狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    GSビル


    20180627-00000014-khks-000-1-view

     1月末で閉鎖したJR仙台駅西口の商業ビル「GSビル」(仙台市青葉区中央1丁目)で解体工事が始まったことが26日、分かった。2019年夏にも完了する見込み。跡地利用の方向性は固まっておらず、仙台駅前の一等地の再開発の行方が焦点となる。

    【地図】青葉通と愛宕上杉通の交差点にあるGSビル

     GSビルは鉄骨一部8階、地下2階で敷地面積は約1030平方メートル。オリックス(東京)が土地を、同社出資の合同会社「ジョイントアーク17」(同)が建物を所有する。関係者によると、解体工事は今月中旬に始まり、工期は約1年2カ月の見通し。

     GSビルは1957年に建設された「日乃出興業ビル」が前身。仙台市が2017年に公表した耐震診断結果で、震度6強~7程度の地震で倒壊または崩壊の危険性が指摘され、ビル側の求めに応じて飲食店などのテナントが退去していた。

     解体後の跡地について、オリックスのグループ広報部は「利用計画は未定だが、開発も見据え解体している」と説明する。

     オリックスは、GSビルに隣接する同社関連の複合商業施設「EDEN(エデン)」との一体開発を視野に入れてきた。エデンのテナント契約は当初、期限が今年1月末までだったが、2年間延長した。

     仙台駅前では17年2月、GSビルから青葉通を挟んで向かいのさくら野百貨店仙台店が破綻。複数の地権者が解体の有無を含め再開発に向けた協議を続けているが、方針は定まっておらず、空洞化の懸念が強まっている。
    https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180627_12050.html

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/17(金) 20:41:40.79 ID:F1Hhvwf4a
     JR仙台駅西口前の商業ビル「GSビル」(仙台市青葉区中央1丁目)を所有、管理するオリックス不動産(東京)が、ビル内の飲食店などテナントに7月末までの退去を求めていることが16日、分かった。オリックスはテナント退去後に建物を取り壊す方針だが、撤去には最低でも1年以上かかるとみられる。駅前では、同じく一等地に立つさくら野百貨店仙台店が先月破綻しており、空洞化の懸念が強まりそうだ。
     関係者によると、オリックスは当初、来年1月末までの営業を認める予定だった。しかし、仙台市が今年1月に公表した大規模建築物の耐震診断で、GSビルは震度6強~7程度で倒壊または崩壊する危険性があると診断された。オリックスは安全面などを考慮し7月末までの退去を求めた。
     GSビルは地上一部8階、地下2階で、敷地面積は約1030平方メートル。1957年に建設された日乃出興業ビルが前身で、2003年にパチンコ店経営の大成商事(山形市)が買収。08年、建物と土地がオリックス不動産に売却された。現在はドラッグストアや飲食店などが入る。
     退去を求められた飲食店の関係者は「予定前の退去は営業面で困る。ただ、安全面を考慮すれば、オリックス側の要望も無視できない」と話した。
     オリックスはGSビル近くの青葉区中央3丁目に、地上8階、地下1階の「仙台南町通商業ビル(仮称)」を建設中。来年1月末の開業を計画し、GSビル内の一部店舗が移る予定だ。所有する複合商業施設「EDEN(エデン)」については、隣接するGSビルとの一体開発を視野に入れてきたが、計画は進んでいない。
     オリックス本社のグループ広報部は「GSビルは耐震強度の問題があるので、テナントと交渉しているのは事実」と話した。
    IMG_1657IMG_1658



    ツルハのビルとエデンを再開発やぞ
    ロフトや七十七のビルに一体再開発を持ちかけているらしい

    引用元: 仙台駅前、さくら野に続いて青葉通の向かい側のビルも解体することが決定。仙台初の地下街ができるかも 

    【仙台駅前、さくら野に続いて青葉通の向かい側のビルも解体することが決定。仙台初の地下街ができるかも】の続きを読む

    このページのトップヘ