狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    金言

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/10(日) 21:32:41.14 ID:EOI9hsin0
    楽天の選手が世界的なスーパースターから金言を授かった。

    10日、名護市のホテルでサッカーJ1ヴィッセル神戸との交流会を実施した。三木谷浩史会長が両チームのオーナーを務め、沖縄・金武町で初めて同時にキャンプを行うことから実現した。

    壇上には元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、スペイン代表最多59得点のFWダビド・ビジャが、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが並び「勝者のメンタリティー」を話した。

    ポドルスキが「プレッシャーがあるほどポジティブなエネルギーに変えられる」と伝え、ビジャも「高いパフォーマンスを出すにはプレッシャーが必要。ルーカスが言ったように必要以上にプレッシャーを感じずにピッチに出る」と重圧との付き合い方を力説。

    イニエスタは「個人的には世界一のクラブで小さい頃から多くのことを学んだ。クラブ、代表と取れるタイトルは全て取れてラッキーだったが、高みを目指すためにチーム一丸で練習と休憩を繰り返し、目的のためにみんなで働くことが大事。1つの区切りがあって、新天地に来たが、ここでタイトルをとるつもりでいる」とチームが強くなる方程式を伝えた。

    楽天側からは則本昂大、浅村栄斗、石井一久GMが壇上に上がり、サッカー界のスターの言葉に耳を傾けた。則本は「すごく勉強になった。プレッシャーを楽しみながらプレーしたい。それができれば良い成績が出る」と話した。

    引用元: 楽天浅村らにイニエスタが勝者の哲学「練習と休憩」

    【楽天浅村らにイニエスタが勝者の哲学「練習と休憩」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/24(木) 09:41:32.30 ID:M9ljSaKT0
    no title


    ヤンキース・田中から金言を授かった楽天のドラフト2位・太田
     楽天のドラフト2位・太田光捕手(22)が23日、新人合同自主トレの一環として毎年行われているヤンキース・田中将大投手(30)の特別講義を受講。世界のTANAKAの言葉を胸に、プロの世界で勝負していくことを誓った。

     太田が日米の一流捕手に共通する条件を尋ねると、こんな答えが返ってきた。「研究熱心で、いろいろ周りに目を配れて、周りが見えてて、ゲームをつくれるキャッチャーが多い気がするよ」。思わずうなずいている自分がいた。自分が思い描く捕手像と合致したからだ。

     「常にキャッチャーとしてすべきことがある。田中投手の口からもそれが出たので、改めて再確認できました。自分はリーダーシップも長所の1つ。プレーはもちろん、プレー以外でも周りを見るクセをつけていきたいです」。金言を胸に洞察力に磨きをかけ、正捕手・嶋に挑んでいく。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】ドラ2太田、田中将大の金言胸に正捕手挑戦

    【【楽天】ドラ2太田、田中将大の金言胸に正捕手挑戦 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/06(日) 14:38:37.44 ID:1cNQa/Ys0
    no title


    母親手作りのぬいぐるみを持参した楽天・佐藤(撮影・吉田 剛)
     雄星2世になる!楽天のドラフト5位・佐藤智輝投手(18=山形中央)が5日、仙台市内の選手寮に入寮した。西武からマリナーズに移籍した同じ左腕の菊池から授かった金言を胸に、プロ生活をスタートさせる。

     「目標は菊池投手。初めてお会いして、オーラがありました。“最初の1年が勝負だぞ”と言ってもらった」。昨年12月に菊池が地元・岩手県盛岡市内で講師を務めた野球フォーラムに出向き、初対面。同じ東北出身の偉大な左腕から指導を受ける夢のような時間だった。
    「ピッチングのフォームやトレーニングの方法など、細かいところまで教えてくださった」。投手の基本となるランニングについても「一歩一歩、地面を押す感覚を持って」と教えを受けた。菊池が話した言葉の全てを頭に刻み込んだ。

     約束も交わした。「来年は(米国で)一緒に自主トレをやろう」。想像もしていなかった誘いにモチベーションは一気に上がった。「自分はまだそのレベルじゃない。この1年で、一緒にやらせてもらっても恥ずかしくないぐらい成長したい」。明確な目標を持って、入寮の日を迎えた。

     高校時代に脚光を浴びた菊池と違い、甲子園出場経験もない。それでも最速144キロを誇り、まだ伸び盛り。菊池と同じ高卒でプロ入り、同じ1メートル84の大型左腕という共通点もある。「自分も球界を代表する投手になりたい。緊張もあるけど楽しみでもある」。東北に本拠を置く地元球団で「みちのく左腕」のDNAを引き継ぐ。(重光 晋太郎)

     ◆佐藤 智輝(さとう・ともき)2000年(平12)6月5日生まれ、山形県寒河江市出身の18歳。南部小4年から「寒南ガッツ」で野球を始め、陵南中では軟式野球部に所属。山形中央では1年夏からベンチ入りし、3年夏は山形大会3回戦で敗退。1メートル84、82キロ。左投げ左打ち。家族は両親と兄2人。

    引用元: 楽天ドラ5佐藤、雄星2世になる!金言“最初の1年が勝負だぞ”胸に

    【楽天ドラ5佐藤、雄星2世になる!金言“最初の1年が勝負だぞ”胸に 】の続きを読む

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    2つの数式がある。「25÷59」=0・42…(約42%)。「101÷465」=0・21…(約21%)。これは「三振÷打席」を当てはめ、三振率を計算したものだ。今季新人王の候補である楽天田中のデータ。1年目は約42%の三振率だったが、2年目の今季は半分以上も減っている。

    打率も昨季の1割1分1厘から、2割6分5厘にまで上げた。何より1割5分8厘だった出塁率が、3割2分3厘にまで伸びた。「いや~、たまたまです。本当に、何でなんですかね」と、とぼけてみせるが、そこには、ある人の言葉が支えとなっていた。

    1年目は51試合で、6安打、1本塁打。このままでは駄目だと悩んでいた。そんな時だった。岸と会話するタイミングがあった。「どうしたら、いいと思いますか?」の問いに「三振しなければいい」と先輩から言われた。

    普通の人なら思うかもしれない。言葉では分かっていても…。なかなか、実践することは…。それでも、田中はその言葉を胸に刻み、体現してみせた。今季105試合で、本塁打は「18」にアップ。初の侍にも選出された。「ボールを良く見るようになったし、無駄なスイングが減った気がする」。当たり前のことを、当たり前に、やってみせる-。プロフェッショナルな2人の会話だった。【楽天担当 栗田尚樹】 【打撃向上の楽天田中、胸に刻み体現した岸の「金言」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/23(火) 21:54:58.36 ID:ZNWQsykg0
    no title

    新人選手からあいさつを受けるヤンキース・田中
     楽天の新人選手10人が23日、仙台市の楽天生命パークで、ヤンキース・田中将大投手(29)と初対面した。楽天では毎年、マー君が自主トレに訪れた際に、新人との顔合わせの時間を設けている。ルーキーたちはそれぞれ、大先輩に質問し、金言を授かった。

     ドラフト3位・山崎剛内野手(22)=国学院大=は、「投手から見て、嫌なバッターはどんなバッターですか」と尋ねた。マー君から「ブンブン振り回すタイプよりも、一番嫌なのは、コンパクトに確実にとらえてくる、粘りのあるバッター」という回答を得て、
    俊足巧打の山崎は「一流の投手から見た嫌な打者というのを知りたくて、少しでも参考になればと思い質問しました。僕も確実に打球をとらえてやっていきたいと思います」と目を輝かせ、さらなる鍛錬を誓っていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000119-dal-base

    引用元: 楽天新人 大先輩マー君から金言授かる ドラ3・山崎「嫌な打者」目指す

    【楽天新人 大先輩マー君から金言授かる ドラ3・山崎「嫌な打者」目指す 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/07(木) 18:22:55.04 ID:MRd73smj0
    no title

    前もどっかで見た気がするけど

    引用元: WBCで結果が出ない則本に菅野が送った言葉がかっこいい

    【WBCで結果が出ない則本に菅野が送った言葉がかっこいい 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/19(日) 20:45:39.80 ID:7uKBC7nrp

    B458C36F-E8BD-49C0-8FF7-45DCD009C583-189-0000016B7DFF0423_tmp

     「練習試合、中日4-1楽天」(19日、北谷)

     楽天の5年目左腕の森雄大(22)が、3回を2安打無失点。六回には“まっスラ”でビシエドのバットをへし折り併殺に斬った。
    「ゲームの中で真っすぐをしっかり投げ込むことをテーマにしていたが、それができた。
    前回登板で入らなかったカーブでカウントもとれた」と大きな手応えを得た。

     日本ハム・大谷、阪神・藤浪らと同年のドラフト1位として東福岡から楽天入り。
    184センチの長身から投げ下ろす直球の威力は高校時代から高く評価され、将来のエース候補として期待された。

     しかし、1軍定着は遠く、昨季は故障もあり1軍登板なし。チームには松井裕、安楽、釜田ら生きのいい若手が群雄割拠だけに、背水の思いは強い。

     前日には、ブルペンを視察した星野仙一球団副会長から「お前は真ん中に腕を振って投げさえすれば、そうは打たれない。
    しっかり投げる練習をしなさい」とアドバイスを受け、「結果を出さないといけない立場。
    その中でびびらず打者に向かった」と森。「1年間1軍にいることが目標。
    (先発でも抑えでも)行けと言われればどこでもいい」。未完の大器が、覚醒の時を迎えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000092-dal-base

    引用元: 【朗報】楽天森・覚醒する【目覚める天才】 

    【楽天・森、仙さんの金言で3回無失点 大谷世代の5年目左腕が覚醒の時を迎える】の続きを読む

    このページのトップヘ