プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。

ロッテ・菅野剛士外野手

 楽天の茂木(栄五郎)と日本ハムの横尾(俊建)は武蔵府中リトルシニアで一緒のチームだった幼なじみです。茂木が一番で三、四番が僕と横尾。2人とは東京六大学リーグ、プロとチームは違えど、同じ道を進みました。彼らは大学卒業と同時にプロへ進みましたが、自分は社会人野球を経てのドラフト。負けてはいられないです。

 それと今、使うバットは茂木のモデルなんです。向こうのほうが経験も多いし、社会人1年目のとき、「どんな形を使っているの?」と触らせてもらってから、気に入って使うようになりました。

 重心がヘッドのほうにあり、しっかりと振らなければスイングできない。自分もしっかり振るタイプなので、合っているのかなと思います。

【ロッテ・菅野剛士外野手「幼なじみの茂木と横尾には負けていられない」/ライバル】の続きを読む