狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    1年目

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/23(月) 12:44:26.53 ID:4tIbOJ0xd
    no title

    FA移籍1年目で30本塁打以上した選手

    <データで見る19年:(8)楽天編>

    プロ野球の快記録や珍記録を振り返る「データで見る19年」を連載します。プロ野球を球団別に12回連載。続いて日本人大リーガーを取り上げます。第8回は楽天。
          ◇      ◇
    FAで楽天へ移籍した浅村栄斗内野手がプロ入り最多の33本塁打を放った。移籍1年目に30本塁打以上は今季の浅村とレアード(ロッテ)を含め30人、31度あるが、FAでは97年清原(巨人)00年江藤(巨人)07年小笠原(巨人)に次いで4人目。
    FA移籍1年目の本塁打数は清原、江藤の32本を抜いて最多となり、FA移籍1年目に自身の最多本数を更新は、横浜時代は20本が最多の02年谷繁(中日)が24本、阪神時代は1本が最多の18年大和(DeNA)が2本打って以来3人目だ。

    古巣の西武戦で打率3割3厘、11本塁打、27打点をマーク。本塁打と打点はカード別最多で、パ・リーグ5球団で打率3割以上は西武戦だけ。前年所属した球団から2桁本塁打は、ダイエー戦で10本の89年門田(オリックス)ヤクルト戦で13本の08年ラミレス(巨人)に次いで3人目だった。
    西武戦に加え、西武時代は打てなかった広島戦で1発を放ち、全球団本塁打を達成。浅村は15年に全打順本塁打を達成しており、14年吉村(ソフトバンク)に次いで2人目の「全打順+全球団本塁打」を記録した。

    2: 風吹けば狗鷲 2019/12/23(月) 12:44:44.56 ID:4tIbOJ0xd
    移籍して粘りが出た。4月17日西武戦で本田から8球目を逆転3ラン、7月31日日本ハム戦では加藤から7球目を先制ソロ。昨年まで6球目以上を打った本塁打は16、18年の4本が最多だったが、今季は山川(西武=11本)に次いで両リーグで2番目に多い10本あった。
    粘りは四球数にも見られ、プロ入り最多の93四球を記録した。本塁打と四球は増えたが、打点は昨年から35点減った。昨年はリーグ2位の3割6分9厘だった得点圏打率が同21位の2割5分7厘に下がり、走者が2人以上いた打点を稼ぐ好機では昨年の3割5分6厘から1割9分4厘にダウン。勝負強さを取り戻せるかが、来季の課題だろう。【伊藤友一】

    ▼昨年の最下位からAクラス入りした楽天だが、接戦の弱さは解消できなかった。1点差試合は昨年が16勝29敗の勝率3割5分6厘で、今季は16勝26敗の勝率3割8分1厘。1点差試合の勝率は12球団最低だった。
    特に、敵地で4勝14敗と弱く、敵地の1点差勝利は6月20日、3−2で勝った甲子園球場の阪神戦が最後。その後は敵地の1点差試合に9連敗でシーズンを終了した。パ・リーグで1点差試合の勝率が2年以上続けて4割未満は98~00年日本ハム以来、19年ぶり。2年以上続けて1点差試合で借金10以上は58~61年近鉄と64、65年近鉄に次いで54年ぶり3度目になる。

    引用元: 楽天浅村 FA移籍1年目最多本塁打/データ連載

    【楽天浅村 FA移籍1年目最多本塁打/データ連載 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/18(月) 17:32:20.56 ID:mkWSJNdG0
    no title


    05年、自身の名前が書かれた旗を持ち笑顔を見せる平石
     【平成キャンプ回想録(17)楽天ドラ7平石洋介】当時の久米島には、今2軍が使わせてもらっている仲里野球場しかなかったので、1軍も2軍も関係なく約70人の選手が全員同じ球場で練習していました。楽天は新しくできた球団だったのですが、周りを見れば大ベテランばかり。物凄く気を使ったことを覚えています。

     練習中に怒られることも多かったですが、練習が終わると、いろいろな先輩が食事に連れて行ってくれました。グラウンドでは聞くことができない話をたくさんしていただいて、本当に多くのことを学ばせてもらいました。
    これは野球界の良い伝統だと思います。久米島キャンプも今年で15回目。自分が監督として久米島にお世話になる日が来るとは、全く想像もしていませんでした。(楽天監督)

     ▽平成17年主なルーキー 野間口貴彦(巨人自由獲得枠)、一場靖弘(楽天同)、那須野巧(横浜同)、ダルビッシュ有(日本ハムドラフト1位)、涌井秀章(西武同1位)、辻本賢人(阪神同8位)

     ◆平石 洋介(ひらいし・ようすけ)1980年(昭55)4月23日生まれ、大分県出身の38歳。トヨタ自動車から楽天入団。通算122試合で37安打、打率・215、1本塁打、10打点。

    引用元: 楽天・平石監督、球団1年目のキャンプ 大ベテランばかりで気遣い

    【楽天・平石監督、球団1年目のキャンプ 大ベテランばかりで気遣い 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/28(月) 12:59:47.18 ID:O7SMlzGI0
    no title

    キャッチボールをする辰己(カメラ・安藤 宏太)
     楽天は28日、仙台市内の森林どり泉で行ってきた新人合同自主トレを打ち上げた。目立った大きな故障者も出ず、育成を含めた10人のルーキーが、2月1日から1、2軍とも沖縄・久米島で行われる春季キャンプへ弾みをつけた。

     4球団の競合の末、楽天に入ったドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=も充実感たっぷりだった。数日間、大学の行事で抜けることはあったが、体重も3、4キロ増えて体も一回り大きくなり
    「本当に、プロの世界に入って来て色んなトレーナーの方だったりトレーニングコーチの方だったり色んな知識をこの期間の間に基礎体力、筋力トレーニングの面だったり色々教わったので、楽しかったです」とうなずいた。

     立命大では1年春からレギュラーをつかみ、2年からは大学日本代表にも入った。関西大学野球では歴代2位の122安打をマーク。
    走攻守全分野で高い評価を受けた即戦力は「環境が整っている分、言い訳のきかない環境にあると思うので、自分に厳しくなれたところが成長出来た部分かなと思います」と手応えを口にした。

     キャンプは1軍スタート。昨季レギュラーだった島内、田中に加え、新外国人のブラッシュ、成長著しいオコエ、卓丸らとの競争が待つが「1年目から試合に出ないと意味がないと思っている」と強い決意だ。
    さらにはすでに「1度も1軍を離れることなく1軍に帯同して、ケガなくスタメンで全試合出られるようにして、さらに新人王。プロ野球で入って1回しか取れないタイトルなので。他のタイトルも狙えるところまでしっかりやっていきたいなと思います」と高い目標を掲げている。

     これまでは生まれてから兵庫、京都と関西で育ってきた辰己。自らの性格を「性格的にちょっとふざけがち」と分析する。「楽しむところとおちゃらけるところの境目がまだついていないので、怒られるかなと思いますけど、人間性も含めて成長していかないといけない」。厳しい環境に身を置く覚悟は出来ている。


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20190128-OHT1T50114.html

    引用元: 楽天ドラ1辰己がレギュラー奪取へ宣戦布告「1年目から試合に出ないと意味がない」

    【楽天ドラ1辰己がレギュラー奪取へ宣戦布告「1年目から試合に出ないと意味がない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/09(日) 14:12:06.47 ID:d31Q9B7d0
    1軍 119打数22安打 .185 1本 6打点 4盗塁  OPS.527
    2軍 212打数47安打 .222 5本 24打点 14盗塁  OPS..641

    引用元: オコエ瑠偉の1年目の成績wwwwwww 

    【オコエ瑠偉の1年目の成績wwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/09/26(月) 12:35:41.35 ID:sEMVahv+K
     プロ1年目。1軍では51試合に出場し、打率1割8分5厘、1本塁打、6打点の成績だった。
     今後は10月3日から宮崎で始まるフェニックス・リーグに派遣される予定。実戦経験を積み、成長の糧にしていく。

    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160925-OHT1T50182.html
    no title

    引用元: オコエ、一軍昇格なく今期終了、51試合.185、1本塁打6打点 

    【オコエ、一軍昇格なく今期終了、51試合.185、1本塁打6打点】の続きを読む

    このページのトップヘ