狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    自主トレ

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/12(土) 22:03:43.27 ID:2vCBjdBNd
    no title

    愛媛県内での自主トレで赤色のグラブを使う楽天浅村(撮影・江口和貴)

    新天地での活躍を、東京五輪につなげる。西武から楽天にFA移籍した浅村栄斗内野手(28)が12日、愛媛・今治市内での合同自主トレを公開した。黒地に赤で縁取りをした楽天仕様の新グラブを、キャッチボールでお披露目。「楽天カラーのグラブが届きました。(感覚は)違和感なく、いつもと同じ。赤は好きなので」と笑った。

    足元は、白色のスパイクに赤色のひもの“日の丸カラー”だった。来年に迫った東京五輪。「東京で出来るのもあるし、自分もそこに選ばれるように、成績を残したいという気持ちを持ってやっている」と初めて言及した。
    昨年11月の日米野球はテレビ観戦。西武のチームメートが多く選出されており「あの中でやりたい」という思いが強くなった。大阪桐蔭時代と13、18年に代表を経験。日の丸をつけてのプレーに「シーズンとは全く違うプレッシャーがある。1試合で終わる可能性もあって、経験できたら人生の大きなものになる。目指したい」と言い切った。

    楽天では2年連続の「打率3割30本塁打100打点」を目標に掲げると同時に、指南役にも意欲をみせる。若手からの質問に「自分も先輩から聞いてやってきて、今がある。しっかり答えていこうと思う」と自覚を示した
    。西武熊代らとの自主トレは、5年連続。昨年までの仲間が敵となるが「まずはライオンズをしっかり倒せるように、頑張ります」と笑顔でのリップサービスも飛び出した。

    当然、初の移籍で不安もある。「今年は、自分もやらなきゃいけないと思っている。今までと違ったプレッシャーもあって、自分のことで、いっぱいいっぱいになると思う」と素直に明かした。五輪出場の目標のためにも、まずは楽天での活躍が第1歩となる。【保坂恭子】


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901120000797_m.html?mode=all


    no title



    no title


    愛媛県内で自主トレを行いサッカーでパス回しする楽天浅村(中央)。左は西武熊代(撮影・江口和貴)

    引用元: 指南役務める楽天浅村「全く違う」東京五輪への思い

    【指南役務める楽天浅村「全く違う」東京五輪への思い 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/12(土) 20:56:23.18 ID:tV2HudDA0
    no title


    <楽天・浅村自主トレ>野球教室に参加した子供らの前で打撃を披露する西武・熊代と打球を見守る楽天・浅村 (撮影・白鳥 佳樹) 
     楽天・浅村が、中学生に「フルスイングのススメ」を説いた。

     12日、昨季まで西武でチームメートだった熊代らと行っている愛媛県今治市内で自主トレと公開。練習後には、同市内の中学生を対象にした野球教室を開いた。

     打撃練習では「バッティングはフルスイングすることが一番大事。フォームとか形は考えなくていいから、とにかく全力で振るように」とアドバイス。昨季の打点王からの金言に、参加した約180人の中学生は目を輝かせていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000136-spnannex-base

    引用元: 楽天・浅村 中学生にフルスイングのススメ「とにかく全力で振るように」

    【楽天・浅村 中学生にフルスイングのススメ「とにかく全力で振るように」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/10(木) 20:12:06.92 ID:WWzwJqMW0
    9日にスタートした楽天の新人合同自主トレで存在感
    no title

    楽天の新人合同自主トレに臨んだドラフト5位の佐藤智輝【写真:高橋昌江】
     9日から楽天生命パークの室内練習場で始まった楽天の新人合同自主トレ。ドラフト5位の佐藤智輝投手(山形中央高)はプロの先輩たちからの学びを生かし、成長を誓っている。


     初日は最初のランニングから18歳らしく元気を出して練習を盛り上げた佐藤。「すごくいい自主トレだったなと思います。緊張感はあったんですけど、ドラフト1位の辰己(涼介)さんを中心に声を出していこうということだったので、しっかり元気よくできたのかなと思います。
    自分が一番、下なので、盛り上げていこうと思って、ハイタッチとかしました」と笑顔。平石洋介監督ら首脳陣の視線もあったが、「元気だったり、はつらつなプレーを見ていただけたのかなと思います」と胸を張った。

     佐藤は昨年12月、岩手・盛岡市で開催された野球フォーラムで、マリナーズ入りした菊池雄星投手と対面。「何が何でも、成長したいという気持ちがあるので」と、来年の自主トレをお願いした。
    「握手していただき、『是非、アメリカで』と言っていただきました。自分のためになったり、チームの勝ちにつながったりするのであれば、自分の意見はどんどん出していかないといけないなと思っています」と話す。

     山形中央高と菊池の母校・花巻東高は同じトレーナーが関わっているつながりもあり、山形中央高のミーティングでは庄司秀幸監督が菊池の話をすることもあるという。佐藤の中で憧れが募っていた。「しかも、メジャーリーグに挑戦するという話もあったので、ここは行くしかないと思って行きました」と果敢にアピールした。

    受け身にならず貪欲に学ぶ「そこは苦労しないと思います」

    「元々、“山形”の子で、(前に)出て行けなかった子」と振り返る庄司監督は、佐藤が菊池へ自主トレを申し込んだことに驚きながらも、教え子の成長を感じ取った。
    野球フォーラムで菊池が話した内容は、山形中央高の後輩たちにパワーポイントを使ってしっかりと伝えた。「3分の予定が1時間になりました」と庄司監督。わずか1日でまとめ、菊池からの学びをアウトプットした。

     プロの“予習”を済ませてきた。「1軍で投げている選手から入寮前にいろいろな話を聞けたりしたので良かったです」と佐藤。年始には山形中央高の先輩の阪神・横山雄哉投手、日本ハム・石川直也投手、阪神入りした斎藤友貴哉投手(Honda)らと母校で練習をした。
    昨季、52試合に登板し、チームトップの19セーブを挙げた石川からは「自分で掴みに行くかどうか。同じチームの選手でも全員がライバルで、1日1日がギャンブルのような生活だ」と言われたという。中学2年だった2014年の山形大会決勝で石川の快投を見て山形中央高を志望した佐藤は、憧れの先輩からの“金言”に「自分も1日1日、悔いなく過ごしていきたいと思います」と決意を固めて仙台入りした。

     受け身にならず、積極的な姿勢や貪欲に学ぶ姿勢は、プロで生きる上で必要な要素だ。「そこは苦労しないと思います。明るくて前向きなところがウリの子」と3年間、指導してきた庄司監督は太鼓判を押す。
    積極的な姿勢は帰り際にも。「サイン、書いてきていいですか?」と寒空の中で待っていたファンの元へ走った佐藤。1年後、成長した姿で菊池と自主トレができるよう、日々をしっかりと積み重ねていく。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00278844-fullcount-base

    引用元: 楽天ドラ5佐藤、菊池雄星に来オフの自主トレ参加“志願”「何が何でも成長したい」

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/05(水) 13:38:06.33 ID:1g5A3KTt0
    no title


    広島・田中と合同自主トレする楽天・山崎
     楽天の山崎剛内野手(22)が、来年1月に沖縄で行う自主トレーニングで広島・田中に弟子入りすることを明かした。この日、仙台市内の球団事務所で臨んだ1年目の契約更改は50万円増の1050万円でサイン。
    今季は茂木の負傷離脱もあって本職の二塁以外の遊撃も含めて33試合に出場したが、打率・232、4盗塁に止まり。「レギュラーの方のケガでチャンスをもらったが、1軍のレベルを痛感した」と振り返った。

     オフは同僚の今江、広島の田中らの自主トレに参加する。来季は西武から浅村も加入。「二遊間で勝負する。(浅村、茂木に)負けないように実力を付けたい。僕の守備は動物的だが、田中さんは堅実。自分の目指すべき選手なので、確率の高い守備を学びたい」と、プロ2年目に向けて成長を誓った。

    引用元: 楽天・山崎(ホ)、広島・田中に弟子入り 二遊間争いへ「確率の高い守備学びたい」

    【楽天・山崎(ホ)、広島・田中に弟子入り 二遊間争いへ「確率の高い守備学びたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/04(火) 17:30:00.20 ID:YOEQ79qw0
     楽天・釜田佳直投手(25)が4日、仙台市内で契約更改を行い、300万円ダウンの2000万円でサインした。

     今季はリリーフの一角として開幕1軍の座をつかんだ釜田。これまで主に先発だった右腕にとって、本格転向1年目だった。だが、12試合に登板したが0勝0敗1ホールドで防御率8・53。
    5月5日に登録を抹消されると、2軍でも6月2日の登板が最後となった。6月下旬に「右肩ベネット骨きょく切除術、及び後方関節包解離術・右肘クリーニング術」を受けて復帰まで6か月の見込みと診断され、シーズン中に実戦のマウンドに復帰することは出来なかった。

     右肘のトミー・ジョン手術を受けて1年間登板のなかった2014年を除くと、入団7年目にして初めて勝利を挙げられなかった。そんな中でも「リリーフに本格的に挑戦した1年で、1か月くらいしか1軍では戦力として出来ませんでしたけど、そのなかでリリーフの良さを見つけられたかなと思う。
    手術することになったけど、そんな中でも契約して下さった球団に感謝していますし、なんとか恩返し出来るようにしっかり直して来シーズンに向かいたいなと思っています」と前向きに話した。

     これまではヤンキース・田中、楽天・則本らとともに自主トレをしてきたが、術後とあって来年1月は楽天の野手が数人集まる「銀次組」に合流するプランを明かした。釜田は「キャッチャーの足立さんが来てくれると思うので。
    その時期に投げ込みをしたいと思っていた。足立さんに捕ってもらおうかなと」と説明。1月から本格的な投球練習をするために、野手の自主トレグループに混ざることになった。

     来季の起用法は現時点で未定。「まずはしっかりケガを治して1軍の舞台で投げる事が一番の目標。なんとかチームの戦力になれるように、印象が残るようなピッチングがしたい」と決意を新たにしていた。

     ◆釜田 佳直(かまた・よしなお)1993年10月26日、石川・小松市生まれ。25歳。小学2年から九思(くし)少年野球クラブで野球を始める。金沢高では1年秋からエース。3年時は春夏連続で甲子園出場。2011年ドラフト2位で楽天入団。1年目から7勝を挙げた。プロ7年間通算で76登板、20勝15敗、防御率4・66。177センチ、77キロ。右投右打。背番号21。

    引用元: 【楽天】右肩&肘手術の釜田、再起へマー組離れ異例の野手と自主トレへ

    【【楽天】右肩&肘手術の釜田、再起へマー組離れ異例の野手と自主トレへ 】の続きを読む

    20181125-OHT1I50006-L

     契約更改を終えて会見する安楽

     楽天・安楽智大投手(22)が24日、中日・松坂大輔投手(38)に弟子入りすることを明かした。今年2月に右肩を痛め、治療法などを与田2軍投手コーチ(現中日監督)らを通して相談したことで松坂と意気投合。動画を送ってフォームをチェックしてもらうなど交流を深めた。来年1月の合同自主トレを申し入れ「あれだけ一流の方なので(一緒の)空気を吸わしていただけるだけでも全然違うと思う」と意気込んだ。

     今季は入団4年目で初の白星なし。この日、仙台市内で行われた契約更改でも20%減の1600万円でサインした。昨季は米国でカーショー、ダルビッシュらと自主トレをしたが、結果が出ず「情けない思いでいっぱい。何か変えないといけない」と決意。今季最速140キロ台中盤止まりだった直球を、済美高時代の157キロまで取り戻すべく、上半身の過度なトレーニングも回避することを決めた。巨人・高田も平成の怪物に弟子入りを志願。来季復活への思いは人一倍だ。

    20181124-OHT1I50148-L

    笑顔で取材に応じる内田

     楽天は24日、近藤弘樹(23)、今野龍太(23)、
    安楽智大(22)の3投手、内田靖人内野手(23)と契約更改を行い、全4選手がサインした。今季、自身初の2桁本塁打をマークした内田は、倍増となる700万円増の1400万円でサイン。オフはポジションを争う銀次内野手(33)と自主トレを行い、確実性を学ぶ。近藤は100万円ダウンの1400万円でサイン。青山浩二投手(35)に弟子入りすることを明かした。(金額は全て推定)

     思わず笑みがもれた。会見場に入った内田は、納得の表情で席についた。倍増となる1400万円でサイン。自身へのご褒美を聞かれると「何も考えていない。しっかり貯金します」と控えめに話した。

     波の大きい1年だった。オープン戦首位打者に輝き、初の開幕スタメン。しかし結果を残せず、前半戦は不本意なままに終わった。それでも、8月以降は30試合で8本塁打と量産し、自己最多の12本塁打。10月のU―23侍ジャパンでは主将も務め、「(監督の)平石さんには、チームを引っ張っていく姿が足りないと言われていた。来季は変わったところを見せたい」とうなずいた。

     オフは銀次と合同自主トレに臨む。一、三塁を争うライバルだが「誘っていただいたので、ぜひお願いしますと。ライバルにはなりますけど、銀次さんはバッティングの確実性が高くて、僕にはそこが足りていないので、そういう部分を聞いていけたら」と話した。

    目標は3倍増「30本目指す」 来季の目標は高く設定した。「今年10本打てたので、20本、30本を目指していきたい。打率も2割5分以上は。開幕1軍に残って、1年間1軍でプレーしたい」。来季の飛躍が期待される右の大砲。ライバルにも学び、成長を続けていく。(山口 泰史)

    このページのトップヘ