狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    高評価

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/23(木) 23:48:56.60 ID:VGYrXh2u0
    no title


    ベンチで試合を見つめる平石監督(撮影・高橋茂夫)

     ◇パ・リーグ 楽天2−11日本ハム(2019年5月23日 札幌D)

     楽天先発の辛島は5回を投げ、7安打5失点。平石監督は「しようがない。メチャクチャ悪かったワケではない」と擁護。「相手の対応でどの球をチョイスするか迷ったと思う。今日は難しかった」と、展開が悪かったことを強調していた。

     プロ初の先発出場となったドラフト6位の渡辺佳は、5回の第2打席で初ヒットを記録。初球を捉える積極性に、平石監督は「(チャンスを)逃さずに佳明らしい」と高評価。「左肩が出すぎて、ボールとの距離感が近いこともあってそこが気になるけど、いいものを持っている。また、チャンスをあげたい」と、ルーキーの将来に期待していた。

    引用元: 楽天・平石監督 プロ初先発で初安打の渡辺佳に「いいものを持っている。チャンスをあげたい」

    【楽天・平石監督 プロ初先発で初安打の渡辺佳に「いいものを持っている。チャンスをあげたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/07(木) 12:11:57.93 ID:2smQVwrb0
    no title

    先発ローテーション入りを狙う福井(左は石井GM、右は佐藤投手コーチ)

     春季キャンプの第1クールを終え、楽天の先発ローテーション入りに福井優也が名乗りを上げた。昨オフ、菊池保則とのトレードで広島から楽天入りした福井は春季キャンプを一軍で迎えると「イメージより球がきている。いい球を放る」と平石洋介監督から高評価を受けた。

     楽天は則本昂大、岸孝之以外の先発ローテの枠はまだ定まっていない。筆頭候補は右ヒジ手術からの復活を期す美馬学、規定投球回には届かなかったが昨季23試合に登板した辛島航の二人。さらに続くのが3年目の藤平尚真だが、そこに福井が加わったと言えそうだ。

     福井は昨季までの8年間で109試合に出場、29勝36敗。ルーキーイヤーの11年に27試合に登板し8勝を挙げ、15年には9勝するも、以降の成績は下降線をたどり新天地で心機一転、飛躍を誓うこととなった。

     チームも最下位からの逆襲に先発陣の安定は欠かせない。だが、まだまだ人材不足。若手では昨季初勝利を挙げた古川侑利や安樂智大、ルーキーの鈴木翔天らがその座を狙うが、1年間一軍帯同できるかは不安なところ。そういった意味でも1年間先発ローテを守れる体力のある福井の存在は大きい。

     また、石井一久GMは「バックアップでいる人は、経験がある人というのがすごく大事だと思っています。試合展開を読む力もありますから」と福井加入の大きさを語っていた。バックアップとしての獲得ではないが、たとえ先発ローテから外れることがあっても、一軍に帯同する可能性は大きい。それだけチャンスも増えるだろう。

     制球力の安定が課題ではあるが、それをクリアできれば一軍の戦力となるだけの力は十分だ。31歳を迎え、1年でも早く結果が欲しい福井にとって春季キャンプでさらなるアピールは必要。背水の覚悟で臨む背番号31に今後も注目だ。

    引用元: 平石監督からも高評価。先発ローテ入りに名乗りを上げた福井優也

    【平石監督からも高評価。先発ローテ入りに名乗りを上げた福井優也 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/07(水) 07:42:09.04 ID:b9/jlCam0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000244-sph-base
    楽天のドラフト6位ルーキー・西巻賢二内野手(18)=仙台育英高=は6日、走攻守にアピールし11日の紅白戦(久米島)出場を内定させた。
    今キャンプ2度目の屋外フリー打撃では、52スイングで5本のサク越え。10メートル走ではチームトップの1秒64と、評価の高い守備力以外の部分でも高いポテンシャルを証明した。
    力強く振り切ったバットが快音を残した。追い風にも乗った打球が左翼フェンスを越える。167センチの小兵ながらパンチ力も秘めたバッティングに、
    梨田昌孝監督(64)は「西巻は本当に想像以上。あとは実戦でどれくらいできるか」と紅白戦での起用を示唆した。


    no title



    フリー打撃で快音を響かせる西巻

    引用元:

    【【朗報】楽天西巻、柵越え5本で猛アピール 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/07(火) 19:43:43.15 ID:XsWNTgar0
     大学・社会人の新人4投手の評価が高まっている。1軍スタートしたドラフト2位の池田隆英(創価大)4位菅原秀(大体大)5位森原康平(新日鉄住金広畑)9位高梨雄平(JX-ENEOS)の各投手で、即戦力候補と期待が大きい分、注がれる視線は熱い。(野仲敏勝、浦響子)

     梨田昌孝監督は、第1クールで一番目立った新人に高梨の名前を挙げた。「左キラー」と期待される左横手。4日は4人の先陣を切って打撃投手に入り、左打席の阿部俊人内野手に19球を投げ、ヒット性の当たりを2本に抑えた。

     梨田監督は「スライダーの変化が普通より遅い。阿部が手の出ない球があった」と話す。森山良二投手コーチは「けん制もいい。実戦で見たい」と期待。横手に転向して1年足らずのフォーム固めが課題となる。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/07(火) 19:44:08.77 ID:XsWNTgar0
     中継ぎ候補の右腕森原も高梨と並ぶ高評価。新人最年長の25歳らしく、落ち着いた表情で投げ込む。杉本正1軍・2軍巡回投手コーチは「まとまっている。あとはフィールディングなどだ」と助言する。

     先発候補と目される右腕の池田は、梨田監督が「いいストレートだ」と褒める。与田剛投手コーチは「低めに球が集まるのがいい」と強みを挙げる。本人はまだ満足しておらず、状態をさらに上げそうだ。

     中継ぎ候補の右腕菅原は、梨田監督が初日のブルペンで捕手の後ろで見入った。「縦のスライダー、ナックルカーブもあり、力のある球を投げていた。上体が少し突っ込むのを直せば良くなる」と話す。


     第2クールは7日に始まり、最終日の11日に初の紅白戦が予定される。梨田監督は「新人投手から2人は戦力が出てほしい」と話しており、4人の競争は熱を帯びそうだ。
     高梨は「期待を重圧に感じず、しっかりやりたい」、森原は「ペースはつかんだ。このままいきたい」、池田は「実戦練習で結果を出すしかない」、菅原は「長所を伸ばしつつ、課題を克服したい」と、それぞれアピールを誓った。

    引用元: 楽天梨田監督「即戦力4投手は合格点」 

    【楽天梨田監督「即戦力4投手は合格点」】の続きを読む

    このページのトップヘ