狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    退団

    1: 風吹けば狗鷲 2019/11/13(水) 18:00:41.86 ID:142Izpxl0
    ヤクルトが、今季限りで楽天を退団する嶋基宏捕手(34)と13日以降に正式契約を結ぶと、球団幹部が明かした。

    12球団合同トライアウトが終わり、自由契約選手との交渉が解禁となったことを受け、近日中に入団交渉の場を設ける予定。
    プロ13年目を迎えた嶋は楽天から減額制限を超える年俸ダウン提示を受け、自由契約を申し入れて了承されていた。

    ヤクルトは今季のチーム防御率4・78、失点数739はどちらも12球団ワーストと、守備力の強化が課題。捕手は中村を中心に松本直、古賀らが正捕手争いをしているが、
    球団幹部は「経験が豊富な嶋の加入による意義は大きい。
    今いる捕手にとっては、刺激にもなるだろう」とチームに与える効果に期待を寄せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-11120887-nksports-base

    引用元: ヤクルトが楽天退団の嶋と契約へ。

    【ヤクルトが楽天退団の嶋と契約へ。 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/28(月) 05:43:33.70 ID:PXjOgwlN0
    18年5月に1軍へ配置転換され、今季から再び2軍で指導にあたっていた。
    球団側も評価していたが、
    楽天入団後は広島の家族と離れて単身赴任での生活が続いたこともあり、
    退団を申し出たとみられる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-10271058-nksports-base

    引用元: 楽天栗原コーチが退団へ 単身赴任生活続き決断か

    【楽天栗原コーチが退団へ 単身赴任生活続き決断か 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/21(月) 21:00:08.62 ID:GUyGR/YL0
    地元・中日が嶋獲得へ動く 楽天で3年間“共闘“ 与田監督が高評価「非常にピッチャーを育ててくれるキャッチャー」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010039-chuspo-base

    no title

    ドラゴンズが獲得に向け本格調査に乗り出す楽天の嶋
     中日が、楽天を自由契約になる嶋基宏捕手(34)の獲得調査に乗り出す。21日に嶋が自由契約となることを楽天に了承されたことを受け、調査する方針を固めた。捕手は今季も確固たるレギュラーを確立できなかった中、嶋の豊富な経験と実績はやはり魅力。ヤクルト、ロッテなども関心を示しているとみられ、中日も本格的に検討していく。


     捕手は来季に向け、層を厚くしていきたいポジションの一つ。正捕手不在はここ数年の悩みとなっており、今季もレギュラーを確立できなかった。期待された加藤が最多の92試合に出場したが、リードを含めた守備も、打率2割2分8厘だった打撃も課題が多く、定位置をつかめなかった。新人の石橋も12試合に起用したが、まだまだこれからの選手。今季1軍で出場した大野奨、木下拓らも含め、激しい競争をさせなければいけないポジションなのだ。

     そんな中で、嶋が自由契約になった。今季は故障もあり、プロ13年目で最少の57試合出場にとどまったが、体が万全ならレギュラー候補になってくる。また、経験も実績も豊富な嶋が間近にいることは、若い捕手らにとってもプラスになる。

     楽天コーチ時代に3年間チームメートだった与田監督も、嶋の力はよく分かっている。この日の午後、嶋の自由契約が決定したという報道が流れた後、本紙の取材に対し「非常にピッチャーを育ててくれるキャッチャー。ここ数年はけがもあったが、楽天にいた時も3年間、嶋の力で勝ったり、若いピッチャーを育ててきたりしたのを見てきた。後は球団と本人がどういう意思かとなる」と語り、あらためて実力を評価していた。

     嶋は岐阜県出身で、中日とっては地元の選手にもなる。いずれにせよ今後、本格的に検討を重ねていく。

    引用元: 楽天退団の嶋、中日が獲得か

    【楽天退団の嶋、中日が獲得か 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/15(火) 08:40:19.37 ID:WmddD32H0
    https://www.sanspo.com/baseball/amp/20191015/gol19101505010001-a.html
     楽天の監督を今季限りで退任した平石洋介氏(39)が退団する意思を固めたことが14日、分かった。平石前監督に近い関係者によると、15日にも球団に退団を申し入れるとみられる。球団からは、来季新設される「2軍統括」のポストを用意されていた。


     今季は監督就任1年目で、昨季最下位のチームを3位に押し上げた。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは、日本シリーズに進出したソフトバンクに1勝2敗で敗れたものの善戦した。

     大阪・PL学園高出身で“松坂世代”では初めてプロ野球の監督を務めた平石前監督。嶋基宏に続き、球団を支えてきた生え抜きがチームを去ることになる。今後は未定で、新たな道を模索する。

    引用元: 【悲報】楽天・平石前監督退団へ

    【【悲報】楽天・平石前監督退団へ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/11(金) 07:27:01.02 ID:MMOxuNyxa
    楽天・小谷野1軍打撃コーチが今季限りで退団することが10日、分かった。近日中に発表される。
    球団の評価は高かったが、平石監督の退任が決まり、合わせて責任を取る形で辞任を申し出た。
    https://hochi.news/articles/20191011-OHT1T50021.html

    引用元: 楽天、小谷野一軍打撃コーチ退団

    【楽天、小谷野一軍打撃コーチ退団 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/09(水) 19:39:17.24 ID:MaGSStm10
    no title

    楽天嶋基宏(2019年5月15日撮影)
    今季限りでの退団を決意した楽天嶋基宏捕手(34)が9日、胸の内を語った。創設15年の球団一筋13年目。腰を痛めた時期もあり、最少となる57試合の出場にとどまった。
    ただ、「100%」まで回復した中でも1軍から声はかからず、チームはCSで敗退。「大事なCSで上に呼ばれていないということは、戦力として見られていないということ」と立場を受け止めた。

    来季について、減額制限を大幅に超えるダウン提示を受けたが「ここまできたら金額うんぬんよりも、少しでも出場機会だったり、フラットな目で見て勝負させてもらえるところに行きたい」と説明。
    その上で「スタートで出られないからここ(楽天)を出るとか、そういうことではない」と強調。純粋に競争と挑戦を求め、新天地を模索する。

    「この決断で良かったのか、まだ悩んでいるのもある。ここで(現役を)終えて、球団に恩返しすることがベストなんじゃないかとか思った」と愛着をにじませ「1度きりの野球人生。わがままを聞いてもらった」としぼり出した。
    将来は指導者として復帰を熱望される。「非常にうれしいけど、現役でいいパフォーマンスをすることが、今目指すこと。今からコーチを目指してやるわけではないので、そこまで考えられない」と選手生活を全うする覚悟を示した。【亀山泰宏】

    引用元: 退団決意の楽天嶋が胸中「わがまま聞いてもらった」

    【退団決意の楽天嶋が胸中「わがまま聞いてもらった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ