狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    菊池雄星


    9B448267-1AC1-4E2D-94FD-D729F0C9DE76

    完投勝利を挙げた楽天先発の塩見(撮影・篠原岳夫


    ◇パ・リーグ 楽天7―2西武(2018年7月20日 メットライフ)


     楽天先発の塩見が、7安打2失点、完投で今季2勝目を挙げた。2勝はいずれも西武・菊池との投げ合いを制したもの。対戦成績も過去3戦負けなしで、“雄星キラー”ぶりをいかんなく発揮した。チームは今季最多タイとなる4連勝となった。

     4回までは両先発ともに無失点。しかし5回、楽天が今江の7号ソロなどで2点を先制すると、6回には渡辺直の走者一掃の適時三塁打などで4点を追加。菊地をKOした。

     塩見は6回1死一、三塁のピンチも切り抜け8回まで無失点。完封目前となった9回、浅村、山川、外崎に連打を浴びるなど2点を失うが、大量援護もあり6年ぶりの完投勝利となった。

     西武はエース菊池が大量点を奪われ、チームの勢いを削ぐ形に。打線は終始塩見に翻ろうされ、9回の反撃も2点止まりだった。

     そんな中、7回には1軍初登板となるドラ1左腕・斉藤大が登場。1回を1安打無失点と上々のデビューを果たした。

    CBEC1459-9F6A-4D40-9014-3CBF13A6E302

    楽天塩見(右)とタッチを交わす平石監督代行(撮影・横山健太)
    <西武1-15楽天>◇29日◇メットライフドーム


     ようやく勝った。楽天が13連敗中だった西武菊池を攻略し、16年5月12日以来の白星を手にした。攻略ポイントを絞った打線が初回に先制し、4回には6本の長短打を集中し、5得点。見事に天敵を打ち崩した。投げては先発の塩見が6回途中まで無安打投球。投打ががっちりとかみ合い、首位を相手に大勝した。

    【写真】2点本塁打を放った田中を笑顔で迎える楽天ナイン

     とどめは、田中の1発だった。3点差とした4回2死二塁。菊池の高め146キロ直球を左中間スタンドの中段へぶち込んだ。この回、2死から5連打で一気に5点を追加。計10安打6得点のゴールラッシュで、相手エースを5回でKOした。平石監督代行は「大きいですね。悔しさもあったと思う」とかみしめた。

     やっと勝てた。屈辱の13連敗。16年5月12日を最後に、菊池から勝利を挙げられていなかった。前回対戦(5月4日)では5得点を奪ったが、勝ちを逃した。迎えた一戦。チームとしての決まり事は「右打者は外の高い、甘めの球。左打者は近め」。大まかな枠を絞る中で、球種、カウントは打者に任せた。

     ハマった。1点リードの4回。先頭銀次は内角150キロ直球をしばいた。2死一塁としたが、ペゲーロ、嶋はともに初球を捉えた。「ファーストストライクは積極的に打ちにいく」は、シーズンスタートから徹底していること。狙いと基本が融合し、天敵退治に効果的だった。

     初回は足が生きた。出塁した先頭の田中が、次打者の茂木の場面で何度も偽走。二盗を成功させ、左飛の間に三塁まで進塁。3番島内の犠飛で先制のホームを踏んだ。同代行は「いいピッチャー。じっとしていても点が入らない。そのプランもあった」と狙い通りだった。

     長かった。同代行は「凡打でも、あっさり終わらない。そういうところが良かった」。完璧に攻略してみせた。【栗田尚樹】

     「西武1-15楽天」(29日、メットライフドーム)

     楽天・塩見貴洋投手が、7回2安打1失点の好投で、今季初勝利を挙げた。直球を軸に西武打線を翻弄し、「きょうは飛ばして行くと決めていた。真っ直ぐの走りが良かった」と会心の表情で振り返った。

     六回2死まで無安打に抑え、塩見は「ノーヒットノーラン?全然意識していなかったです」と振り返ったが、この日、初安打を浴びたのは、八戸大時代の同級生・秋山。「すれ違ったとき、『打つなよ』と言ってやりました」と苦笑いだった。

     この日は、打線が苦手の菊池を撃ち、2016年5月12日以来、778日ぶりに同投手に土をつけたが、平石監督代行は「塩見が素晴らしかった。球のキレもコントロールも、素晴らしいピッチングだったと思います」と称えた。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/29(金) 21:26:12.89 ID:C7onj2ge0NIKU
    塩見初勝利!
    雄星攻略!
    打線大爆発!
    アマダー茂木銀次猛打賞!
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured



    楽天、打線爆発21安打15得点!“天敵”雄星を攻略 塩見が今季初勝利

     

    スポニチアネックス

    20180629s00001173359000p_view

     ◇パ・リーグ 楽天15―1西武(2018年6月29日 メットライフD)

     楽天は21安打15得点と打線が爆発。16年5月25日から13連敗中だった“天敵”西武・菊池に黒星を付けた。

     初回に先頭の田中が出塁し、1死三塁から島内の犠飛で先制。4回には嶋の2点適時打と田中の5号2ランなどで5点を奪い、開幕から無敗の菊池を攻略した。

     終盤も攻撃の手を緩めず、8回に島内の2号ソロやアマダーの適時二塁打などで一挙5得点。9回にも3点を奪い、21安打15得点の大勝で連敗をストップした。

     先発の塩見は初回から4回までパーフェクト投球。6回に秋山に初安打を許したが、7回を1失点に抑えて今季初勝利を挙げた。


    引用元: 楽天バァン大勝

    【楽天バァン大勝 】の続きを読む

     28日の西武戦(メットライフ)で先発予定の楽天・則本昂大投手(27)が27日、本拠地の楽天生命パークでキャッチボールやランニングなどで最終調整をした。


     28日は、対楽天戦で16年から公式戦12連勝と相性の悪い、西武・菊池雄星投手(26)とのエース対決。則本も直接対決となった昨年10月のCS第1S初戦、今季初対決だった13日にともに敗れている。チームも4連敗中で早くも借金は10。前回登板の20日オリックス戦(楽天生命)では完投勝利した則本は「今のチーム状況からして、相手がどこであろうと、誰が投げてこようが正直関係ない。勝つしかない。別に相手が誰でも関係ないと思っている」と気合を入れた。

    【【楽天】則本、西武・雄星とのエース対決に「勝つしかない」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/04/13(金) 07:38:33.06 ID:eyvbC9qF0
    則本と菊池
    投球回数、防御率、奪三振が2人とも同じ模様

    引用元: 今日の楽天対西武wmwmw

    【今日の楽天対西武wmwmw 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/24(日) 05:27:19.54 ID:aTktnI9xpEVE
    もう、いじめないで! 楽天・梨田監督が23日、西武・菊池について言及した。今季、左腕には8敗を喫し「彼の16勝のうち、8つはウチから。本当はしてはいけないこと」と渋い表情。
    菊池がプロ入り後、ソフトバンクから白星を挙げていないことを指摘し「来年はソフトバンクにターゲットを絞ってほしいな」と、付け加えた。
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171224/gol17122405000001-n1.html

    引用元: 梨田監督「(菊池雄星の) 16勝のうち8つはウチから。本当はしてはいけないこと」

    【梨田監督「(菊池雄星の) 16勝のうち8つはウチから。本当はしてはいけないこと」 】の続きを読む

    このページのトップヘ