狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    自己ベスト

     楽天の岸孝之投手(33)は16日、無失点記録の継続に意欲を見せた。ここまで6試合に先発し、3勝1敗、防御率はリーグトップの1・60。現在、4月25日のロッテ戦(楽天生命)の4回から、20イニング連続無失点を継続中だ。自らの連続イニング無失点記録は、西武時代の2012年に開幕からマークした20回1/3。先発する17日のソフトバンク戦(楽天生命)で、自己新に挑む。

     前回8日のロッテ戦(楽天生命)から中8日。疲労などを考慮され、間隔が空いた右腕は「回復できたかは分からないけど、(状態は)普通です。いつも通りです」と淡々。それでも、連続無失点については「取られたくない。なるべくならゼロで。投げるときは全部完投したい」と意欲をにじませた。

     今季、ソフトバンクとの対戦は4月17日(ヤフオクD)の1度。3本の本塁打を浴び、8回7安打5失点(自責4)で、今季唯一の黒星を喫した。「球場も違うし、反省はしているので、気をつけてそのときそのとき、やれることをできたらいいかなと思います」と静かに話した右腕。昨季の日本一チームを相手に自己記録を更新し、チームに白星をもたらす。(山口 泰史)

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/20(土) 11:06:26.50 ID:oDHuV0k00
    【楽天】ドラ4菅原が自己最速155キロ「スピードよりも真っすぐの質がよかった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000306-sph-base
    ◆ロッテ4x―3楽天=延長10回=(19日・ZOZOマリン)

     楽天のドラフト4位・菅原秀投手(23)=大体大=が自己最速を2キロ上回る、155キロを計測した。

     2点ビハインドの7回に2番手で登板。吉田に対しての初球でいきなり152キロの速球を投げ込むと、続く三木に対しては2球連続で自己最速となる154キロをマーク。
    さらに2死から伊志嶺をスライダー2球で簡単に追い込むと、外角低めへ決まって見逃し三振を奪った直球は155キロを計測した。

     1イニングを3者凡退で抑えた右腕は「すごく力んで投げたわけではないけど、スピードが出た。スピードよりも真っすぐの質がよかった。
    腕を思いっきり振ることだけを考えた。155キロでればいい投球というわけではないので、次の登板が大事になる」と気を引き締め直していた。

    引用元: 楽天ドラ4が155キロwwwwwwwwwwwwwwww

    【楽天ドラ4菅原155キロwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ