているし、ストロングポイントも分かっている。楽天のいいところと悪いところが分からない人が来たって、そこからのスタートになってしまいますから」

     そして小谷野コーチ、後藤コーチに関しても「今のピッチャーの球を生で見てきている」ことを高く評価した。「コーチをずっとやっている人たちの経験とはまた違う助言をできる」と、“今”の野球へのアプローチが一番分かる人という観点で選任しているのだ。

     来季のAクラス入りはもちろん、今後、いかにしてチームが強くなっていくかを考えてアクションを起こしている石井GM。その並々ならぬ決意を聞き、ここからチームはどのように進化していくのかがより楽しみになった。

    show_img (1)

      最高のデビューまで、あと一歩だった。西口直人はその1球で、初勝利の権利を失った。9月30日、オリックス戦(楽天生命パーク)、2点リードの8回、二死三塁。オリックス・宗に右翼席に運ばれ同点。続く福田に二塁打を許したところで降板を告げられた。8回途中5安打2失点。堂々のデビュー戦だったが、同時にプロの厳しさも突きつけられた。

     最高の投球だった。最速148キロの直球にカーブ、チェンジアップを効果的に織り交ぜ、7回までピンチらしいピンチもなかった。「緊張もあったけど真っすぐで押していこうと、腕を振ることだけ考えていきました。今までやってきたことは出せました」。納得の投球ができただけに、より1球の重みが感じられた。

     一発を浴びたのは内角へのストレート。「真っすぐの球威は少し落ちてきていたと思うけど、しっかり投げ切らないと」と唇をかんだ。それでも満足感ではなく、手応えと悔しさを胸に突入するオフは、より充実したものになるはず。たった1度の登板で、首脳陣に西口の名前をはっきり刻み込んだことも、大きな意味があった。

     苦労なく歩んできたわけではない。ドラフト10位で、2016年秋のドラフトで12球団最後に指名された支配下選手。プロ入り後は、高く評価されながらも度重なるケガで、チャンスを逃してきた。「この悔しさを、来シーズンにぶつけられれば」と語った右腕。飢餓感を抱えて臨む来季、一気のブレークにつなげていく。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/16(金) 22:57:02.57 ID:2Ufi0/KU0
    ◆練習試合 阪神10―1楽天=特別ルール=(16日、宜野座)

     楽天・高梨雄平投手(25)が、阪神打線の勢いに飲まれた。6回に3番手でマウンドに上がったが、1イニングで6安打7失点。昨季は46試合、43回3分の2で自責点がたった「5」だった男が、練習試合だったとは言え、阪神打線につかまった。

     貴重なリリーフ左腕として大きな期待をする梨田監督は「去年よりもコントロールがよくなりすぎてストライクがどんどん入っちゃうからね。去年は2ボールとか3ボールから打ち取ったりとかだったけど、ちょっとまとまりすぎた部分があるので、逆にいい経験になったかなと思う。1イニング7点だからね。なかなか見られないよね」と驚きを隠せなかった。
    あくまで調整段階での投球だったこともあり、2年目左腕を責めることはなかった。

     この日視察した侍ジャパン・稲葉監督も「打たれたときの立ち振る舞いや打たれたボールを見ることができた」と収穫を口にしていた。


    no title

    試合後、佐藤コーチ(中央)から指導される(左から)高梨、戸村、藤平、小野、池田、ソン・チャーホウの投手陣

    2: 風吹けば狗鷲 2018/02/16(金) 22:57:30.56 ID:2Ufi0/KU0

    引用元: 【楽天】高梨、1イニング6安打7失点 梨田監督「いい経験になったかな」

    【【楽天】高梨、1イニング6安打7失点 梨田監督「いい経験になったかな」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/06/05(月) 15:23:40.39 ID:/Ke2Np6k0
    阿部慎之助より優勝してるしガチで歴史に残る捕手ですわ

    引用元: 細川亨←日本一5回(現役最多)、今年楽天優勝で6回目へ 

    【細川亨←日本一5回(現役最多)、今年楽天日本一なら6回目へ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/23(月) 08:25:10.06 ID:VkVUbj/A0
    no title


    自主トレで捕球ポーズをとる新加入のベテラン細川
     楽天・細川亨捕手(37)が、楽天捕手陣の“教育係”になることを宣言した。22日、コボパークの室内練習場で自主トレを公開。「嶋(基宏)、足立(祐一)とかに経験してきたことをしゃべったり、自分が出た時にプレーを見せてあげれば、みんなのレベルアップにもなると思う。そこをやっていければいい」。
    西武、ソフトバンクで6度のリーグ優勝に導くなど、豊富な経験を後輩捕手に伝授していく考えだ。

     新天地で多くの選手や球団関係者にあいさつを受けたが、「誰にされたか分からないくらい、みんなにあいさつしてもらったので、全く覚えていないです」と苦笑い。
    これまでバッテリーを組んだことがある投手がほとんどおらず、「プライベートで食事に行くのが一番分かると思う」と投手陣にも積極的にグラウンドの外でも声をかけてコミュニケーションを取っていく。

     「日本一をつかみに行きたいと強く思っている」。オフの自主トレでも精力的に走り込みをこなし、まだまだ若々しさは健在。13年以来4年ぶりの日本一奪還へ、心強い扇の要が加入した。(安藤 宏太)

    引用元: 【楽天】細川先生、「捕手塾」で嶋に足立に経験伝えます 

    【【楽天】細川先生、「捕手塾」で嶋に足立に経験伝えます】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/11/27(日) 22:17:18.86 ID:Ie52mvWp0
     楽天からドラフト1位で指名された横浜高・藤平尚真投手(18)が27日、横浜市内で行われた同校野球部3年生の引退試合で、高校最後のユニホーム姿を披露した。

     初体験の遊撃では、試合開始直後にフライを落球するなど3失策。「やってみたかったんですけど、難しいです。内野手がみんなノックを嫌がる理由が分かりました」と、苦笑した。八回からはマウンドへ。2回無失点、3奪三振の投球で、保護者や学校関係者ら約300人を沸かせた。

     3年生28人が2チームに分かれての試合は終始、和気あいあいとしたムードで進み、スコアも9-9の引き分け。笑みが絶えなかった藤平は「横浜高校で学んだのはチームワーク。この仲間でしかできない野球がある。大事にしていきたい」と、名門で過ごした3年間をプロでの飛躍につなげることを誓った。

    no title

    横浜高野球部の卒業記念試合で遊撃の守備に就き、笑みを浮かべる藤平

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000090-dal-base

    引用元: 楽天ドラ1藤平、横浜高引退試合で初の遊撃「ノックを嫌がる理由が分かりました」

    【楽天ドラ1藤平、横浜高引退試合で初の遊撃「ノックを嫌がる理由が分かりました」】の続きを読む

    このページのトップヘ