1: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 22:04:43.23 ID:YK06B6Eh0
昨季は最下位も…野口寿浩氏が分析、今年の楽天は「ここぞというところを見逃さない」
 楽天が好調だ。交流戦を10勝8敗で終え、1日時点でリーグ2位。ソフトバンクと首位争いを繰り広げている。

 昨季は58勝82敗3分の勝率.414でリーグ最下位に沈んだ楽天。6月には梨田昌孝前監督が成績不振で辞任。その後、平石洋介1軍ヘッドコーチ兼打撃コーチ(当時)が監督代行として指揮した。そして、シーズン終了後に平石監督が正式誕生。39歳の若き指揮官のもと、チームは今季も好調を維持している。

 現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団でプレーし、昨季までヤクルトのバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、強さの理由について「ここぞというところを見逃さない」と分析。さらに、チームが好循環となっていることから「余程のことがないかぎり落ちてこない」と予想する。

 なぜこんなに昨季から成績が変わったのか。野口氏は、新加入で主軸を担う浅村栄斗内野手、ジャバリ・ブラッシュ外野手の存在は確かに大きいと指摘。「いろんな人から、浅村がプレーだけじゃなくて精神的な支柱にもなってるという話も聞く」とも明かす。ただ、それだけでは片付けられない部分もあるという。

引用元: 今年の楽天、なぜ強い? 専門家が分析、この先も「簡単に落ちない」理由とは?

【今年の楽天、なぜ強い? 専門家が分析、この先も「簡単に落ちない」理由とは? 】の続きを読む