狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    自主トレ

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/28(月) 08:11:19.64 ID:Xk28C4Zqd
    no title

    ブルペンで約30球を投げ込んだ辛島

     楽天の辛島航投手(28)が27日、楽天生命パークの室内練習場でブルペン入り。立ち投げながら力のある直球にカーブを交えて約30球を投げ込んだ。昨シーズンは則本昂大投手(28)、岸孝之投手(34)に続く22試合に先発した左腕は「とにかくケガなく、1年間ローテーションを守りたい」と意欲を語った。


     昨年は6月22日の日本ハム戦(楽天生命パーク)で打球が左手を直撃し一時離脱に追い込まれたが、ほぼ1年間ローテを守り抜いた。ただ投球回は120イニングに届かず。昨年の契約更改ではフロントから「140回ぐらいを目指して欲しい」と要望を受けた。

     精悍(せいかん)な顔つきからも、順調な仕上がりがうかがえる。自主トレ期間中は、筋力トレーニングにも意欲的に取り組んできた。「体重は78キロから4キロ落として74キロぐらい。体が動くし、軽いので、走り込みもしっかりできている」と納得の表情だ。

     左腕の塩見貴洋投手(30)が腰痛のため離脱している。先発左腕では辛島は中心的な存在で、チームからの期待も大きい。「とにかくケガをしないこと。投げられない状況が一番いけない」。1年間、チームのために働く―。左腕は責任感を胸に、全力で腕を振る。(高橋 宏磁)


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20190127-OHT1T50273.html

    引用元: 【楽天】辛島航、筋トレで体重4キロ減「1年間ローテーション守る」

    【【楽天】辛島航、筋トレで体重4キロ減「1年間ローテーション守る」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/23(水) 19:09:10.29 ID:pwgmroPC0
    no title


    楽天の本拠地の室内練習場で自主トレを行った右から松井、ヤンキース・田中、則本昂、辛島   

    引用元: 【画像あり】今年の楽天田中組の自主トレがこちら

    【【画像あり】今年の楽天田中組の自主トレがこちら 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/20(日) 17:58:13.85 ID:RLTsV1Wv0
    no title


    楽天生命パークの室内練習場で打撃練習を行った楽天・オコエ
     楽天・オコエ瑠偉外野手(21)が20日、楽天生命パークの室内練習場で自主トレを行った。昨年末に平石監督から「ふざけた髪形でキャンプに来たら、監督室でハサミを入れる」と予告されていたが、この日はスポーツマンらしい短髪。髪形についても「ノーコメント。発信する必要がない」と話すにとどめるなど、今季にかける本気度をうかがわせた。

     今オフは神奈川県内で自主トレを行い、前日(19日)に仙台に戻ってきたという。体重を増やして臨んだ昨季は、右太もも裏の肉離れなど故障に泣いたこともあり、「余分な体重を減らしてきました。去年より7~8キロ落として、今は92~93キロくらいですかね」。マシン打撃では、引き締まった体形から鋭い打球を連発していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000128-sph-base

    引用元: 【楽天】オコエが仙台で自主トレ 本気の短髪で4年目のブレイクを狙う

    【【楽天】オコエが仙台で自主トレ 本気の短髪で4年目のブレイクを狙う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/20(日) 17:38:05.73 ID:RLTsV1Wv0
    no title


    <楽天自主トレ>ブルペンで投球フォームを確認する由規(撮影・沢田 明徳)
     今季から育成選手として楽天に加入した由規投手(29)が20日、仙台市の楽天生命パークの室内練習場で行っている自主トレを報道陣に公開した。昨季限りでヤクルトを戦力外になり、故郷の仙台から再出発。現在は右肩痛からの復帰を目指してリハビリに励んでいるが、復活に向けて確かな手応えを口にした。

     「新鮮な気持ちでやれている。リハビリをやっていると焦りはあるけど、焦ってもしょうがない。環境が変わってリハビリに対するアプローチも変わってきて、いろいろ試すことも見えている」

     本格的な投球練習は再開できていないが、マウンドからネットに向かって球を投げるネットスローを19日から始めた。「楽天の関場トレーナーの指示を受けながら、着実にステップを踏んでいる。
    「強度はそこまで上げていない。キャンプに入ればおのずと捕手に対して投げるようになると思う」。再発を防ぐためにコンディションを最優先にしながらフォームを固めることが現段階での大きなテーマだ。焦りがないと言えば嘘になるが、今は「我慢の時期」を過ごしている。

     高校生まで過ごした仙台を拠点にする球団で復活を目指すことに縁を感じている。「地元でやれるのは嬉しい。いつまでというのはないけど、気づけば投げられるようになっていたい」と由規。地元への恩返しのためにも、杜の都で完全復活を遂げる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000135-spnannex-base

    引用元: 楽天・由規 故郷での復活へ手応え「気づけば投げられるようになっていたい」

    【楽天・由規 故郷での復活へ手応え「気づけば投げられるようになっていたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/20(日) 17:23:59.32 ID:RLTsV1Wv0
    no title

    去年のキャンプでの宋
     楽天の宋家豪投手(26)が、仙台空港着の航空機で再来日した。オフは台湾に戻って自主トレを行い「台湾でしっかり体をつくってけがなくここまでこれているので調整は順調です」と説明。

     昨季は中継ぎとして40試合に登板し、5勝3敗、6ホールド、防御率1・73の好成績を残した。4年目の今季に向けて「日本にも慣れてきました。キャンプからしっかり投げて、どんどんアピールしていきたい」とコメントした。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/20/kiji/20190120s00001173263000c.html

    引用元: 楽天・宋家豪 充実の母国自主トレから再来日「どんどんアピールを」

    【楽天・宋家豪 充実の母国自主トレから再来日「どんどんアピールを」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/20(日) 14:05:23.75 ID:RLTsV1Wv0
    no title

    <楽天自主トレ>笑顔でティー打撃するオコエ(撮影・沢田 明徳)
     楽天のオコエ瑠偉外野手(21)が、引き締まったボディを披露した。前日に関東地方での自主トレを打ち上げ、19日に今年初めて仙台市の楽天生命パークの室内練習場で自主練習を行った。

     マシンを相手にバットを振り込むからだは、かなり引き締まった印象で「だいぶ絞れましたよ」と笑顔。昨季終了時点で体重は100キロの大台を超えていたが「シーズンが終わってすぐに約10キロ落とした。余分な体重を減らして、今は92~93キロぐらいです。(調整は)順調にきている」と説明した。

     平石監督が、ヘアースタイルについて「あまりにもふざけた髪形というか、プロ野球選手らしくない髪形だったら切りますよ」とくぎを刺していたが、この日のオコエはオーソドックスな短髪姿で「(監督の発言は)記事で読みました。ノーコメントです」と話すにとどめた。

     2月の沖縄・久米島キャンプは、すでに1軍スタートすることが決まっている。ドラフト1位・辰己(立命大)らライバルも増えるが「開幕1軍に入れるように、しっかりアピールしたい。レギュラーを獲ることが出来たことがないので」と表情を引き締めた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000093-spnannex-base

    引用元: オコエ 体重大幅減に笑顔「だいぶ絞れた」 髪形はオーソドックスな短髪

    【オコエ 体重大幅減に笑顔「だいぶ絞れた」 髪形はオーソドックスな短髪 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/12(土) 22:03:43.27 ID:2vCBjdBNd
    no title

    愛媛県内での自主トレで赤色のグラブを使う楽天浅村(撮影・江口和貴)

    新天地での活躍を、東京五輪につなげる。西武から楽天にFA移籍した浅村栄斗内野手(28)が12日、愛媛・今治市内での合同自主トレを公開した。黒地に赤で縁取りをした楽天仕様の新グラブを、キャッチボールでお披露目。「楽天カラーのグラブが届きました。(感覚は)違和感なく、いつもと同じ。赤は好きなので」と笑った。

    足元は、白色のスパイクに赤色のひもの“日の丸カラー”だった。来年に迫った東京五輪。「東京で出来るのもあるし、自分もそこに選ばれるように、成績を残したいという気持ちを持ってやっている」と初めて言及した。
    昨年11月の日米野球はテレビ観戦。西武のチームメートが多く選出されており「あの中でやりたい」という思いが強くなった。大阪桐蔭時代と13、18年に代表を経験。日の丸をつけてのプレーに「シーズンとは全く違うプレッシャーがある。1試合で終わる可能性もあって、経験できたら人生の大きなものになる。目指したい」と言い切った。

    楽天では2年連続の「打率3割30本塁打100打点」を目標に掲げると同時に、指南役にも意欲をみせる。若手からの質問に「自分も先輩から聞いてやってきて、今がある。しっかり答えていこうと思う」と自覚を示した
    。西武熊代らとの自主トレは、5年連続。昨年までの仲間が敵となるが「まずはライオンズをしっかり倒せるように、頑張ります」と笑顔でのリップサービスも飛び出した。

    当然、初の移籍で不安もある。「今年は、自分もやらなきゃいけないと思っている。今までと違ったプレッシャーもあって、自分のことで、いっぱいいっぱいになると思う」と素直に明かした。五輪出場の目標のためにも、まずは楽天での活躍が第1歩となる。【保坂恭子】


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901120000797_m.html?mode=all


    no title



    no title


    愛媛県内で自主トレを行いサッカーでパス回しする楽天浅村(中央)。左は西武熊代(撮影・江口和貴)

    引用元: 指南役務める楽天浅村「全く違う」東京五輪への思い

    【指南役務める楽天浅村「全く違う」東京五輪への思い 】の続きを読む

    このページのトップヘ