狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    2年ぶり

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/21(日) 18:13:28.74 ID:gy6OxOVWH
     「楽天7-3オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城)

     楽天・釜田佳直投手(25)が、粘りの投球で5回1/3を3失点。昨年6月の右肩、右肘の手術から、この日が1軍での復帰登板となったが、17年7月5日のロッテ戦以来となる2年ぶり白星を挙げた。

     「マウンドに上がる前は緊張していなかったが、いざマウンドに上がるとやはり緊張した」という立ち上がりだが、二回まで無難に相手打線を抑えた。

     2点リードとなった三回も1死二、三塁の危機を招くが小島、吉田正を打ち取り無失点。だが、5点リードの六回に1死満塁としたところで降板。5回1/3を5安打3失点の内容だった。

     それでも打線の援護も受けて勝利投手の権利を得て降板。「一人ずつ目の前の打者に集中して、粘って粘っていこうと思っていた。野手のみなさんに助けていただき感謝です」とし、試合後のお立ち台では目を潤ませ「本当にあきらめずにやってきて良かった」と喜びを表していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000129-dal-base

    引用元: 楽天・釜田、粘って2年ぶり白星 目潤ませ「あきらめずにやってきてよかった」

    【楽天・釜田、粘って2年ぶり白星 目潤ませ「あきらめずにやってきてよかった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/16(火) 14:46:08.18 ID:ASKX4Wiod
    no title

    観覧車を背に投げる釜田(撮影・西海健太郎)    Photo By スポニチ
     楽天・釜田が救世主になる!19日からのオリックス3連戦(楽天生命パーク)で今季初登板。2年ぶりの先発マウンドに上がることになった。

     15日は先発投手練習に参加。昨年5月4日の西武戦以来となる本拠地マウンドから、捕手を座らせて投球を行った。「1軍で結果を出すために、2軍で準備してきた。このままでは終われない」。口調は穏やかでも、心の中に宿る悲壮な決意は熱く燃えている。

    引用元: 楽天・釜田が2年ぶり先発!2軍で2勝 先発陣の救世主に

    【楽天・釜田が2年ぶり先発!2軍で2勝 先発陣の救世主に 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/10(水) 23:13:05.69 ID:X3bMX7f90
    no title


    移籍後初勝利を挙げた福井優也を祝福する平石洋介監督(カメラ・佐々木 清勝)
    ◆西武5―7楽天(10日・メットライフドーム)

     楽天・福井優也投手(31)が、6回5安打2失点の好投で、移籍後初勝利を手にした。今季、広島からトレードで加入した右腕は、2017年4月26日の巨人戦(マツダ)以来714日ぶりの白星となった。

     楽天先発陣は則本、岸の2本柱がそろって故障などでローテを外れる中、厳しい台所事情の先発陣を救う投球を見せ「調子はまあまあでした。途中から相手に向かって投げられましたし、よく粘れたと思います。
    それに、逆転してもらったあと、しっかりリードを守れたのが良かったですね。自分の仕事はできたと思います」とホッとしたような表情だった。

     強力西武打線に堂々と立ち向かった。初回に金子侑、源田、秋山を三者凡退に打ち取ると、2回は2四球で得点圏に走者を背負いながら、栗山を遊併打に打ち取ってピンチを切り抜けた

    先取点をもらった3回には打ち取った当たりが内野安打になるなど不運も重なって2点を失って逆転を許したが、大きく崩れることは無し。4回以降は立ち直り6回まで無失点。打線が5回に爆発して6点を奪って逆転する援護にも恵まれた。

     早大時代は日本ハム・斎藤、西武・大石と同学年で「早大BIG3」と呼ばれ、10年ドラフトでそろって1位でプロ入り。鳴り物入りで広島に入団し、1年目の11年には8勝を挙げたがその後は納得いく結果が残せていなかったが、新天地2度目のマウンドで、通算30勝目をつかんだ。

    引用元: 【楽天】福井が6回2失点で714日ぶりの移籍後初勝利

    【【楽天】福井が6回2失点で714日ぶりの移籍後初勝利 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/25(火) 13:19:27.30 ID:irkPjwO60.net
    楽天釜田佳直投手(21)が29日の西武戦(コボスタ宮城)で先発として1軍復帰することが24日、明らかになった。

     トミー・ジョン手術からの復活だ。「星野チルドレン」として150キロを超える直球を武器に入団1年目の12年に7勝。将来のエース候補として期待された。
    しかし、2年目からは右肘の故障に悩まされ、昨年3月6日に右肘のトミー・ジョン手術受けた。1年間のリハビリを続け、今年3月6日に教育リーグで実戦復帰した。
    今季はイースタン・リーグで13試合に登板。球速も150キロ近くまで回復し、4勝3敗と本来の球威も戻ってきたことから1軍昇格となった。

     起爆剤としても期待される。ボールを投げることもできなかった故障から、黙々とリハビリをこなした姿に首脳陣を始め選手も評価。
    大久保監督は「全力で腕を振れる状態と聞いた。ケガをしてからも黙々とリハビリをする姿を目に焼き付けているし、投げている姿が見たい。あいつが背中を見せることで何かが変わるかも」と期待を寄せる。
    13年10月13日以来の1軍登板。復活の勝利をファンだけでなく、チームも待ちわびている。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/25(火) 13:19:40.05 ID:irkPjwO60.net

    引用元: 楽天釜田、29日西武戦で2年ぶり1軍先発登板

    【楽天釜田、29日西武戦で2年ぶり1軍先発登板②】の続きを読む

    このページのトップヘ