1: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:05:45.21 ID:X2DV6x9id
 楽天の石井新監督が、捕手陣強化を来季のテーマに掲げた。「今季は捕手が固まらずディフェンス力が落ちた」とした上で「捕手をコロコロ代えて戦うチームに強いチームはない。しっかり扇の要をつくりながら、プラスで他の捕手も併用したい」とした。

 筆頭候補は太田で、2年目の今季は9月末に故障で離脱も、盗塁阻止率・333はリーグトップ。指揮官は「基本線は太田だけど下妻や田中貴、石原も経験を積んでいる。競争させたい」とチーム力の底上げを図る。

引用元: 楽天・石井新監督 来季のテーマは捕手陣強化「基本線は太田だけど競争させたい」

2: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:05:56.98 ID:X2DV6x9id

3: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:06:32.63 ID:ucwou3wHd
太田怪我しなきゃ2位イケたのにな

4: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:06:44.76 ID:qZic68rd0
堀内は

7: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:07:04.91 ID:X2DV6x9id
>>4
打撃がね

5: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:06:46.32 ID:X2DV6x9id
楽天・石井監督 V達成カギは正捕手確立「扇の要」 筆頭候補は太田【NPB】

 楽天・石井一久監督(47)が27日、来季の悲願のV達成へ、正捕手の確立が鍵となる考えを示した。今季は2年目・太田が左肩を痛めて終盤に離脱するなど正捕手を確立できず。来季は太田を筆頭に司令塔出現を求めた。

 今季は期待された太田が67試合出場にとどまり、下妻が43試合、足立が42試合、石原が18試合と捕手を固定できず。石井監督は「そこが決まらずディフェンス力が落ちたという認識」と振り返った。
 その上で「捕手をころころ変えて戦うチームに、基本的に強いチームはない。しっかりと扇の要という軸は作りながら」と正捕手確立が常勝チームになるための、1つのポイントになると説いた。

 その筆頭候補は太田だ。「盗塁の阻止率は高いし、捕手としてのマインドを持っている」と評した石井監督。それでも下妻、石原、巨人から移籍の田中貴がいる捕手陣で「必ず競争させたい」と高いレベルでの競い合いの中から、不動の司令塔誕生を求めた。

6: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:06:56.21 ID:X2DV6x9id

8: 風吹けば狗鷲 2020/12/28(月) 12:07:32.24 ID:z0XpDD3g0
堀内って奴おらんかったか