狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    4番

    1: 風吹けば狗鷲 2019/07/09(火) 09:19:42.02 ID:u92qXC6o0
    no title

    >「ふがいないです」。敗因の中心に絶対的支柱の浅村がいた。
    0-1の七回1死一塁。中川のゴロを正面で捕球した後、二塁への送球がそれた。
    併殺の難を逃れた一走はその後に生還。チームにとって、あまりにも痛い追加点となった。

     浅村は打撃不振にもあえいでいる。
    試合前の練習では珍しく、ロングティー打撃に取り組んだ。
    「フォームを見詰め直す」と何度も何度も強振したが、4試合連続の無安打と結果につながらなかった。
    「みんななんとかしようとやっているが、打線がつながらない。その原因は僕の不調にある」と自責の念にかられた。

     9日に負ければ、2005年以来の球団ワーストタイとなる11連敗だ。
    先発は1軍復帰を飾る則本昂。多大な重圧がのしかかるが、それがエースの宿命だろう。
    「ノリにはチームの事情を気にせず楽しんでほしい。ノリの勝利になんとかつなげたい」と指揮官は語気を強めた。
    https://www.kahoku.co.jp/sports/eagles/20190709_04.html

    引用元: 【悲報】楽天・浅村「ふがいないです」自責の念にかられる

    【【悲報】楽天・浅村「ふがいないです」自責の念にかられる 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/11(火) 23:30:14.03 ID:xgjxegte0
    no title

    お立ち台で楽天恒例の「バーン」を決める塩見(右)とブラッシュ(撮影・足立雅史)


    <日本生命セ・パ交流戦:楽天3−1ヤクルト>◇11日◇ヨーク開成山スタジアム

    楽天の4番にジャバリ・ブラッシュ外野手がはまった。3回2死二、三塁で2球内角を厳しく突かれ「ギャンブル的に(イン)コースを張っていた」。胸元に食い込んでくるようなヤクルト原のシュートを左前にはじき返す先制適時打。初めて4番に入った9日の中日戦に続き、2試合連続タイムリーで3連勝と今季最多に並ぶ貯金7を呼び込んだ。

    試合前のシートノックは基本的に免除。全体のウオーミングアップ参加も判断を任されている。前カードは下半身の張りで大事を取って2試合欠場した。「万全な状態で試合に臨んでくれればいい」。平石洋介監督はじめ、チームは手厚くバックアップするが、孤高ではない。先頭打者だった2回、ピンチで踏ん張った塩見をベンチ前で出迎えてから打席へ向かった。
    「メンタルも体もコンディションがいい。4番は茂木、浅村と出塁率の高い打者が前にいる。得点圏、打点を稼ぐチャンスで回ってくるのはうれしいね」と感謝する。
    交流戦のチーム打率は2割3分5厘にとどまる中、ブラッシュの前に座る浅村栄斗内野手も適時打を含む猛打賞。「全員が1年を通していいことはあり得ない。その間は、他の選手がカバーする」。平石監督の言葉を、不動の3番と新たな4番が体現する。【亀山泰宏】

    ▽楽天塩見(7回5安打1失点で負けなしの3勝目)「ブルペンから走っていないと感じた真っすぐは見せ球にして、変化球を多めにした」
    ▽楽天浅村(5回に追加点となる適時打を含む猛打賞)「(適時打は)何とか追加点という気持ち。いいところに飛んでくれました」

    引用元: 楽天新4番ブラッシュ2戦連続適時打も感謝忘れず

    【楽天新4番ブラッシュ2戦連続適時打も感謝忘れず 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/23(火) 13:19:12.58 ID:DkAHdMtU0
    「カッコよすぎでしょう」「4番らしい仕事」「仕留めるべき球を、一発で仕留めた」。

    4月20日のオリックス戦でのこと。この日、J SPORTSで解説を務めた牧田明久氏と実況の中田浩光氏が、口々にこう褒め称えた。

    楽天の4番・島内宏明が放った今季1号アーチである。よほど嬉しかったのだろう。ダイヤモンドを走る島内はニコニコの笑顔だ。

    3番・浅村栄斗を塁に置いての2ランホームラン。「浅村の後ろは大切」と平石監督が意図する期待に満点で応えた“復活劇”だった。

    この4日前の西武戦で、島内は顎と鎖骨あたりに死球を受け、担架で運ばれた。公式発表による診断結果は「右頸部打撲」。にわかに球場を騒然とさせた退場劇となったが、こうして戻ってきた。

    しかも、周囲の不安を払拭してあまりある活躍ぶり。この一発で楽天はリードを広げると、その後も粘って5-3で勝利。記念すべき球団通算900勝を飾った。

    不安視されていたのは、ケガの影響。解説の牧田氏も、「頭部への死球のあとは恐怖心がある」と自身の経験を明かしていたが、島内は相手バッテリーの執拗なインコース攻めにも動じない。

    そうして、この日もしっかりと4球を見極めると、待望の今季初アーチを放ったのだった。

    引用元: 【楽天好き】島内宏明、「嫌々」やっている4番でブレイク中

    【【楽天好き】島内宏明、「嫌々」やっている4番でブレイク中 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/24(日) 21:03:16.60 ID:jR9kTz2X0
    楽天「つなぎの4番」島内で開幕へ!残るは9番右翼



    <オープン戦:中日7-7楽天>◇24日◇ナゴヤドーム

    楽天の19年開幕オーダーの骨格が固まった。ポイントとなっていた浅村の後ろを打つ4番に、オープン戦チームトップとなる打率3割5分9厘をマークした島内を起用する。

    イメージは日本ハム時代の高橋信や小谷野、侍ジャパンの稲葉といった「つなぎの4番」。状況次第で送りバントをさせることも視野に入れる。
    昨季プロ初の4番を務めた4月のソフトバンク戦で走塁中に右脇腹を痛め、離脱した苦い記憶も残る本人は「開幕戦でヒットを打ったことがないので、打てるように」と腹をくくった。

    新外国人ジャバリ・ブラッシュ外野手(29=エンゼルス)は打率3割5分、3本塁打、15打点と申し分ない数字を残したが、不振に苦しんだ時期もあった。当面は7番に置き、重圧を和らげたい考え。
    右足首の捻挫から復帰後初安打をマークした田中と復活を期す茂木で形成する1、2番を含め「9割方」の構想は描けた。残るピースは「9番右翼」。この日先制の2点適時打にスクイズも決めたオコエに対し、ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命大)も打率3割3厘でオープン戦を終えた。
    平石監督は「うれしい悩み」と向き合いながら開幕に備える。【亀山泰宏】


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03241052-nksports-base

    引用元: 楽天4番は島内で決定!!!

    【楽天4番は島内で決定!!! 】の続きを読む

    このページのトップヘ