狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    野次

    楽天・今江年晶内野手 キツいヤジを受け止めたベテランの柔軟性/スタートダッシュに成功

     開幕スタメンを外れても、上々のスタートとなった。FA移籍3年目の今江年晶は、低調なスタートとなったチームの中で気を吐いている。4月19日時点で15試合に出場し打率.250、3本塁打、9打点。過去2年が不本意な成績に終わり「シーズンで結果を出せるように、それだけです」と臨んだシーズンでまずは好スタートを切った。

     延長12 回の熱戦となった開幕戦。しかし、最後まで出番はなかった。オープン戦首位打者と結果を残した内田が、スタメン出場。「若い選手がオープン戦で首位打者という結果を出した。(スタメンを外れたのは)仕方ない。でも、それに負けていられない」。現状を冷静に受け止めながらも、チャンスを待ち準備を整えていた。

     存在感を示したのは6日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)だった。「五番・一塁」で今季2度目のスタメン出場。1点差に迫られた直後の3回、二死一、三塁から左前適時打を放つなど3安打1打点と結果を残した。続く7日の同カードでは、一時同点とする左越え1号3ラン。自らのバットで、再びスタメンの座をつかんでみせた。

     3月17日、広島とのオープン戦(静岡)だった。ヒーローインタビューを受ける今江に、「シーズンでも働け!」とヤジが飛んだ。6日に上がった今季初のお立ち台で「シーズンで働けと、叱咤激励をいただいた。今日、とりあえず頑張りました」。厳しいヤジも笑いに変えるベテランが、シーズン通しての活躍を目指していく。

    写真=井沢雄一郎

    【楽天・今江年晶内野手 キツいヤジを受け止めたベテランの柔軟性/スタートダッシュに成功】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/17(土) 20:21:42.03 ID:8yHWSPpa0
    no title

     「オープン戦、楽天-広島」(17日、草薙総合運動場野球場)

     楽天・今江年晶内野手(34)が、3安打3打点で存在感を見せた。プロ17年目のベテランが、開幕スタメンへ猛アピールした。

     三回に岡田から中前にはじき返す適時打。七回には2死二、三塁から逆転の左前適時打を放った。「オープン戦とはいえども連敗中ですので、逆転することができて良かったです。しっかりと仕事をすることができました」と今江。研ぎ澄まされた勝負強さを見せた。

     ロッテからFA移籍し3年目。昨季までは、故障もあり不本意な2年間だった。今季、一塁の定位置を、絶好調の若手・内田と争う。「レギュラーが確約されている立場ではない。結果が出たのは良かった」と話した。

     試合後に行われたヒーローインタビュー中に、スタンドから「シーズンも働け!」と思わぬヤジが飛んだ。悔しさを押し殺した今江は、「毎年、結果を出したいと思ってやっている」と負けん気をのぞかせた。

    引用元: 【悲報】今江さん猛打賞も客席から痛烈ヤジ「シーズンも働け!」

    【【悲報】今江さん猛打賞も客席から痛烈ヤジ「シーズンも働け!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ