狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    育成選手

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:50:56.51 ID:rszMamfpd
    司会者の要望で特技のボイスパーカッションまで披露

     楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内で行われた。支配下登録8選手、育成選手2選手の新入団10選手と平石洋介監督、石井一久GMが参加し、ドラフト1位の辰己涼介外野手らが意気込みなどを語った。

     八千代松陰高から育成ドラフト1巡目で指名された清宮(せいみや)虎多朗投手は会見でプロで対戦したいバッターを問われ「対戦したいバッターは清宮選手です」と、日本ハムの清宮幸太郎内野手に“挑戦状”。さらには、司会者からの熱い要望を受け、特技のボイスパーカッションまで披露していた。

    引用元: 清宮「清宮と対戦したい」

    【清宮「清宮と対戦したい」 】の続きを読む

     楽天の育成・松本京志郎内野手(19)と中村和希外野手(23)が19日、ともに現状維持の年俸250万円でサインした。

     ともに育成1年目だった今季。イースタン・リーグでは、松本は63試合で0本塁打5打点、打率1割6分4厘、中村は10試合で0本塁打0打点の打率1割1分1厘に終わった。

     来季の支配下登録へ、松本は「今シーズンは2軍で本隊に多く帯同させていただきましたが、夏場にバテてしまい、技術面や体力面で弱さを感じたシーズンでした。来シーズンまずは支配下登録を目指して、一番の長所であるバッティングの質を高めて、体力もしっかりとつけてアピールしたいと思います」と意欲。中村は「今シーズンは技術面で自分の身についたことはたくさんありましたが、それを2軍の試合で発揮することができず、不甲斐ないシーズンでした。来シーズンは勝負の年だと思いますので、オフシーズンのトレーニングをしっかりと取り組んで、春季キャンプからいいアピールができるようにしたいと思います」とコメントした。

    19110E1B-DE40-4C39-96E5-519D1A008676

    プロ野球ドラフト会議>◇25日

    八千代松陰・清宮虎多朗投手は楽天が育成1位指名し交渉権を確定した。190センチの右腕で最速は145キロをマーク。

    ◆清宮虎多朗(せいみや・こたろう)2000年(平12)5月26日、千葉県八千代市生まれ。幼稚園の年長から野球を始め、八千代松陰中では2年時に全国大会出場。高校では1年秋からベンチ入り。2年秋から背番号「1」。190センチ、85キロ。右投げ左打ち 

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/01(月) 13:06:43.48 ID:X+33AR7h0
    楽天:来季の選手契約に関して
    本日、以下の6選手へ、来年度(2019シーズン)の選手契約を行わない旨を伝えましたので、お知らせいたします。
    ・小山 雄輝 投手 63
    ・横山 貴明 投手 054
    ・宮川 将 投手 121
    ・入野 貴大 投手 124
    ・匠 内野手 126
    ・向谷 拓巳 内野手 130
    https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001552.html

    265: 風吹けば狗鷲 2018/10/01(月) 13:42:38.77 ID:txLF5krAd
    球団事務所を訪れた小山は「2年間でしたけど、(球団に)凄くよくしてもらったし、温かく迎え入れてくれた。いい人たちに囲まれて野球ができた」と振り返った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000109-spnannex-base

    引用元: 楽天小山全力外

    【楽天小山ら6人に戦力外通告】の続きを読む

     楽天は26日、育成選手石橋良太投手(27)と支配下選手契約を結ぶことに合意したと発表した。背番号は「028」から「94」に変更。

     石橋は15年のドラフト5位で社会人のHondaから楽天に入団。1年目には6試合に登板したが、2年目の昨季は1軍登板なし。オフに支配下契約に変更となった。

     今季はファームで17試合に登板、投球回数51回2/3、1勝3敗、33奪三振、防御率2.09の成績を残していた。

     石橋は球団を通して「支配下登録を目指してやってきたのでうれしいです。継続して今までやってきたことを精一杯やるだけです。残りのシーズンで、一軍のマウンドに上がれるように頑張ります」とコメントしている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000100-spnannex-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     全てが凝縮されている、重みのある言葉だった。楽天久保は「また野球が出来る。契約してもらえる。本当に、そこですね。楽しくやっていきたい」と満面の笑みで話した。5日に支配下登録された。昨季からテスト入団で楽天に加わるも、9月に「右第4、5手血流低下」と診断され、同10月に戦力外を受けた。今季は育成選手として再出発。プロ16年目のベテランは故障を完治させ、背番号「091」から「91」を勝ち取った。

    【写真】笑顔でランニングする楽天久保

     松坂世代の37歳。巨人時代に同僚だったBC栃木・村田の話題になると、さらに言葉に力を込めた。

     久保 良かったですよね。もちろん彼らの活躍が刺激になるし、野球が出来ることの幸せというものを感じますよね。

     ともに第一線でやってきた間柄だからこそ、分かるものがある。そんな表情だった。「僕らも、もう若くないので。明るく元気に頑張りたい」と続けた。既に現役を引退した元ヤクルト新垣、元日本ハム多田野などもいれば、久保や村田、ソフトバンク和田のように現役を続ける選手も多数いる。

     限りある時間。1日、1日の過ごし方が、未来を左右する。そんなことを考えさせられる言葉だった。【楽天担当 栗田尚樹】

     最下位に低迷する楽天にあって、明るい要素もある。5日に育成契約から支配下登録され1軍に昇格した37歳右腕、久保裕也投手の存在だ。5日の試合前練習後には報道陣の待つ球場内通路で「いえーい!!帰って来ましたー!!」と大きな声で喜びを表現した。

     昨年は中継ぎで27試合3勝1敗6ホールドの成績を残したが、9月に右手の薬指、小指に血行障害の症状が出て登録を抹消された。10月には戦力外通告を受け、育成選手として再契約。11月には手術を受けたが「血管が詰まっていたら、開かなければいけなかったが、血管に手を付けずに済んだ」と最悪の事態は免れた。

     約1カ月の投げられない時期はあったが、昨年末には投球を再開。キャンプは2軍となったが、リハビリと調整を重ね、再び支配下登録を勝ち取った。「本当は開幕前に(1軍に)上がれたら良かったが、そんなにうまくいく訳もなく。でも比較的早い段階で1軍に呼んでもらえたので精一杯頑張りたい」と意気込んだ。

     いわゆる松坂世代。初勝利を挙げた中日・松坂には「頑張ってるなと思った」と刺激を受けている。既に中継ぎで2試合に登板し防御率は3・00だが、比較的安定した投球を披露している。練習着の袖の番号はまだ、育成時代の「091」。「0」を自らニッパーで取ろうとしたがうまくいかず「刺繍が二重になってるんですよ。しぶといです」笑う37歳。袖の「0」は取れなくても、チームの浮上のために身を粉にして奮投する姿を見れば、誰もが育成選手だったことは忘れるはずだ。(記者コラム・黒野 有仁)

    【楽天の“松坂世代”久保 チームの浮上へ奮闘 5日に育成契約から支配下登録】の続きを読む

    このページのトップヘ