狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    跡地

    1: 風吹けば狗鷲 2019/07/13(土) 15:29:39.72 ID:qDE1GUKbp

    AAEfusf
    楽天の子会社で格安スマートフォン事業の楽天モバイル(東京)は12日、全国3店舗目の大型店「楽天モバイル仙台一番町店」を仙台市青葉区にオープンさせた。
    10月の楽天の携帯電話事業参入も見据え、顧客へのアピールを強化する。

     1月に閉店した米アップル直営店跡で、延べ床面積262平方メートル。
    ワンフロアの開放感を生かし、出入り口そばにコンシェルジュカウンターを設け、契約カウンターは一般的な横並びではなく丸テーブルを採用。
    プロ野球東北楽天のチケットも販売する。

     楽天モバイルの飯国壮吾営業企画課長は「仙台の中心部で集客性が高く、東北楽天の地元でグループへの親近感もある」と狙いを説明。
    15日まで記念キャンペーンを実施する。

     立地するぶらんどーむ一番町商店街はNTTドコモ、ソフトバンク、auの携帯3社に加えワイモバイル、UQモバイルも路面店を構え「ケータイ銀座」の様相。
    飯国課長は「一緒に携帯業界を盛り上げたい」と話した。
    https://www.47news.jp/localnews/prefectures/miyagi/3772007.html

    引用元: 【朗報】仙台のアップルストア跡地に楽天モバイルがオープン

    引用元: 【朗報】仙台のアップルストア跡地に楽天モバイルがオープン

    【【朗報】仙台のアップルストア跡地に楽天モバイルがオープン 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/02(土) 02:41:07.14 ID:LVj8n8qK0
    no title


     2017年2月に閉店したさくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)跡地のビルと土地の一部が既に売買されていたことが28日、分かった。買い取ったのは、かつて仙台店の運営会社エマルシェ(同)の経営権を握っていた投資ファンド、東北リテールマネジメント(東京)。建物の解体と一体的な再開発が目的とみられる。
     仙台店は八つのビルで構成され、6オーナーが所有する。匿名組合が出資する最大のオーナー、さくら野DEPT仙台合同会社(東京)のビルと土地は全体の約8割を占める一方、中央部の土地は別のオーナーが所有していたため、東西に分断された状態だった。
     関係者によると、仙台店跡地の売買は18年11月下旬に行われた。東北リテールが取得したビルと土地は中央部にあり、さくら野DEPTの所有地を分断していた。
     東北リテールに売却したオーナーは登記簿上、1940年代から中央部のビルと土地を所有していた。取引額は非公表だが、地元不動産関係者によると、土地評価額で数億円に上るという。
     別の経済関係者は「今回の取引で東西の土地がつながった。東北リテールとさくら野DEPTは事実上、一体化した関係にある」と指摘する。
     さくら野DEPTは15年3月、エマルシェに未払い賃料など計約10億円の支払いと建物明け渡しを求め提訴したが、16年3月に急きょ和解した。さくら野DEPTが示した和解条件は、東北リテールがエマルシェの経営権を握ることだったとされる。
     東北リテールは16年2月に設立され、エマルシェの全株式の8割を取得。同年4月、東北リテール関係者の男性がエマルシェ社長に就任した。男性は半年後の同年10月に退任したが、東北リテールがエマルシェの経営権を握った状態が続いたままで仙台店は閉鎖した。
     地元の不動産関係者は「さくら野DEPTにとっても、今回の不動産取得のメリットは大きい。東西分割状態で再開発しても土地の価値は半減する。東西がつながることで、再開発を希望するデベロッパーとの交渉で強気に出られるのではないか」と分析する。

    引用元: 【朗報】仙台駅前の元さくら野のビル、ついに再開発開始か

    【【朗報】仙台駅前の元さくら野のビル、ついに再開発開始か 】の続きを読む

    このページのトップヘ