狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    誕生日

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/06(木) 22:50:08.17 ID:549qo7w70
    no title

    楽天対巨人 楽天先発の石橋(撮影・垰建太)
    <日本生命セ・パ交流戦:楽天1-2巨人>◇6日◇楽天生命パーク

    バースデー登板となった楽天石橋良太投手は、28歳の誕生日を白星で飾ることはできなかった。

    自己最長7回を投げて6安打2失点の好投も、援護なく3敗目。「誕生日はどうでも良かった。チームとしてカードを勝ち越したかった」と悔しさをにじませた。

    2回に巨人若林にプロ初打点となる先制適時打を許したが、最速150キロの直球に得意のカットボールやシュートなどを交えて安定感ある投球を披露。悔やまれるのは、同点で迎えた6回。坂本勇を見逃し三振、阿部を一飛に打ち取って2死とした後、岡本に初球の直球が甘く入って決勝弾を浴びた。

    平石監督は「(6回は)2アウトランナーなしで長打だけは、絶対に避けないといけない。バッテリーとして、少し不用意だった」と指摘した上で「試合をしっかりつくってくれた。7回を投げてくれたのは大きかった」とねぎらった。

    引用元: 楽天石橋「勝ち越したかった」誕生日に白星飾れず

    【楽天石橋「勝ち越したかった」誕生日に白星飾れず 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/06(木) 10:22:30.72 ID:549qo7w700606
     楽天は6日、交流戦で巨人と対戦する。先発予定は、6日に28回目の誕生日を迎える石橋良太投手。プロ4年目で、誕生日の1軍登板は初めて。自身初の交流戦で“バースデー勝利”を狙う右腕に意気込みを聞いた。(構成・高橋 宏磁)

     —5月26日のオリックス戦で先発し、5回1失点で今季3勝目を挙げたが、翌27日に出場選手登録を抹消された。抹消後、ここまではどんな調整をしてきたのか?

     「練習量を増やしました。これまではなかなか、長い距離を走ることができていなかったので、長い距離を走りました。(両翼の)ポール間を1日に20本ぐらい走ってました。そこから先発調整をした感じです」

     —長い距離を走ったことで、調子は上がった?

     「疲れとかは全くないので、状態はいいと思います」

     —前回のオリックス戦ではカーブが効果的だった。カーブの練習もしたか?

     「しましたね。でもそんなに考えすぎずという感じです」

    引用元: 【楽天】石橋、初バースデー勝利誓う「勝ちたいですね」6日に28歳、巨人戦先発

    【【楽天】石橋、初バースデー勝利誓う「勝ちたいですね」6日に28歳、巨人戦先発 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/23(火) 22:43:39.41 ID:FG3eIVyE0
    no title

    39歳の誕生日を迎え、報道陣からバースデーケーキを贈られた平石洋介監督
     楽天の平石洋介監督が23日、39歳の誕生日を迎え、ナインらからサプライズで祝福された。球場入りすると、ロッカーに選手、スタッフ全員が集まっていて花束と時計を手渡された。
    その後、報道陣からもバースデーケーキとプレゼントを贈られ、「予期せぬことだったので、本当に本当にうれしかった。気を使ってもらってすみません」と満面の笑顔。それでも、一番欲しいものを聞かれると「みんながけがなく、勝つこと」と即答していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000156-sph-base

    引用元: 【楽天】平石監督、39歳誕生日 サプライズ祝福「本当に本当にうれしかった」

    【【楽天】平石監督、39歳誕生日 サプライズ祝福「本当に本当にうれしかった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/08(金) 17:23:01.41 ID:MlwPBH2j0
    no title
     

    31歳の誕生日を高梨(左)、則本(右)の2人にお祝いされる楽天・福井=沖縄・久米島
     「楽天春季キャンプ」(8日、久米島)

     楽天・福井優也投手が、この日31歳の誕生日を迎え、早大の後輩である高梨雄平投手(26)、エースの則本昂大投手(28)から誕生日ケーキを贈られた。

     高梨からケーキを一口食べさせてもらうと、今度は先輩・福井がお返しに…と見せかけて高梨の顔に生クリームを塗りたくった。練習中には投手陣全員が拍手で誕生日を祝うなど、仲間たちのサプライズに「本当に感謝です。ビックリしました」と笑顔だった。

     9日には打撃投手で登板予定の福井。この日のブルペン投球では、自らの年齢と背番号に合わせて31球。力強い直球を投げ込んだ。

     広島からトレードで移籍し、先発ローテの一角として期待がかかる右腕は「しっかりとケガなくチームのために投げたい。今自分ができる投球をして、ローテに入れたらと思う」と意気込みを示した。

    引用元: カープから移籍の楽天・福井、誕生日にサプライズケーキ「本当に感謝です」

    【カープから移籍の楽天・福井、誕生日にサプライズケーキ「本当に感謝です」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/02(土) 17:16:20.28 ID:Rgl4E7uK00202
    no title

    no title

    山崎に誕生日ケーキの生クリームを顔に塗られ祝福を受ける島内(中央)

    引用元: 今日誕生日の楽天島内さん、後輩YMSKに白いのを顔にぶっかけられる

    【今日誕生日の楽天島内さん、後輩YMSKに白いのを顔にぶっかけられる 】の続きを読む

    20181213-00000206-sph-000-1-view

    新人王を獲得する活躍をみせた田中
     激動の2018年もあとわずか。スポーツ報知では野球担当記者が印象に残った今季のワンシーンを「見た」コラムで振り返る。 今季パ・リーグの新人王に輝いた田中和基には、忘れられない夜がある。24歳の誕生日だった8月8日。日本ハム戦のため札幌市内に宿泊した。試合を終えた田中は、プロ野球選手らしくすすきのの街でバースデーパーティーだ―という気分にもなれず、ホテルの部屋に一人こもっていた。「打てなくて、生意気にもいろいろ考えましたね」。この日は5打数無安打。打率も2割9分を切り、頭を抱えていた。

     定位置奪取、球団生え抜き史上最多18本塁打、新人王、侍ジャパン選出―。最下位に沈んだ楽天の中で、数少ない明るい話題だった。5月下旬からセンターの定位置をつかみ、18本塁打、21盗塁で打率2割6分5厘。終わってみれば輝かしい結果が残った。だが苦しみ、危機感と常に隣り合わせだったことも確かだ。

     立大からプロ入り2年目。初の開幕1軍の座をつかんだが、役割は守備固めが中心。開幕4、5試合目は先発に名を連ねたが4打数4三振。守備でのミスもあって、開幕からたった5試合で2軍落ちとなった。「今年ダメだったら、来年残れる保証はない」。そんな悲壮な思いはさらに空回り。2軍でも4月終了時点で打率1割3分2厘。当然1軍からは声はかからなかった。

     最後の希望を懸けて、当時の池山2軍監督からの助言もあり、すり足打法に挑戦。これがハマった。1軍選手の故障もあり、5月下旬に昇格して定位置をつかむと、一気にブレイクした。一時は打率が3割3分超え。だが夏場に数字は右肩下がりとなった。

     「最初は明日も試合に出たいという気持ちばかりでしたけど、数字をどこかで気にしてしまっていましたし、新人王のことも頭にはありました」

     新人王のシステムやライバルの活躍などを記者に逆取材することもしばしば。本塁打、打率などが表示される、本拠地のスクリーンを見るのが嫌で嫌で仕方なかったこともあった。「新人王を取れたのは、前半の成績がよかったから。来季は全試合に出られるようにしたい」とまだまだ満足はない。ファンの数も一気に増えて、一躍人気選手となった“カー君”。田中将大に田中和基。楽天を再び頂点に導くのは「田中」の予感がする。(安藤 宏太)

    20180918-OHT1I50147-L
    20180918-OHT1I50147-L

     オリックス5―3楽天(18日・京セラドーム)

     29歳の誕生日だった楽天・菊池保則投手が3回無死一、二塁から2番手で登板。今季初登板ながら、6回までの4イニングを3安打無失点と好投を見せた。

     プロ11年目の右腕。今季はここまでファーム生活が続き、1軍での登板はなかったが、バースデーに今季初登板が巡ってきた。140キロ台中盤の直球を軸にカーブやスライダー、フォークなどを織り交ぜながらオリックス打線を手玉に取り「もう後のない立場。絶対に抑えるという気持ちで投げた」とホッとしたような表情を見せた。

     悔いも残った。自身の失点にはならなかったが、同点でマウンドに上がって2連打を浴びて勝ち越しを許した。予想外に早い出番となり難しい登板だったが「なんとかあそこを抑えたかった。あそこでランナーを返してしまったのが本当に悔しい」と反省も忘れなかった。

     平石監督代行は「真っすぐに力があって、変化球の精度もよかった。よかったんじゃないですかね」とたたえていた。

    このページのトップヘ